コラム

    夏じゃなくても熱中症になるってホント? 2018.11.15

    年々、ひどくなる酷暑。30度を超える日も増えて、熱中症対策が話題となることも増えてきました。ただ、夏じゃなくても熱中症になるというとイメージがわかない人も多いのでは? どんな時に熱中症になるのか、気を付けるべき人、その対策を知りましょう。また、いざという場合の症状緩和策まで、自由が丘メディカルプラザ副院長の内科医・小林奈々先生にご指導いただきました。


    自由が丘メディカルプラザ・小林奈々先生
    監修ドクタープロフィール:
    小林奈々(自由が丘メディカルプラザ 副院長)

    日本大学医学部卒業後、日本大学消化器外科入局し、大学病院、市中病院で勤務を行う。その後、実家が経営をするさくら総合病院にて、救急を含めた外傷や消化器疾患の手術から、地域に根付いた一般診療まで担当。2015年より現職に就任し、一般内科・消化器内科の診療を行っている。
    日本外科学会専門医、日本消化器病外科学会会員、日本消化器病学会会員、日本大腸肛門学会会員、日本内視鏡外科学会会員。

    この記事を詳しく見る

    疲れじゃなく重い病気の可能性も?目がかすむ時に起こりうる病気 2018.11.15

    最近少し目がかすんで、ものが見えづらくなってしまった、全体的にぼやけてしまって、光をまぶしく感じるようになったなどの症状に悩まされることはありませんか?

    これらは目が疲れているときに起こりやすい症状の一つですが、単に疲れているのではなく重大な病気になってしまっている恐れもあります。目がかすむ場合に考えられる病気について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    安里 良 医師 安里眼科 おもろまち駅前院 院長

    この記事を詳しく見る

    目の病気の主な種類とその原因 症状別対処法  2018.11.15

    目の不快な症状や見え方の異常など、目の病気にもいろいろな種類があります。ここでは、かゆみや乾きなどの不快な症状を引き起こす病気の種類、ものの見え方に関する病気の種類、そして、年を重ねることにより、機能の低下が引き起こす病気に分けて、症状や原因、対処方法などを集めています。気になる主な目の病気の種類について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    安里 良 医師(安里眼科 糸満院 院長)

    この記事を詳しく見る

    温シップと冷シップってどう使い分けたらいいの? 2018.11.14

    薬局は元より、一部のコンビニでも簡単に入手できるシップ(湿布)の数々。その中には、スーっとした涼感をもたらしてくれる「冷シップ」と、じんわり温めてくれる「温シップ」がある。私たちはこの両者をどう使い分ければいいのだろう。東京都港区でみなと芝クリニックを開院している川本徹医師によれば、「冷シップは急性、温シップは慢性」という目安があるという。さらに詳しい話を伺った。
    みなと芝クリニック 川本徹先生
    監修ドクタープロフィール:
    川本 徹(かわもと・とおる)(みなと芝クリニック 院長)

    筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学大学院医学研究科修了。「“メスをとれる内科”たる外科医になれ」の教えの元、筑波大学附属病院の消化器外科で、内科医以上に内科のことを知っている外科医をめざす。筑波大学臨床医学系外科(消化器)講師、米国テキサス大学MDアンダーソン癌センター客員講師、東京女子医科大学消化器病センター外科非常勤講師などを歴任後の2010年、都営地下鉄三田駅の近くにみなと芝クリニック開院。2014年には、現在の地へリニューアルオープン。内科や外科から、皮膚科、整形外科、消化器科、肛門科まで、幅広い診療を行っている。
    日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、日本消化器病学会専門医。

    この記事を詳しく見る

    つらい下痢を止めたいならこれ!効果的な市販薬や食べ物をご紹介 2018.11.13

    この記事の監修ドクター:
    髙橋 徹也 医師(上大岡TMクリニック院長)

