1. Medical DOCTOP
  2. インプラント治療において重要なのは歯医者選び

インプラント治療において重要なのは歯医者選び

歯を失ったとき、自然な噛み心地を回復させたいと願うもの。インプラントは、さまざまな選択肢の中でもよりよい結果を期待できる治療方法です。
しかし、そのためには、よりよい歯医者選びが重要。知識や技術が不足している、コミュニケーションを取りづらい歯医者のもとで治療を受けたがために、何らかのトラブルを抱え込まないとも限りません。
ここでは、インプラント治療に際しての歯医者選びの重要性やその方法について、Medical DOC編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
土屋 新太郎 歯科医師 医療法人エスティーアドバンス大和駅前ファミリー歯科 理事長


 

 インプラント治療に際して歯医者選びが重要になる理由


虫歯や歯周病で歯を抜かざるを得なかった事態に際して、より自然な噛み心地や見た目を重視する方が選択するのが、インプラント治療ではないでしょうか。
しかし、多くの治療方法と同様、インプラント治療にもデメリットがあります。治療費が高額になることに加えて、より高度な医療技術が必要となります。
それだけに、よりよい歯医者選びが重要になるのです。まずここでは、歯医者選びが重要になる理由をご説明していきます。

 

 「どの歯医者さんでも同じ」ではありません

日本全国で今、7万軒の歯科医院があると言われています。それらの中から、どの歯医者に自分の口腔内の健康を託すのかを、皆さんご自身の責任で選ばねばなりません。口は消化器系の入り口であり、全身の健康にもつながる大切な器官です。
歯科医療は、一人ひとりにオーダーメイドで提供される大切な医療行為。中でもインプラント治療には、高い技術と豊富な知識が求められます。大きな買い物をする際、皆さんがさまざまな情報をたどってよりよいお店を探すように、インプラント治療を受ける際も、慎重に歯医者選びを行わねばならないのです。

 

 インプラントを得意とする歯医者選びを

歯科医師の資格を取れば、インプラント治療を行えます。患者さんの選択肢を増やそうと、インプラント治療を掲げる歯医者はたくさんあります。しかし、インプラント治療を行えるということが、安心安全なインプラント治療と決してイコールではないのが現実です。
安心安全なインプラント治療を行うためには、一般歯科治療の知識や経験に加えて、インプラント治療の専門性が必要になります。海外で専門医制度が確立されているのもそのためです。せっかく埋め込んだインプラントが身体の一部として機能し続けられるように、一般歯科とは異なる技術や知識を持つ歯医者を選ばねばなりません。

 

 インプラント専門医という選択肢

日本の国内外には、さまざまな学会があります。それぞれの専門医制度があり、専門医の資格を取得するためには高いハードルを越えていかねばなりません。治療計画の立案や知識、歯医者としての考え方など、細部にわたって審査されることになります。
インプラント治療を望まれる皆さんが、よりよい歯医者選びを行おうという際に、いちばんわかりやすい基準は、「インプラント専門医であるかどうか」かもしれません。

 

 インプラント治療にとってよりよい環境

インプラント治療においては、事前の診査や診断、治療技術が非常に大切です。インプラント治療では、神経や血管などの組織がある顎骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要になります。他の組織を傷つければ、何らかのかたちで後遺症が残ることも否定できません。より安全により安心して治療を受ける環境であるかどうかを確かめることも、重要になります。

 

 インプラント治療前にさまざまな口腔内の問題を解決できるか

1本もしくは数本の歯を失い、インプラント治療を必要としている方は、お口の中に複合的な問題を抱えておられる場合がほとんどです。虫歯があったり、不適合な被せ物や詰め物が入っていたり、噛み合わせが崩れていたり――そのような問題を抱えたまま、インプラント治療だけを行っても、根本的な解決には至りません。お口の中の問題を総合的に診断し、管理できる能力をもった歯科医院、患者さんの状況を理解してくれる歯医者に任せることが重要です。

 

 安全な外科手術を受けられる環境にあるか

インプラント治療においては、歯肉を切開剥離し、顎骨の中にインプラント(人工歯根)を埋め込む外科手術が必要不可欠です。その際、顎骨を長時間不潔な状態で外界にさらさずにすむよう、外科手術に特化した空間を持つことが望ましくなります。専門の手術室を持ち、全て滅菌された器具器材を使用していること、専門の知識を有するスタッフが在籍していることなどが、判断基準の一つになります。

