1. Medical DOCTOP
  2. 歯ブラシ以外の口腔清掃器具って何があるの!?

歯ブラシ以外の口腔清掃器具って何があるの!?

こんにちは。メープルデンタルクリニック大久保の剣持正浩(日本歯周病学会認定医)と申します。
歯周病の患者様の治療における一番重要なことはプラークコントロールなので、ブラッシング指導の際に、磨き残しをご指摘させて頂くことがあります。
もちろん人によって磨き残しの程度はさまざまですし、「十分磨いているけどな〜」と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、一般的に歯と歯の間や、歯の内側の面、一番奥に生えてる歯の奥側の面、歯周病などにより歯ぐきが下がったことで露出してしまった歯根の表面、歯と歯ぐきの境目などには磨き残しが多く見受けられます。
そういった磨き残しをご指摘させて頂くと、「どうやったら、うまく磨けるのでしょうか?」、「歯ブラシだけでは無理ですか?」「もっと簡単に、かつ効率的にできる器具がありますか?」といったご質問を数多く受けます。
そこで、今回は歯ブラシだけでは十分にとれない磨き残しを重点的に清掃することや、簡単に清掃効果を高めることが可能な補助清掃器具についてお話しさせていただきます。


 

 磨き残しが多く、歯ブラシだけでは清掃するのが難しい場所は?

・歯と歯の間(歯間部)
・歯並びの悪いところ(歯列不正)
・歯と歯ぐきの境目
・一番奥に生えてる歯の奥側の面
・矯正器具がついている歯の周り
・補綴治療(ブリッジインプラント)をした歯の周り
特に歯周病などにより歯ぐきが下がり、歯と歯ぐきの境目の高さが違うところや、歯根が露出しているところなどは、磨きづらいので要注意です。

 

 磨き残しをそのままにすると・・・?

磨き残しがあり、プラークが歯の表面に残ったままだと、虫歯や歯周病の原因になりますから、徹底したブラシングが必要です。歯ブラシでかなり頑張って磨いても、磨き残してしまうところはあるものです。
大事なことは、自分の口の中で磨き残しが多い場所を把握することと、そういった歯ブラシだけでは磨くことが難しい場所において、適切な清掃補助器具を正しく使用することです。そのためにも、歯周病専門医や認定医がいる歯科医院を受診することをおすすめします。
では、清掃補助器具にはどういったものがあるかをみていきましょう。

 

 清掃部位と清掃補助器具の選択


 

歯間部

・タフトブラシ
・デンタルフロス・デンタルテープ(フロスより幅が広い)
・ガーゼテープ
・歯間ブラシ
・歯間刺激子

 

歯並びの悪いところ

・タフトブラシ

 

歯と歯ぐきの境目

・タフトブラシ

 

1列・2列の歯ブラシ

1番奥にある歯の奥の面や、周りに歯がなくなって孤立している歯や、被せ物と歯の境いなど
・タフトブラシ
・デンタルフロス・デンタルテープ
・歯間ブラシ

 

矯正装置の周囲

・タフトブラシ

 

・舌ブラシ
・舌へら

 

入れ歯(義歯)

・義歯用ブラシ
・クラスプブラシ

 

介護用清掃器具

・粘膜清掃用具:スポンジブラシなど
・舌清掃用具:舌ブラシ・舌へら
・吸引機能付き歯ブラシ
※オーラルヘルスケア辞典—お口の健康を守るために− 学建書院より一部抜粋
清掃補助器具だけでもこんなに種類があります。この中から自分にあったものを見つけるのも大変ですから、歯科医師や歯科衛生士に相談してみましょう。
では、この中でも使用頻度が高いデンタルフロス・歯間ブラシ・タフトブラシについてご説明していきたいと思います。

 

 デンタルフロス

デンタルフロスは、歯間(歯と歯の間)や歯肉溝内(歯と歯ぐきの間の溝)のプラークの除去、歯と歯の間の虫歯や歯石の有無の診査、歯と歯の接触圧の診査にも用いられます。
一般的にはナイロン糸でできており、ワックスタイプとアンワックスタイプのものがありますが、プラークの除去効果に違いはありません。
使用方法は、30~40㎝の長さにフロスを切って、両手の中指にフロスを数回巻いて固定し、人差し指と親指で糸を掴みます。また、両指で掴んだ糸の長さは、3~5㎝ぐらいにします。それから、一方の手を口の中に入れ、フロスを歯の接触しているところまで通してから、ノコギリを引くようにゆっくり挿入していきます。
あまり、強くフロスを押し込むと、歯ぐきが傷ついてしまいますので、注意が必要です。

 

 歯間ブラシ

歯と歯が接触しているところから、歯ぐきまでの隙間に挿入して、歯間部(歯と歯の間)のプラークを除去する清掃器具です。デンタルフロスよりも、歯周病などにより歯ぐきがさがってしまい、歯と歯の間が広くなってしまっている場所に適しています。一般的にブラシ部分は円錐型で、大きさは数種類ありますから、ご自身の歯間部の大きさに合わせたものを使用しましょう。サイズの合ったものを使用しないと、あまり清掃効果が得られなかったり、歯ぐきを傷つける原因になります。

 

 タフトブラシ

タフトブラシは、1つの毛束でできたブラシ、または小さないくつかの毛束が集合した状態のブラシのことをいいます。一番奥にある歯の奥の面や、矯正装置や被せ物の周り、歯並びの悪いところなど歯ブラシでは磨きづらい場所、全般に使用できます。他の補助器具と同様、過度な力は歯ぐきを傷つける恐れがあるので要注意です。

 

 まとめ

虫歯や歯周病の予防や治療においても、プラークコントロールは非常に重要です。しかし、自分としては磨けているつもりでも、なかなか歯ブラシだけでは全てのプラークを除去することは難しいです。
そういった磨き残しをなくすには、デンタルフロスなどの清掃補助器具は欠かせません。もちろん、人それぞれ、お口の中の状況は違いますから、適切な器具の使用が重要になります。
ブラッシングは、1度しっかり覚えてしまえばお金がかかりませんし、虫歯・歯周病予防に一番効果的です。そのためにも、歯周病専門医や認定医がいる歯科医院を受診し、自分のお口にあったブラッシング方法や、補助清掃器具などの指導を受けましょう。

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.