    この記事を詳しく見る

    体からのサインに耳を傾けよう!生理不順の原因とは? 2018.11.13

    この記事の監修ドクター:
    伊藤 晄二 医師(栄産婦人科院長)

    この記事を詳しく見る

    じんましんの原因は?効果的な対処法もご紹介します 2018.11.13

    この記事の監修ドクター:
    司馬 清輝 医師(むすび葉クリニック渋谷 院長)

    赤みや強いかゆみを伴うじんましん。
    アナフィラキシーが起きると、ときには命の危険も伴う場合もあります。
    効果的な対処法や、大人と子どもそれぞれの場合の病院選びまで詳しく解説します。

    この記事を詳しく見る

    内視鏡とは?機器や検査方法から医院選びのポイントまでご紹介します 2018.11.13

    この記事の監修ドクター:
    川上 剛 医師(医療法人川上医院 院長)

    病気の早期発見や、時には治療をも行う内視鏡。聞いたことはあっても、実際にその仕組みや検査方法については意外と知らないもの。
    今回は内視鏡機器の種類や仕組みから、気になる検査時の痛みや医院選びのポイントまでを解説したいと思います。

    この記事を詳しく見る

    帯状疱疹はうつる?初期症状が出たら早期治療を! 2018.11.13

    この記事の監修ドクター:
    貞政 裕子 医師(サマンサクリニック 院長)

    放っておくと重症化してしまうこともある帯状疱疹。
    初期症状が確認されたら早期治療を進めるのはもちろんのこと、そもそもワクチンでの予防接種をしておきたいですよね。
    今回は、帯状疱疹の初期症状や予防接種の注意点などを解説します!

    この記事を詳しく見る

    明日は二日酔いになりたくない…飲む前から始める二日酔い対策は? 2018.11.12

    今日の飲み会は楽しみたいけど、明日は朝から予定があるから絶対二日酔いにはなりたくない! そんな日ってありますよね。自由が丘メディカルプラザ副院長の内科医・小林奈々先生に「飲む前から始める二日酔い対策」から、残念ながら飲みすぎてしまった場合の「二日酔いの回避策」、そして、二日酔いになってしまった場合の「早期回復法」を教えてもらいました。

     


    監修ドクタープロフィール:
    小林奈々(自由が丘メディカルプラザ 副院長)

    日本大学医学部卒業後、日本大学消化器外科入局し、大学病院、市中病院で勤務を行う。その後、実家が経営をするさくら総合病院にて、救急を含めた外傷や消化器疾患の手術から、地域に根付いた一般診療まで担当。2015年より現職に就任し、一般内科・消化器内科の診療を行っている。
    日本外科学会専門医、日本消化器病外科学会会員、日本消化器病学会会員、日本大腸肛門学会会員、日本内視鏡外科学会会員。

    この記事を詳しく見る

    クラゲやハチに刺されたときのショック症状、アナフィラキシーって何? 2018.11.09

    免疫機能は本来、ウイルスや毒物などから自分の身を守るためのもの。しかし、防御の役目を果たす免疫が過剰反応を起こすと、死に及ぶこともあるという。それが昨今、注目を集めているアナフィラキシーという症状だ。みなと芝クリニックで、多くのアナフィラキシー患者を診てきた川本徹先生に、その実態と対処法などを伺った。

     

    みなと芝クリニック 川本徹先生
    監修ドクタープロフィール:
    川本 徹(かわもと・とおる)(みなと芝クリニック 院長)

    筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学大学院医学研究科修了。「“メスをとれる内科”たる外科医になれ」の教えの元、筑波大学附属病院の消化器外科で、内科医以上に内科のことを知っている外科医をめざす。筑波大学臨床医学系外科(消化器)講師、米国テキサス大学MDアンダーソン癌センター客員講師、東京女子医科大学消化器病センター外科非常勤講師などを歴任後の2010年、都営地下鉄三田駅の近くにみなと芝クリニック開院。2014年には、現在の地へリニューアルオープン。内科や外科から、皮膚科、整形外科、消化器科、肛門科まで、幅広い診療を行っている。
    日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、日本消化器病学会専門医。

