1. Medical DOCTOP
  2. 逆まつ毛(さかまつげ:眼瞼内反、睫毛内反、睫毛乱生)の原因・症状・治療方法

逆まつ毛(さかまつげ:眼瞼内反、睫毛内反、睫毛乱生)の原因・症状・治療方法

逆まつ毛(読み方:さかまつげ、別名:眼瞼内反・睫毛内反・睫毛乱生)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
水谷 泰之 医師(みずのや眼科 院長)

さかまつげとは

「逆まつげ」は、眼科的には「眼瞼内反症」と「睫毛(しょうもう)乱生症」に分けられます。
どちらも様々な原因によってまつげが眼球に向かって生えている状態のことをいいますが、「眼瞼内反症」はまつげ全体が眼球に向かっている状態で、「睫毛乱生症」は正常なまつげの中で眼球に向かって生えているまつげが何本かある状態をいいます。

引用:京都府立医大病院眼科
http://www.ganka.gr.jp/faq_03.htm

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長監修ドクターのコメント
さかまつげにはいろいろな種類のものがあります。さかまつげとは、目にまつげが入ってあたってしまっている状態を指すのですが、まぶた自体が下がってしまっていて当たっている場合と、まぶた・まつげ共に正常なのですが、一部のまつげが内側に向いて生えている場合など、症状はいろいろです。大人のさかまつげと子供のさかまつげにも違いがあるのですが、まず小さい子どもはさかまつげの子が多いのです。基本的にまぶたごと内側に入ってまつげが当たってしまう眼瞼内反症という病気の場合が多いですが、一般的にその病気でもさかまつげと呼ばれています。そしてお年寄りの方も筋肉の低下や皮膚のたるみなどによって、さかまつげが起こりやすいです。ひどいときには、目にまつげがあたることにより傷ができて、その傷にちりなどが入ったりして感染症を引き起こす場合もあるので、注意しなければいけません。

さかまつげの症状

「眼瞼内反症」は症状としては機械的刺激による違和感の他に、涙がたくさん出たり、目やにが出やすくなったり、充血したり、ひどい場合には角膜に潰瘍が出来て角膜が濁り、視力が悪くなることもあります。
これに対し、「睫毛乱生症」は症状は軽く、視力障害となることはほとんど有りません。

引用:京都府立医大病院眼科
http://www.ganka.gr.jp/faq_03.htm

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長ドクターの解説
さかまつげの症状は眼球に痛みを感じたり、まつげが目にあたることによって涙が出たり、感染症を起こし、めやに・充血などの症状があげられます。大人の場合だと、まつげがあたることによる痛みや、なんだか目がゴロゴロするといった違和感を感じるという場合もあります。小さい子どもは、まつげが柔らかいので自分がさかまつげという自覚がない場合が多いです。なので、学校検診の時に診てもらって発覚する場合や、たまたま受診した小児科で先生が気づく場合なども多いようです。さかまつげによってできた傷が原因で感染症を引き起こすこともあります。場合によってはひどい場合で角膜潰瘍などの大きな病気を引き起こす可能性もあり、悪い病気などにかかったりする可能性もありますので、感染しないようにすることが大切です。

さかまつげの原因

逆まつげには、大きく分けると、まつげが眼球に向かって生えてしまうタイプと、まぶたの縁が眼球側へ向かってしまうタイプがあります。まつげが眼球側に向かって生えてしまうタイプのものは「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と呼ばれます。これは、まつげの毛根の周辺で起きた炎症による傷跡などのために、まつげの生える方向が不規則になってしまうものです。一方、まぶたの縁が眼球側へ向いてしまうタイプのものは「眼瞼内反(がんけんないはん)」と呼ばれます。これは、皮下脂肪でまぶた(眼瞼)が膨らんでいる乳幼児でみられる先天性のものと、老化でまぶたの皮膚がたるんでしまった老人性のものに大きく分けられます。

引用:千寿製薬株式会社
http://www.senju.co.jp/consumer/note/disease_sakasa.html

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長監修ドクターのコメント
お年寄りがさかまつげになる原因は筋肉量の低下や、皮膚のたるみなどによるものが多いです。その場合、まぶたごと内に入ってさかまつげになっている場合がほとんどです。小さい子どもの場合は先天的なものがほとんどです。

さかまつげの治療方法

生まれつきの睫毛乱生の軽いものは、成長につれて自然に治る場合が多いため、3歳頃までは様子を見ます。眼瞼内反も乳幼児に多いですが、これも成長につれて自然に治ることも多いため、通常、学童期までは外科的な治療は行いません。成長するにつれても治らないものや老人性のものについては、手術を行う場合があります。

引用:千寿製薬株式会社
http://www.senju.co.jp/consumer/note/disease_sakasa.html

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長監修ドクターのコメント
ほとんどのまつげが正常に生えているのに、部分的に内向いて生えているという場合のさかまつげは、目にあたると痛いのでその部分のまつげを抜くということが治療法になります。ただし1ヵ月程度でまたまつげが生えてきてしまうので定期的(1~2か月に1回程度)に抜くことが必要になります。このような症状はお年寄りに多く、若い人にはあまりみられません。一部のまつげが内側に入ってしまうのではなく、まぶたごと内側に入ってしまってすべてのまつげが目の中に入ってしまう場合は手術しか方法がありません。
さかまつげの治療方法はまつげを抜く、もしくは手術しか方法がなく、眼球にまつげがあたっている状態を物理的に解消するということしかできません。
小さい子ども(赤ちゃん)のさかまつげは自然にまつげが外に向く可能性があり、治る場合が多いです。ある程度大人になっても治らない場合は手術を考えます。だいたい手術を行う年齢は10歳を超えてからで、手術を行うかどうかは目に痛みを感じたり、眼球に傷がどれぐらい入っているか、あとは視力の発達に関係する場所ではないかなどを考慮して手術を行うか行わないかを判断します。傷が入っている場所や視力がちゃんと出ているかなど状況によって変わりますが、黒目の真ん中に傷が入って視力の発達が阻害されそうな子は手術を早く行います。


この記事の監修ドクター

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長水谷 泰之 医師
みずのや眼科院長

PROFILE

外科医である父の背中を見て育った私は、器用な手先を活かし顕微鏡手術のスペシャリストを目指したいという思いから、眼科医の道を選びました。大学病院や総合病院で実績を積み上げた後、長年在籍した大阪医科大学眼科学教室、最後の勤務先となった高槻病院の近くで開業させて頂きました。
『町の眼医者』として患者様に向き合う上では、「患者様が本当に望んでいることは何か」を正確に把握することが最も大切だと私は感じています。症状やデータだけではなく患者様の思いや希望をしっかりと受け止めた上で、一緒に治療計画を立てるように心がけています。
また当院は近隣の大学病院や総合病院と協力・連携しながら、安全で質の高い眼科医療を提供しています。小さいながらも、設備や治療機器は最新のものを取りそろえています。患者様に心から納得の行く治療を受けて頂ける眼科医院であり続けるため、これからも院長をはじめスタッフ一同切磋琢磨して参ります。