1. Medical DOCTOP
  2. 今からでも遅くない!?歯列矯正のメリットとデメリット

今からでも遅くない!?歯列矯正のメリットとデメリット

子供のときに歯列矯正をする機会がないまま大人になり、自分の歯並びや噛み合わせを気にしている人は少なくありません。歯列矯正に興味はあるけれど、歯医者に相談する機会がないまま、なんとなく時が経ってしまっている人も多いでしょう。

そのような人のために、大人になって行う歯列矯正のメリットとデメリットについて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修医師
白井 達也 (越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科 院長)


 

そもそも大人になってからの歯列矯正は可能なの?

歯列矯正というと、成長期にある子供の治療だと考える人が多いのではないでしょうか。

子供は骨の成長過程にありますから、場合によっては顎の骨を広げながら歯列矯正を行うことが可能になります。一方、大人はすでに骨格ができあがってしまっているので、顎が小さく歯を押し込むスペースがないケースがあります。

その場合は、仕上がりが不自然になる可能性が生じたり、抜歯が必要になったりすることがありました。しかし、近年はさまざまな歯列矯正の技法が開発されていて、大人になってからの歯列矯正は必ずしも困難ではありません。

実際に大人の矯正に力を入れている歯科医も多く、自分のニーズや生活パターンに合った歯列矯正が選択できるようになっています。


 

大人の歯列矯正のメリット6つ



 

自分に自信がもてる

大人になって歯列矯正に踏み切る一番の理由が見た目の問題といいます。笑うときや話をするときに口を開けて歯並びの悪さを見られるのが嫌で、人と接することをためらう人もいるようです。

歯列矯正で歯並びが良くなると、コンプレックスが解消されて、自分の笑顔に自信がもてるようになります。自分に自信がもてるということは、いろいろなことにも積極的に取り組むことができ、私生活や仕事面においてもさまざまなメリットを生むことになるでしょう。

周囲の目を気にすることなく笑えるようになり、口元を気にしなくてすむようになるので、精神的なストレスも軽減されます。


 

虫歯になるリスクが減る

歯列矯正によって歯がきれいに揃うと、歯磨きによる磨き残しが少なくなります。歯並びが悪いと、どうしても歯がずれた部分に食べ物のカスが溜まりやすくなります。歯磨きやデンタルフロスを使ってもキレイに取り除くのが難しいので、虫歯のリスクが高くなるのです。

万が一虫歯になっても、歯並びが良いと治療もスムーズに行えるというメリットがあります。


 

口臭や歯周病を予防できる

歯列矯正により歯並びが良くなり、磨き残しが少なくなるということは虫歯のリスクが減るだけでなく、口臭や歯周病の予防になります。磨き残しはプラークとなり、口腔内での細菌の繁殖につながるのです。

口腔内の細菌は口臭や歯周病の大きな原因です。歯ブラシやデンタルフロスをきちんと使えると、口臭の原因である細菌の餌を残らず取り除き、口腔内の衛生状況が好転するメリットが生まれます。


 

食べ物の消化が良くなる

歯並びが悪いと噛み合わせに問題が出ることが多々あります。噛み合わせがよくないということは、食事のときに食べ物をきちんと噛み砕けずにいる可能性があるということです。その場合、胃腸に負担がかかってしまいます。

歯列矯正により噛み合わせが改善されると、きちんと噛むことができるので、胃腸の負担も軽くなり、消化がよりスムーズになります。消化不良は便秘や下痢の原因になるだけでなく、ニキビや吹き出物の原因にもなるので、美容面でもメリットが期待できます。


 

アンチエイジングの効果に期待できる

噛み合わせが悪いと、左右の筋肉バランスが崩れてしまい、顔に歪みが出てくることもあります。歯列矯正をすることで、左右の筋肉バランスも整います。顔面の表情筋が活性化されることになり、顔の血管やリンパ管の刺激につながります。

血管やリンパの刺激とは顔をマッサージをしてもらっているのと同様の効果が生まれるということで、しわやたるみの改善といったアンチエイジング効果に期待ができるわけです。

また、噛むときのバランスが悪いことは、肩や首の凝り、頭痛といった身体のトラブルの原因にもなります。噛み合わせを良くすることは身体のマイナートラブルの改善にもつながる可能性があります。


 

口呼吸が改善する

歯並びが悪い人には口呼吸の人が多いといわれています。口呼吸をすると口腔内が乾燥してしまうので、唾液が本来の役割を行えずに虫歯や口臭を起こしやすくなります。また、口で呼吸をする人は空気が直接のどに向かうことから、鼻による細菌やウイルスの排除が行われません。

それだけ風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなってしまいます。さらに口呼吸は睡眠時無呼吸症候群や花粉症といった病気との関連性も指摘されています。

歯列矯正により歯並びが改善することで、口呼吸が改善し、健康面にもいい影響を及ぼすというメリットが考えられます。


 

大人の歯列矯正のデメリット


 

治療期間が長くなる可能性あり

大人は子供と違って骨格ができあがってしまっていることから、子供が矯正するよりも多くの時間を要するのが一般的です。

子供は骨が成長期にあるという点をメリットにして、顎の正しい成長を促しながら歯列矯正を行うことが可能ですが、大人はそれができません。また、虫歯や歯肉といった口腔内にトラブルを抱えていることも少なくなく、考慮する点が多くあり、慎重に治療を進めていく必要があります。


 

治療費が高額になる可能性あり

大人の歯列矯正に限ったことではありませんが、歯列矯正は基本的に保険が適応されません。すなわち全て実費で治療を行うことになり、どうしても経済的に負担が大きくなってしまいます。

さらに、大人は骨格ができあがってしまっていることから、子供よりも矯正するのに時間を要することが多く、それだけ治療費もかさんでしまうことになります。


 

大人の歯列矯正はメリットとデメリットを考えて選択!

歯列矯正というと子供の治療と考える人がいるかもしれませんが、さまざまなアプローチが開発され、大人でも歯列矯正によって歯並びを改善することは珍しくありません。保険がきかないことから治療費が高額になるというデメリットはあります。

しかし、歯並びが美しくなることで、笑顔に自信がもてるというだけでなく、歯磨きやフロスがきちんとできることから、口臭の改善や虫歯予防につながるメリットも生まれます。

他にも、噛み合わせが改善することで消化が良くなったり、肩こりや頭痛といったトラブルの解消、顔の血行も良くなりますし、口呼吸が改善するといったことにも期待できます。歯列矯正によるメリットとデメリットを総括的に考慮して賢い選択を行ってください。

白井 達也 医師 越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科 院長監修ドクターのコメント
大人になってから歯列矯正を行うことで噛み合わせも安定し、食べ物を咬み砕きやすくすることで消化器官への負担を減らすことができます。
見た目だけでなく、将来的な体への負担を減らすこともできますので年齢を気にせず一度ご相談だけでも受けてみてください。
 
監修ドクター:白井 達也 医師 越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科 院長



 

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編


 

越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科

出典:http://www.laketown-shika.com/

電話番号 048-961-8001
住所 埼玉県越谷市レイクタウン8丁目10番地9
アクセス JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅 南口 徒歩1分
診療時間 【平日】9:00~13:00/15:00~19:30
【土曜】9:00~13:00/14:00~17:00
休診日 日曜日・祝日
※越谷レイクタウン休館日は休診日となります。予めご了承ください。
※平日と土曜日の診療時間は異なりますので、お時間をお確かめの上お越しくださいませ。
URL http://www.laketown-shika.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.