    この記事を詳しく見る

    【川嶋朗先生】日本人の体温は0.8℃も下がった!? 現代病「冷え」はこんなにも危険! 2018.11.08

    日本人の体温は、昔と比べて下がっている!? 日本の大学としては初めてとなる統合医療の先駆者、東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授の川嶋朗医師は、「冷えはうつ病や糖尿病、がんにまで関係する『万病のもと』だ」と主張する。この60年の間に生じた0.8℃という差は、現代の私たちにどう関係してくるのだろう。



    監修ドクタープロフィール:
    川嶋 朗(かわしま・あきら)

    昭和58年 北海道大学医学部卒業、東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長、東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授を経て、東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授(現職)。専門は自然医療全般、内科(腎臓病、膠原病、高血圧)。

    この記事を詳しく見る

    お腹の調子が悪い時には何を食べたらいいの? 2018.11.07

    お腹の調子が悪いけど、お腹はすいている。お腹に刺激は与えたくないけど、食べないのもつらい。何を食べたらいいのか迷ってしまった経験がある人も多いのでは。これを読んでおけば、そんな時にベストチョイスができるはず。自由が丘メディカルプラザ副院長の内科医・小林奈々先生に簡単に用意できるものを教えてもらいました。


    自由が丘メディカルプラザ・小林奈々先生
    監修ドクタープロフィール:
    小林奈々(自由が丘メディカルプラザ 副院長)

    日本大学医学部卒業後、日本大学消化器外科入局し、大学病院、市中病院で勤務を行う。その後、実家が経営をするさくら総合病院にて、救急を含めた外傷や消化器疾患の手術から、地域に根付いた一般診療まで担当。2015年より現職に就任し、一般内科・消化器内科の診療を行っている。
    日本外科学会専門医、日本消化器病外科学会会員、日本消化器病学会会員、日本大腸肛門学会会員、日本内視鏡外科学会会員。

    この記事を詳しく見る

    巻き爪は色々な治療法があるみたいだけど、手術しなくても治るの? 2018.11.06

    巻き爪の治療法は病院での手術のほか、サロンなどでもおこなえるワイヤーやプレートを使った矯正方法、自宅で使える矯正テープなどのグッズまでさまざまだ。どのようなケースで手術が必要なのか、巻き爪の手術を実施している「みなと芝クリニック」の院長、川本徹医師に伺った。

     

    みなと芝クリニック 川本徹先生
    監修ドクタープロフィール:
    川本 徹(かわもと・とおる)(みなと芝クリニック 院長)

    筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学大学院医学研究科修了。「“メスをとれる内科”たる外科医になれ」の教えの元、筑波大学附属病院の消化器外科で、内科医以上に内科のことを知っている外科医をめざす。筑波大学臨床医学系外科(消化器)講師、米国テキサス大学MDアンダーソン癌センター客員講師、東京女子医科大学消化器病センター外科非常勤講師などを歴任後の2010年、都営地下鉄三田駅の近くにみなと芝クリニック開院。2014年には、現在の地へリニューアルオープン。内科や外科から、皮膚科、整形外科、消化器科、肛門科まで、幅広い診療を行っている。
    日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、日本消化器病学会専門医。

    この記事を詳しく見る

    つらい便秘を今すぐ解消したい!便秘に効く食べ物、マッサージなどをご紹介します 2018.10.31

    この記事の監修ドクター:
    半田 理雄 医師(医療法人晃生会 半田クリニック副院長)

    年齢や性別に関係無く、便秘はとてもつらいもの。
    一刻も早くすっきり解消したいですよね。
    便秘によく効く食べ物・飲み物・マッサージなど広くご紹介していますので、是非試してみてくださいね。

