自家骨移植術とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

自家骨移植術とは

自家骨移植術とは、インプラント埋入ができない場合に行われる治療で、骨が足りないためにインプラント埋入ができない患者に、人工の骨ではなく患者本人の骨を移植することによってインプラント埋入ができるようにする治療法です。
移植に使われる骨は下顎骨から使われることが多いですが、この部位からは十分な量の骨を採取できない場合があり、移植骨に適しているといわれる腰の部分から骨を採取し移植に使うこともります。

メリット

・自分の骨だけを使用するため安定しやすい
・骨の厚みが少なくインプラント埋入が難しい場合、この治療を行うことでインプラント埋入が可能となる

デメリット/副作用

・術後は採取した部分に腫れや内出血といった症状が現れやすい
・予想通りの骨の量が獲得出来ないこともある

治療期間

骨が安定するのに約4~6ヶ月程度の期間が必要です。

費用相場

方法によって異なりますが、3~30万円程度となっています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。