イボカップ法とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/12/07

イボカップ法とは

イボカップ法とは、通常のレジン(樹脂)を使用した義歯とは異なり、高密度に充填された樹脂であるイボカップを使用した義歯です。レジンを使用した義歯に比べ、義歯に含まれる気泡が少ないため非常に丈夫で割れにくく、匂いが付きにくいという特徴があります。また、表面が滑らかでプラークなどの汚れが付きにくいのも利点の一つです。
さらにイボカップ方式の義歯は従来型で作製される義歯比べ寸法変化が少なく、より患者さんのお口にフィットした自然な状態の歯並びを作り出すことが可能となります。

メリット

・気泡が少なく樹脂が高密度
・衝撃に強い
・歯垢や匂いが付きにくく、手入れが簡単
・高いフィット感と自然な歯並びを実現できる

デメリット/副作用

・入れ歯洗浄剤を使うと変色する可能性がある
・保険適用外である

治療期間

実施する歯科医院により期間は変わりますが、大体1~2か月程度の期間を要します。

費用相場

保険適用外のため自費診療となります。歯科医院により料金設定にばらつきがありますが、片顎で約12万円からとなります。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。