セファロX線規格撮影装置とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

セファロX線規格撮影装置とは

セファロX線規格撮影装置とは、矯正治療や補綴治療、かみ合わせ治療などを行う前に行う精密検査で用いられる装置です。顔面・頭部のレントゲン撮影が可能です。耳の穴にイヤーロッドと呼ばれる突起を入れて位置を固定するのが特徴で、これにより頭部をいつでも同じ規格で撮影することができます。矯正治療前・かみ合わせ治療の診断に役立てたり、治療中や治療後の変化を比較したりするために用いられます。また、子どもの矯正治療では成長の過程を確認するためにも用いられます。

メリット

・いつでも同規格で撮影できる
・矯正治療の治療計画を立てるのに役立つ
・骨の成長量や成長方向が分かる

デメリット/副作用

・機器としてのデメリットは特になし

治療期間

矯正治療などの治療は、最初に必ず精密検査が行われ、様々な検査を1時間程度で行う場合が多いです。セファロX線規格撮影装置でのレントゲン撮影もその時間内で行われます。

費用相場

セファロX線規格撮影装置は基本的に矯正治療に対応している歯科クリニックであればほぼすべてで導入されている機器です。矯正治療前に行う、精密検査費にレントゲン撮影の費用も含まれています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。