インダイレクトボンディングとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/17

インダイレクトボンディングとは

インダイレクトボンディングとは、矯正治療においてブラケットの装着方法の一つです。このインダイレクトボンディングでは、模型上でブラケットの位置を決め、その状態を口の中で再現できるようコアを作製し、その後実際の患者の口の中に再現して装着する方法です。
患者さんのお口の中で直接位置を決めるダイレクトボンディングに比べ、時間をかけてブラケットの位置を決めることができるため、正確なブラケットポジショニングができます。そのため、余分なブラケット一の調整が必要なく、治療時間の短縮が可能です。また、装着時に口を開けている時間を短くでき、患者の負担の軽減も期待できます。

メリット

・治療時間を短縮できる
・正確なブラケットポジショニングができる
・ブラケットの調整などのロスがなく、治療時間を短くできる

デメリット/副作用

・ダイレクトボンディングに比べて費用が高い
・石膏模型でポジショニングするためにガイド(コア)が必要となり、ガイド製作に1ヶ月必要

治療期間

ガイドとなるマウスピースの製作に1ヶ月程度かかります。
個人差はありますが、一般的な矯正と同じく1~3年程度とされています。

費用相場

部分矯正で10~30万円程度、全体矯正で60~100万円程度となっています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。