1. Medical DOCTOP
  2. 子どもの斜視は治りますか?

子どもの斜視は治りますか?

片方の視線だけが上下左右に寄る「斜視」は、弱視とともに、3歳児健診などで指摘されることの多い目の病気だ。はたして斜視は治すことができるのか。また、治せるとしたら何歳まで可能なのか。ちまたに流れる「斜視の治療は不要説」も含めて、こにし・もりざね眼科の小西美奈子先生に伺った。

監修医師
小西 美奈子(こにし・もりざね眼科 院長)

プロフィールをもっと見る
慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院、済生会神奈川県病院、国立病院機構東京医療センターの各勤務、済生会神奈川県病院眼科医長就任をへた2004年、こにし・もりざね眼科院長就任。専門である「オキュラーサーフェス(角膜疾患、結膜疾患、ドライアイ、アレルギー性結膜炎など)」を軸に、目の総合的な診断・治療をおこなっている。日本眼科学会認定眼科専門医。日本角膜移植学会、日本角膜学会、日本眼科手術学会、日本弱視斜視学会、日本抗加齢医学会の各会員。

 

斜視の種類と、それぞれの傾向について

編集部編集部

子どもの斜視は治るのですか?

小西先生

治せますが、斜視の種類によってアプローチが異なります。もっとも治りやすいのは「間欠性外斜視」といって、疲れたときなど一時的に目が外へ振れる症状です。この場合、両眼視できる時間によっては、様子見ということもありえるでしょう。他方、両眼視できる時間が短い場合や恒常的な外斜視には、手術やメガネによる治療を用います。

編集部編集部

内斜視についても教えてください

小西先生

内斜視にもいろいろあり、もともと遠視で、物を良く見ようとして目が内側に寄る「調節性内斜視」なら、遠視用メガネで治ります。それ以外の内斜視でも、手術による治療が可能です。ただし、手術をしたことで、年をとってから逆の外斜視になることがあるのです。最終的に手術を受けるかどうかは、視力の出方や外見などと含めて、ご家族とお話し合いさせていただきます。

編集部編集部

年をとると外斜視になるのですか?

小西先生

そういう傾向があるというだけで、必ず外斜視になるとは限りません。目を内側に寄せるには、ある程度の力がいるのです。この力が弱まってくると、目は自然と外へ向きだします。もちろん、一般的には起こりません。

編集部編集部

手術を受けるとしたら、子どものうちがいいのでしょうか?

小西先生

先ほどの外斜視の傾向も含め、難しい問題ですよね。最も正常な状態を、どの年代で過ごしたいかにもよるでしょう。手術に年齢的な限界はないので、「見た目の問題」と「日常生活に支障があるかないか」を軸に、手術リスクと含めて決めていくのが一般的です。


 

斜視の原因と治療時期の判断

編集部編集部

なぜ斜視が起きるのですか?

小西先生

「調節性内斜視」を除くと、その原因はわかっていません。筋肉や神経の異常と考えられるものの、なぜ異常を起こすかが不明なのです。ですからその治療も、メガネや手術といった矯正方法に限られます。

編集部編集部

もし、斜視の疑いがあったら、どうすればいいでしょう?

小西先生

眼科医院で定期的な観察を続けましょう。斜視とは別の目の病気かもしれませんし、視力が出ているか、物を立体的に捉えられるかなどを確認しながら、治療計画に反映していきます。手術をするにしても、いつぐらいが適切なのかは、人によって異なると思います。

編集部編集部

斜視が「治る」確率はどれくらいでしょう?

小西先生

何をして「治った」とするかにもよりますよね。「間欠性外斜視」の場合は、その頻度を低下する目的で手術をします。「調節性内斜視」なら、メガネをかけているうちは大丈夫。一般的な内斜視の手術では、将来的な外斜視のリスクを考え、許容範囲ギリギリでとどめることもあります。わずかに内斜視が残った状態を「治った」と言えるかどうかですね。

編集部編集部

そもそも、斜視に手術は必要なのでしょうか?

小西先生

見た目を気にされる方には、切実な問題でしょう。その一方、斜視でも、あまり生活に支障をきたさない場合があります。ちなみに、お子さんの場合の斜視の手術では、全身麻酔をおこないます。暴れたり動いたりすることが多いためです。その点に不安を覚えるご両親も多いですよね。全身麻酔が不要な大人になってから再検討するのも方法だと思います。詳しくは、直接、眼科医師へご相談ください。


 

斜視は、後天的な要因でも起こりえる

編集部編集部

斜視になりやすい生活習慣などはあるのですか?

小西先生

最近言われているのは、3D型のゲームと目の関連性です。このタイプの機種は、斜視のお子さんにお勧めできません。悪化の一因となる可能性が指摘されています。

編集部編集部

目の病気と斜視の関係はどうでしょう?

小西先生

片方の目の視力が病気によって失われると、斜視になってしまいます。早期発見による早期治療が大切です。また、目そのものではなく、脳などの神経障害に起因した斜視もあります。当院でも、脳神経科の専門医などと連携を計り、万全に務めているところです。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージをお願いします

小西先生

「斜視」イコール「治療開始」とは限りませんので、まずは受診して、今後の見通しについて話し合いましょう。もしかしたら、斜視とは別の病気が隠れているかもしれません。気軽にお声がけいただければ何よりです。


 

編集部まとめ

内斜視を手術で治療しても、後年、外斜視になる可能性がある。このリスクは、ぜひ、覚えておきたいものです。また、このリスクがあるために、「斜視は治らない」とする意見もあるのでしょう。一方で、芸能人のような「見た目を気にする商売の人」の中にも、斜視を残した方はいらっしゃいます。「見た目だけが全てではない」ことの証左といえるのではないでしょうか。


 

医院情報

こにし・もりざね眼科

こにし・もりざね眼科
所在地 〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生1丁目3-2 TNビルグルメ壱番館7F
アクセス 小田急小田原線・多摩線「新百合ヶ丘駅」南口より徒歩2分
診療科目 眼科

© Medical DOC.