1. Medical DOCTOP
  2. 放置すると怖い?!ひどい虫歯になったときの治療内容

放置すると怖い?!ひどい虫歯になったときの治療内容

大人でも、歯医者が苦手だという方は少なくありません。しかし、虫歯になっても億劫で歯医者に行かずに放置してしまうと、虫歯はどんどんひどい状態になってしまいます。

虫歯は、虫歯菌が原因で歯が溶けてしまうという病気です。初期の段階では治す方法もあるようですが、ひどい状態まで進行してしまった虫歯は、自分の力で治すことは、ほぼ不可能といえます。

虫歯がひどい状態になってしまった方は、歯医者に行くことが怖くなっているかもしれません。歯医者への恐怖心を少しでもなくすため、ひどい虫歯の治療法ついて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
暮田 學 歯科医師 クレタ歯科医院 院長


 

 ひどい虫歯になってしまう原因



 

放置すると虫歯が進行してしまう理由

まず知っておきたいのは、虫歯がどんどん進行してしまう理由です。虫歯の原因になる虫歯菌。虫歯になってしまう人は、この虫歯菌が虫歯がない人よりも多く存在しています。

虫歯ができてしまったということは、口腔内にこの虫歯菌が大好きな条件が整っているということです。そのため、虫歯菌が繁殖し、虫歯は進行してしまうことになるのです。


 

歯並びや普段の生活が原因のことも

歯並びや、毎日何気なく行なっている生活習慣が虫歯をひどくする原因になることもあります。

歯ブラシで日頃からブラッシングをしていても、歯並びによっては、重なり合った歯の間や隙間などに歯垢が残りやすくなります。歯垢は虫歯菌の餌になりますので、虫歯菌が繁殖しやすい環境を与えてしまっていることになります。

また、歯磨きをしないで寝てしまう、糖質の多い食事をよくとる、といった生活習慣もよくないと言われています。

唾液が少ないことも虫歯菌の繁殖の原因になります。口呼吸をしている方は、口の中が乾燥してしまうため、虫歯になりやすい傾向にあります。


 

 ひどい虫歯の治療法

虫歯を放置し、ひどい状態にまで進行してしまった場合、歯科医院ではどういった治療をするのでしょう。ひどい虫歯であっても、保険内で治療を行うことは可能です。


 

根管治療

ひどい虫歯は、歯の根の部分にまで虫歯の感染が広がっていることがあります。その場合は、この根の部分を治療する根管治療を行います。この根管治療をすることで、抜歯することなく、歯を残しておくことができます。

根管治療を行なった後は、被せ物をすることになります。根に広がった菌をすべて除去してきれいにしなければ、被せ物をすることができません。そのため、治療をはじめたら最後まできちんと歯科医院に通院する必要があります。


 

ブリッジ

近年では歯をできるだけ残す、といった考え方で治療を行う歯科医院が増えてきました。しかし、歯茎から見えている部分がほとんどないような進行した虫歯の場合は抜歯しか方法が選べないことがあります。

抜歯した後、両隣の健康な歯に橋のように渡らせた被せ物をするのがブリッジです。ブリッジを行う場合、両隣の健康な歯も削る必要があります。

健康な歯を使用して被せ物をするブリッジは、入れ歯などとは違い、自分の歯で噛みしめている感覚を感じることができます。そのため、治療後も違和感なく過ごすことができます。


 

入れ歯

ブリッジができない部分の治療は、入れ歯を使用することになります。残っている歯がある場合は「部分入れ歯」、1本もないようでしたら「総入れ歯」になります。

入れ歯は、自分の歯ではないため、どうしても異物感があったり、食べ物を噛みしめるときに違和感を覚えたりすることがあります。

また、定期的に取り外す必要があり、お手入れも必要です。


 

 ひどい虫歯が原因となる症状

虫歯を放置すると、どのような症状があらわれるのでしょうか。どんどんひどくなってくると、体にまで影響がでることがあります。


 

激しい痛み

軽度の虫歯の場合は、食事のときに歯がしみたり、ときには痛みを感じたりすることがあります。虫歯が歯の神経のある歯髄にまで進行してしまうと、ズキズキとした激しい痛みを感じるようになります。

さらに進行すると、歯茎がはれてくることもありますし、膿が溜まってくることもあります。


 

副鼻腔炎

奥歯の虫歯がひどくなることで、副鼻腔炎になってしまうこともあるようです。上顎の奥歯にできた虫歯を放置したことで、その根から細菌が副鼻腔に広がってしまうのです。

さらに副鼻腔炎が原因で頭痛を引き起こすこともあります。


 

