1. Medical DOCTOP
  2. プラークコントロールについて

プラークコントロールについて

こんにちは。埼玉県草加市谷塚にある“谷塚藤波歯科医院”院長で,日本歯周病学会認定専門医の藤波弘州と申します。
歯周病の検査を受けた際に“歯の表面にプラークが付着しています”と指摘を受けられた方もいらっしゃるのではないかと思います。
口腔衛生状態を評価するため,プラークコントロールレコード(歯の表面にどれだけプラークが付いているか)を記録します。もちろん歯をしっかり磨けていれば問題ありませんが,プラークが付着しているようであれば,歯ブラシを含めた口腔清掃指導をしっかり行って行きます。ではどのような器具を使用して,お口の中を清潔に保つのでしょうか?
今回は口腔清掃の必要性や,口腔清掃器具について説明していきたいと思います。


 

 プラークとは?

お口の中にはおよそ300〜500種類の細菌が住んでいます。ブラッシングを含めた口腔衛生管理をしっかりしないと、歯の表面に細菌がくっついていきます。これがプラークと呼ばれるものです。粘着性が強く、うがいをした程度では全く落ちません。このプラーク1mgの中に10億個の細菌が住み着いていると言われおり、虫歯や歯周病を引き起こしていきます。
 
歯周病は、この細菌性プラークの中の細菌が作る酵素や代謝産物の影響によって、歯茎に炎症を引き起こしていきます。炎症が続くと歯と歯肉の付着が壊されていき、歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)が深くなります。そして歯周ポケットと呼ばれる3mm以上の深い溝が作られてしまいます。歯周ポケットが形成されてしまうと、歯周ポケット内にまた細菌が増殖していき、歯肉縁下プラークを形成します。その結果、歯を支えている骨を溶かしていきます。
したがって,このプラークを除去するブラッシングを含めた口腔衛生管理が,歯周病治療,予防において非常に重要となります。
 
 

 

 プラークコントロールとは?

歯周病の原因となるプラークを除去し,口の中を清潔に保つにはセルフケア(患者さん自身によるお口の中の管理)とプロフェッショナルケア(歯科医院で行うお口の管理)に大別されます。
このセルフケアは,歯ブラシ(歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間清掃用具を含む)が基本となる機械的プラークコントロールと,歯ブラシ以外にも含嗽剤(うがい薬)や歯磨剤を使用する化学的プラークコントロールに分けられます。セルフケアには,細菌性プラークが増えていくのを手助けするような軟らかい食べ物を減らす,自浄作用の高い繊維性食物を摂る,といった生活習慣の改善も含まれてきます。
毎日行うセルフケアをしっかり行うことが歯周病治療では非常に大切で,これが出来ていないと歯科医院でどんな良い治療を行っても,治療効果が十分に得られません。
 

 

 口腔清掃器具

歯ブラシ②デンタルフロス③歯間ブラシ④小ブラシといったものが挙げられます。
 

 

歯ブラシ

現在色々な大きさ,形,毛先の硬さの歯ブラシが販売されています。この中で全員の方にこれが良い,と言える歯ブラシはありません。なぜなら,一人一人歯の大きさも違えば,歯肉の形も違います。その中で選んで個人的なポイントとしては,歯の凹凸に合わせて当てられるよう軟らかめのもの,そしてブラシの大きさは少し小さめのものを選択した方が,歯と歯の間の細かな部位も磨けると思います。
 

 ブラッシング法

ブラシの毛先が歯に当たっていなければ,プラークは除去できません。気をつけて磨いてほしい場所は1. 歯と歯の間,2.歯と歯肉の境目,3.歯ブラシの頭が届きにくい場所(奥歯)になります。
ポイントは,毛先を磨くポイントに確実に当てること,小さく横に動かす,力を入れて磨かない(200g程度の圧力),細かく動かす,1ヶ所につき10~20回磨く といった点になります。プラークは粘着性が高いため,2~3回歯ブラシを動かした程度では落としきれません。一日に最低一度は時間をかけて(5~10分程度)ゆっくり磨いて下さい。
 
磨き方としては,比較的容易に習得が可能で,またブラッシングによる歯茎が下がることが少ない“スクラビング法”,また毛先の当て方が少し難しくなりますが,歯と歯茎の境目をプラーク除去効果が高い“バス法”,が挙げられます。
スクラビング法は,ほっぺた側では歯の表面とヘッドの角度は90°,ベロ側では45°に保ちます。歯ブラシを軽く歯に押し当て,小さいストロークで横に動かします。前歯の裏側は,ヘッドを縦にして用います。
バス法は,歯ブラシの毛先と歯と歯肉の境目に45°の角度に当てて,軽く小刻みに動かします。
 

 

デンタルフロス・歯間ブラシ

通常の歯ブラシを使用したブラッシングですと,歯と歯の間のプラークが残りやすくなります。その歯と歯の間のプラーク除去に非常に効果的な器具です。
歯と歯の間の歯茎がまだしっかりとある方は,デンタルフロスを使用する清掃になります。歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合はフロスだけでプラークを除去することが難しくなります。その際に歯間ブラシを使用すると,効果的にプラークを除去することが可能です。ただこの歯間ブラシのサイズは歯と歯の間の空間の大きさによってサイズを変える必要があるため,歯科医院で衛生士もしくは歯科医師の指示を受けるようにして下さい。
 

 

小ブラシ

タフトブラシがよく使用されます。これは,歯並びが悪い,一番奥の歯の奥の面など,通常の歯ブラシの大きさでは歯にしっかりと当てられない際に用います。
 

 

電動歯ブラシ

電動歯ブラシには,電動歯ブラシ,音波歯ブラシ,超音波歯ブラシがあります。これは手用歯ブラシと比較すると,ブラッシング時間を短縮できる,手の疲労が軽減できる,歯ブラシを当てる部分に集中ができる,といったメリットがあります。ただし,適切に歯ブラシを歯の表面に当てければプラークの除去効果が期待できません。まず手用歯ブラシでしっかりと歯の表面に歯ブラシを当てられるように練習しましょう。
 
 

 

 まとめ

歯周病の原因の多くは細菌性プラークになります。このプラークを除去することを目的にしたものが歯ブラシ,となります。一人一人歯肉の形,厚み,歯の大きさ,歯の生えている角度などは異なります、一人一人にあった歯ブラシの選択,当て方,歯間ブラシのサイズ等を知るには衛生士,歯科医師からのアドバイスが不可欠です。是非歯周病専門医が在籍する歯科医院を受診され,みなさんにあったセルフケアを行えるようになって頂きたいと思います。

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.