 

 正確な診断を下すための精密な情報を得られる環境にあるか

正しい診断と安全な治療計画の立案のためには、事前情報の多さが鍵になります。最近の歯科医院で、パノラマレントゲンの限界を超えようと、デンタルCTの導入を進めているのはそのためです。
これは、3次元データで、あらゆる角度から顎骨の厚みや神経の位置などを精密診断できるものです。現在では、このデータをもとにインプラントの埋入サイズや位置をより適切なものにプランニングし、それを正確に埋め込んでいく方法(サージカルガイドを用いる方法)が多く取り入れられています。そして埋入時のトルク管理やインプラント植立後の安定を測定すること(ISQ検査)も大切です
提携しているCTセンターや大学病院などで撮影するケースもありますが、自院にデンタルCTを導入している歯科医院の場合は、より手軽に術前、術後の精密な情報を得られるでしょう。

 

 インプラント治療後のメンテナンスシステム

インプラント治療を受ける際に気をつけなければならないのが、治療後のメンテナンスの重要性です。歯は、日々過酷な環境に置かれ、酷使されているもの。噛めば噛むほどすり減り、噛み合わせにも影響を及ぼします。インプラント治療を受けたあとも、定期的にお口の中をチェックし、バランスのよい噛み合わせを維持することが重要になります。
インプラント周辺の歯肉を健康な状態に保ち続けるためには、歯科衛生士というプロの手も借りねばなりません。自宅でのセルフケアでは管理しきれない部分を、プロの目を通して管理してもらうことで、インプラントを埋入し、治療を終えた部位を長期間維持できるのです。そのためにも、治療後のメンテナンスに通院できる歯科医院を選ぶことが大切になります。

 

 しっかり診療記録をとっているかどうか

メンテナンスと同様に重要になるのが、インプラント治療の記録を十全にとっているかどうかということ。インプラント治療を行う際は、歯肉の色や退縮の程度なども継続的に比較する必要があります。そうした記録をしっかりとり、以降の治療のために役立てようという歯医者は、意識が高く、さまざまな症例の口腔内写真やレントゲンを多数保存しているもの。
インプラント治療を安心して託せるかどうかを見極める際、どのような症例を治療してきたのか、それらをどのように保存しているのかを見れば、その歯医者の日ごろの診療姿勢や性格なども透けて見えてきます。事前の説明で、そうした観点からも、歯医者さんの姿勢を見定めていってください。

 

 インプラント治療が一般歯科と異なる点

インプラント治療を行う際に必要となる知識は、インプラントに関する高い専門性だけとは限りません。解剖や組織、微生物、生体材料学などの基礎的な知識に加えて、歯周病や口腔外科、補綴など各分野の知識や技術が必要となります。
数年前からは、歯学生のカリキュラムの中に「口腔インプラント学」が加わりました。全ての学生がインプラントについての講義を受けている中、新たな知識や技術を学ぶだけでなく、その基礎を支える分野をより深く学ぶことも求められています。ここでは、インプラント治療を行う歯医者に求められる知識レベルの広さについて見ていきましょう。

 

 歯周病

インプラント治療を始める際、歯周病であるかいなかは非常に重要です。歯周病のままインプラント治療をしても、インプラントの周りに歯周病と同じような症状を起こし、インプラントが顎骨から抜け落ちてしまう可能性があるからです。
歯周病に罹患している場合は、歯周病への適切な処置を受け、症状を改善させてから、インプラント治療を受ける必要があります。また、インプラント治療後にこうした症状を発症しないためにも、定期的なメンテナンスを受けねばなりません。

 

 口腔外科

インプラント治療に際しては、外科処置が必要不可欠です。歯茎を切り、顎骨にチタン製のインプラントを埋め込むため、感染のリスクも避けられません。その対策を練り、インプラントを支えるための顎骨を作るスキルが求められる場合もあります。

 

 補綴

インプラントを埋入したあと、そこに人工歯を装着する際には、上部構造を設計し、作製せねばなりません。そこで求められるのが、インプラントと噛み合わせについての正しい理解です。
こうした理解がなく、設計や調整を誤れば、インプラントのパーツ部分の破損、インプラントの抜け落ちといった事態につながりかねません。こうした事態を避けるためにも、補綴に関する知識が必要になるのです。

