アンカープレート矯正とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

アンカープレート矯正とは

アンカープレート矯正とは、矯正用のチタンミニプレートを骨に埋入して歯を動かす固定源として使用する方法です。ブラケット矯正治療と併せて行われることが多く、従来の方法では難しかった歯の移動が可能になるケースもあります。
歯を大きく動かすことができるため、アンカープレートを使用することで抜歯や手術を回避できる可能性があります。

メリット

・歯を大きく動かせる
・従来では難しかった矯正が可能になる
・チタン製で金属アレルギーの方にもやさしい

デメリット/副作用

・口腔外科でプレートを埋め込む必要がある
・治療が完了したら除去する必要がある
・追加費用がかかる

治療期間

アンカープレートの埋め込みは、約1時間程度の手術で完了します。麻酔を使用するため痛みもほぼ感じません。術後は感染症に注意が必要です。

費用相場

アンカープレートの埋め込みは、ブラケット矯正の費用とは別に追加費用がかかる場合がほとんどです。相場としては1枚につき1~3万円程度とされています。

注意点

治療期間や費用は、治療方法などによって大きく異なる場合があります。