    この記事を詳しく見る

    まずは正しく予防!風邪の症状と効果的な治し方をご紹介 2018.10.30

    この記事の監修ドクター:
    野中 親哉 医師(野中内科クリニック院長)

    この記事を詳しく見る

    おならがよく出る原因は?おすすめの対策はこれ! 2018.10.30

    この記事の監修ドクター:
    藤田 亨 医師(皿沼クリニック院長)

    この記事を詳しく見る

    熱中症になったらどうしたらいい?効果的な対処法や対策グッズはこれ! 2018.10.30

    この記事の監修ドクター:
    村松 賢一 医師(戸塚クリニック院長)

    時には命に関わる危険性もある熱中症。
    事前に対策して予防することはもちろん、もし熱中症にかかってしまった場合でも
    きちんと対処法を知っておけば安心ですよね。
    さらに、熱中症の際に使える冷却グッズもご紹介します!

    この記事を詳しく見る

    つらいインフルエンザの症状、型や感染経路を知って効率的に予防しましょう 2018.10.30

    この記事の監修ドクター:
    近藤 正弘 医師(こんどう内科クリニック 院長)

    高熱や下痢など、普通の風邪よりもつらい症状に陥りがちなインフルエンザ。
    予防接種や普段の生活習慣から、効率的に予防したいですよね。
    今回はインフルエンザの予防から、もしかかってしまった場合でも療養中に気を付けたいことまでまとめました。

    この記事を詳しく見る

    徹底調査!胃炎やがんの原因ヘリコバクター・ピロリとは? 2018.10.25

    胃炎や十二指腸潰瘍などの疾患はストレスや生活習慣が原因と考えられていましたが、近年ではヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)への感染が原因のひとつとなっていることが明らかになりました。

    このヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は放置しておくとがんの発生につながってしまうとても怖い細菌です。

    この記事では、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が原因の病気や感染ルート、検査方法や除菌方法などについてMedical DOC編集部が解説いたします。

    この記事の監修ドクター:
    北川 光一 医師 東戸塚メディカルクリニック 院長

    この記事を詳しく見る

    日帰り白内障手術に密着してみた Vol.1 カウンセリング編 2018.10.24

    白内障の治療では濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する手術が多く行われている。その際、遠近両用の多焦点レンズを挿入することで白内障治療だけでなく老眼治療にも対応する「遠近両用白内障手術」が広まりつつあることをご存知だろうか。このたび、本メディア関係者の後藤氏(仮名)が多焦点眼内レンズを使用した遠近両用白内障手術を受けることになった。どのような経過で手術を決断したのか、お話を伺った。

    後藤氏
    後藤氏 プロフィール:

    1939年(昭和11年)生まれ、79歳(手術時年齢)
    大手精密機器メーカーに20年間勤務後、2005年より医療系サービスを展開する会社の常勤監査役に就任、現在に至る。

    この記事を詳しく見る

    日帰り白内障手術に密着してみた Vol.2 手術当日編 2018.10.24

    白内障で濁った水晶体を取り除き眼内レンズを挿入する際、多焦点レンズを併用することで白内障の治療だけでなく老眼治療にも対応する「遠近両用白内障手術」が普及しつつある。このたび、本メディア関係者の後藤氏(仮名)が多焦点眼内レンズを使用した遠近両用白内障手術を受けることになったので、手術に密着した。

    後藤氏
    後藤氏 プロフィール:

    1939年(昭和11年)生まれ、79歳(手術時年齢)
    大手精密機器メーカーに20年間勤務後、2005年より医療系サービスを展開する会社の常勤監査役に就任、現在に至る。

    この記事を詳しく見る

    緑茶が緑内障の予防になるってホント? 2018.10.11

    40歳以上の20人に1人がかかるという緑内障(りょくないしょう)。実は日本人に馴染み深い「緑茶」を飲む習慣が、この緑内障の予防に役立つのではないかと言われている。緑茶は本当に緑内障の予防に効果があるのか?川崎おぐら眼科クリニック院長の西岡大輔医師にお話を伺った。