 

 インプラント治療に際しての歯医者選び―最大のポイント


これまでにさまざまなポイントを挙げ、インプラント治療に際しての歯医者選びのコツをご紹介してきました。しかし、よりよい歯医者、よりよい歯科医院を選ぶというのは難しいもの。より安全で安心な歯科医院であることに加えて、「よい歯医者」の基準は、人それぞれです。
どれほど腕がよくても、知識が豊富でも、皆さん個々人にとって相性がよい歯医者でなければ、長期的に通院することができなくなってしまうからです。相性がよいというのを別の言葉でいえば、あなたのことを第一に考え、あなたとしっかりコミュニケーションをとれる歯医者ということになるのかもしれません。
インプラント治療は、一般歯科とは異なり、最初に必ずカウンセリングを行います。その際に、歯医者さんとよく話をし、自分が納得できるかどうかをしっかり見極めることが重要です。自分の足と自分の目を頼りに歯医者選びを行っていってください。

土屋 新太郎 歯科医師 医療法人エスティーアドバンス大和駅前ファミリー歯科 理事長監修ドクターのコメント
担当の歯科医師が学会もしくはスタディーグループに所属しているかを確認してみて下さい。そのような先生はきちんと術前、術中、術後の経過を写真等で記録しています。どんなに素晴らしい医療設備や医療機器があっても使うのは先生ですので同じ条件でも結果は異なるでしょう。インプラント治療は日々進化をしていますが基本はとても大切で、常に向上心をもった歯科医師なら安心できるでしょう。そしてやはり経験を沢山していなければ歯科医師だけでなくアシスタントも成長できていません。体に長く残る人工物ですから担当医としっかりコミュニケーションがとれて信頼できる歯医者さんを見つけてください。
監修ドクター:土屋 新太郎 歯科医師 医療法人エスティーアドバンス大和駅前ファミリー歯科 理事長




 

 この記事の監修ドクター

土屋 新太郎 歯科医師 医療法人エスティーアドバンス大和駅前ファミリー歯科 理事長

出典:http://yamato-sfdc2015.com/
土屋 新太郎 歯科医師
医療法人エスティーアドバンス大和駅前ファミリー歯科 理事長


 

PROFILE

【理事長略歴】:
神奈川歯科大学 卒業
社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス海老名総合病院
歯科・歯科口腔外科研修修了
常勤として広域医療法人神奈川県、千葉県の歯科医院の副院長
非常勤として他医療法人の歯科医院歯科口腔外科担当
厚生労働省臨床研修指導歯科医資格取得後、大和駅前ファミリー歯科開院
医療法人エスティーアドバンス設立
【資格】:
厚生労働省臨床研修指導歯科医
SMILE TRU公認インストラクター(マウスピース矯正)
STUDY GROUP ING JAPAN 所属
即時荷重研究会 理事
日本口腔インプラント学会 正会員
国際口腔インプラント学会 会員
日本歯科審美学会 会員
日本歯科医師会
神奈川県歯科医師会
大和市歯科医師会
神奈川県保険医協会
CO2レーザー臨床セミナー受講
ロケーターアタッチメントを応用したインプラントオーバーデンチャーの極意 受講
Camlog Implant Education Expert Hands-on Course 4 Days CERTIFICATE 19th
Camlog Implant Education Skill up Hands -on Course 3 Days Anterior Esthetic Zone
Implant CERTIFICATE
インプラントオーバーデンチャーの疑問と課題を解決するセミナー 受講
理想のファイナルレストレーション移行に必要なガイデッドサージェリーの応用
ヨーロッパにおけるインプラントトリートメント最前線 受講
Premium Seminar in Singapole Workshop and Lecture for hard tissue and soft tissue
management around dental implants Certificate


 

 インプラントでおすすめの歯医者さん 関東編


 

 大和駅前ファミリー歯科

電話番号 046-408-8148
住所 神奈川県大和市中央4-1-9 パールハイツ1階1号
アクセス 小田急江ノ島線・相鉄線 大和駅 徒歩2分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~20:00
【水曜】9:30~13:00
【土・日・祝】9:30~13:00/14:30~18:00
※予約制
休診日 -
URL http://yamato-sfdc2015.com/