強烈な口臭

虫歯でできた穴の中に入り込んだ歯垢が原因で口臭が起こることがあります。さらに虫歯が進行し、神経が腐る段階にまでなってしまうと、とても強烈な臭いを発するようになります。

まだ初期段階の虫歯では、それほどの口臭ではありませんが、神経が死ぬまで進行してしまうと臭いもきつくなります。神経が死んでいるため、痛みがなく、自分では気づきにくいかもしれません。


 

細菌が全身に広がる恐れも

ひどい虫歯を放置したままにしておくと、細菌が血液に入り込み、全身に広がってしまう、といった恐れもあります。最悪の場合、脳や心臓にまで達してしまい、実際に死に至ってしまった方もいるようです。

虫歯が原因で、何らかの疾患を発症してしまい、手術や入院が必要になる可能性があることは知っておきましょう。


 

 歯医者への恐怖をなくすための心構え

虫歯がひどくなるまで放置してしまった方の多くは、歯科医院へ行くことに抵抗がある方ではないでしょうか。

歯科医院は決して怖いところではありません。苦手意識を克服し、しっかりとした治療を早めに受けましょう。


 

虫歯がひどくても恥ずかしがる必要はありません!

虫歯の数が多かったり、虫歯があまりにもひどかったりする方は、歯医者さんに自分の口の中を見せることが、恥ずかしいと感じてしまうかもしれません。

しかし、歯科医は毎日、たくさんの人の虫歯を見ています。ひどい状態の虫歯も見慣れているプロなのです。恥ずかしがる必要は全くありません。

逆に虫歯がひどければひどいほど、「しっかりと治療してあげよう」と意欲的になる歯科医もいます。


 

痛みが怖い方は痛みに配慮してくれる歯科医院へ

痛がる患者さんを無理に押さえつけて虫歯を削るような歯科医は、存在しません。しかし、歯医者嫌いな方の中には、痛みに対して過度な恐怖を持っている方も多いでしょう。

最近は、痛みに対する配慮がしっかりとした歯科医院が多くあります。治療する前にどれぐらいの痛みがある治療なのかをきちんと説明するなど、カウンセリングに力をいれている歯科医院や、痛みが苦手な患者さんのために、歯を削らず痛みのない治療を行う歯科医院もあります。

痛みが恐怖となっている方は、そういった歯科医院を探して通ってみるのも良いかもしれません。


 

 勇気を出して早めに歯科医院へ相談

ご紹介したように、ひどい状態になるまで虫歯を放置してしまった場合、その虫歯は自然に治ることはありません。状態はますます進行し、いつの日か歯を失うことになってしまうかもしれません。さらに虫歯が原因で体にまで不調があらわれたりすることもあるのです。

ひどい虫歯を放置しておいても、何も良いことはありません。できるだけ早めに歯科医院に行って治療を開始しましょう。すぐにでも治療を開始することで、自分の歯を守れる可能性も高くなりますし、治療にかかる時間もそれだけ短くなります。

「歯医者さんが苦手」という方でも通いやすい雰囲気を大切にした、やさしい歯科医院も増えてきています。自分と相性の良い歯科医院を探して、きれいな歯で過ごせる毎日を迎えてくださいね。

暮田 學 歯科医師 クレタ歯科医院 院長監修ドクターのコメント
虫歯に関しては記事にあるように、ほっといて治るものではありません。
痛みが出てから治療するというよりも、痛みが出る前に予防的にメンテナンスに通って早めに対処していただいたほうが、時間的にも金額的にも、患者様のご負担を軽減できると思います。
勿論、定期的にメンテナンスに通うことが虫歯予防としては大変有効な手段ではありますが、虫歯も生活習慣病と捉えた時、間食が多い方、生活が不規則な方は特に、クリニックに通っている時間だけでなく、ご自身でもしっかり意識高くセルフケアをしていかないと虫歯を予防することは難しいと思われます。プロの技術とご自身の日頃のケア、この両方を行なうことが生涯健康にお口の中を維持していく近道です。
 
監修ドクター:暮田 學 歯科医師 クレタ歯科医院 院長



 

 虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編


 

クレタ歯科医院

出典:http://www.kuretashika.com/

電話番号 03-3496-3330
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-17-1 えびす第一ビル3F
アクセス JR各線 恵比寿駅 西口 徒歩4分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 4番出口 徒歩3分
診療時間 【平日】9:30〜13:00/14:30〜18:30
【土曜】9:30〜13:00/14:30〜17:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.kuretashika.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.