    監修ドクタープロフィール:
    西岡 大輔(川崎おぐら眼科クリニック 院長)

    鹿児島の名門ラ・サール高等学校から杏林大学医学部に入学。卒業後は名古屋逓信病院、東京大学医学部眼科で研修医として研鑽を積む。その後、宮田眼科医院、関東労災病院を経て、2014年に川崎おぐら眼科クリニックを開院。「患者様と向き合う」をモットーに地域の眼科医療向上に尽力するかたわら、非常勤医師として横浜南共済病院にも勤務。赤ちゃんの頃から診察している患者様の成長を我が子のように温かく見守る子ども好きの一面を持つ九州男児。日本眼科学会 眼科専門医。

    この記事を詳しく見る

    ブルーライトカットメガネって実際どれくらい効果があるの? 2018.10.09

    パソコンやスマートフォンなどを使用する際に着用すると眼精疲労を和らげ、眼疾患を予防するとうたわれている、ブルーライトカットメガネが普及しつつあります。ブルーライトは目にどのような影響があり、それをメガネのレンズで防止する効果はどれくらいあるのか?川崎おぐら眼科クリニック院長の西岡大輔医師にお話を伺った。

     


    監修ドクタープロフィール:
    西岡 大輔(川崎おぐら眼科クリニック 院長)

    鹿児島の名門ラ・サール高等学校から杏林大学医学部に入学。卒業後は名古屋逓信病院、東京大学医学部眼科で研修医として研鑽を積む。その後、宮田眼科医院、関東労災病院を経て、2014年に川崎おぐら眼科クリニックを開院。「患者様と向き合う」をモットーに地域の眼科医療向上に尽力するかたわら、非常勤医師として横浜南共済病院にも勤務。赤ちゃんの頃から診察している患者様の成長を我が子のように温かく見守る子ども好きの一面を持つ九州男児。日本眼科学会 眼科専門医。

    この記事を詳しく見る

    しわもたるみも解消!美容皮膚科のヒアルロン酸注射について 2018.10.09

    年齢を重ねるごとに増えていくお顔のしわやたるみは、仕方のないことだとはわかっていてもどうしても気になるもの。「お化粧の時に鏡を見ていたら、昔は目立たなかったほうれい線がある日突然気になりだした」などといった経験談はよく耳にするものです。

    しわやたるみに対して、保湿成分が配合された化粧水を使ってみたり、美容にいいと言われているサプリを飲んでみたりと、様々な対策を取ってみたものの納得のいく効果を実感できずにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そんなお悩みを解決するために、ここでは『美容皮膚科』をご紹介するとともに、しわやたるみの解消に効果的な『ヒアルロン酸注射』についてMedical DOC編集部がお届けします。
    この記事の監修ドクター:
    貞政 裕子 医師 サマンサクリニック 院長

    この記事を詳しく見る

    その「眠れない」は不眠症?不眠症の原因を知って正しい対処を 2018.10.09

    健康的な生活において充分な睡眠が不可欠であることは言うまでもないことですが、現在日本では約5人に1人が不眠の症状で悩んでいると言われています。
    もはや他人事ではないこの「不眠症」ですが、発症してしまう原因やその治療・予防の方法についてはまだまだご存じない方も多いかと思います。
    そこで今回は、「不眠症」の主な原因や症状、さらにその治療や予防方法についてMedical DOC編集部がお届けいたします。

    この記事の監修ドクター:
    降矢 英成 医師 赤坂溜池クリニック 院長

    この記事を詳しく見る

    喉の痛みと咳が気になるときに考えられる原因と対策 2018.10.08

    「喉が痛くて話すことが辛い」「咳がなかなか止まらない」などにお困りではありませんか。身近な症状といえますが、実際に現れると辛いですよね。喉の痛みや咳はどのような原因で現れるのでしょうか。

    ここでは、これらの症状が現れるときに考えられるいくつかの原因と対策を解説しています。喉の痛みや咳が気になる方は、参考にしてください。スッキリとした一日を過ごせるようになるかもしれませんよ。喉の痛みと咳について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    近藤 正弘 医師(こんどう内科クリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    耳が痛いときの原因と治療法 2018.10.08

    飛行機に乗っているとき、エレベーターが急激に上昇するとき、急に耳が痛いと感じることがあります。しかし、それ以外にも、原因がわからない耳の痛みを感じるときはありませんか。

    強い痛みが続くわけではなく、ときおり、思い返したように痛みが出る場合、通院を先延ばしにすることも多いでしょうが、その痛みが、深刻な病気のサインかもしれません。耳の痛みとして症状が出る疾患にはさまざまなものがあります。

    ここでは、耳の痛みが出た場合に考えうる疾患の数々やその原因、治療法などについて、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    森口 誠 医師 森口耳鼻咽喉科 院長

    この記事を詳しく見る

    視力がよくなるトレーニングってありますか? 2018.10.04

    健康雑誌や書籍、TVなどでもたびたび紹介されている「視力がよくなるトレーニング」。視力の回復・向上に効果のあるトレーニングは本当にあるのか? 日本眼科学会 眼科専門医である川崎おぐら眼科クリニック院長の西岡大輔医師にお話を伺った。



    監修ドクタープロフィール:
    西岡 大輔(川崎おぐら眼科クリニック 院長)

    鹿児島の名門ラ・サール高等学校から杏林大学医学部に入学。卒業後は名古屋逓信病院、東京大学医学部眼科で研修医として研鑽を積む。その後、宮田眼科医院、関東労災病院を経て、2014年に川崎おぐら眼科クリニックを開院。「患者様と向き合う」をモットーに地域の眼科医療向上に尽力するかたわら、非常勤医師として横浜南共済病院にも勤務。赤ちゃんの頃から診察している患者様の成長を我が子のように温かく見守る子ども好きの一面を持つ九州男児。日本眼科学会 眼科専門医。

    この記事を詳しく見る

    大腸がんで死ぬのはもったいない! 予防のための3つの方法【石川秀樹先生】 2018.10.03

    予防医療普及協会とは

    がんの死亡数を部位別にみると、大腸がんは女性で第1位、男性でも第3位と高い順位になっている。
    しかし、予防医療普及協会 顧問の石川秀樹先生は「大腸がんで死ぬのはもったいない。他のがん検診の狙いが早期発見・早期治療であるのに対し、大腸がんは検査を受けるだけで、将来の大腸がんを予防することができる」という。
    『大腸がんで死なないためにやるべき3つのこと』について、石川先生に詳しく聞いてみた。

    石川先生
    監修ドクタープロフィール:
    石川 秀樹

    1960年生まれ。医師・医学博士。兵庫医科大学卒業後、大阪府立成人病センター、兵庫医科大学消化器内科、健康保険組合連合会大阪中央病院などを経て、2008年(平成20年)より医療法人いちょう会 石川消化器内科 理事長。

    2007年~2009年、内視鏡で摘除できた大腸腺腫・早期大腸がんの患者311人を対象に、低用量アスピリン腸溶錠を投与するプラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験「J-CAPP」主宰。

    現在、大腸腺腫・早期大腸がんの患者7,000人を対象に、遺伝子多型や食習慣、アスピリンによる予防効果を調査する「J-CAPP2」を主宰中。

     

    【主な学術活動】
    日本家族性腫瘍学会 理事
    日本がん予防学会 理事長
    日本がん疫学・分子疫学研究会 幹事
    大腸癌研究会 世話人
    日本家族性大腸腺腫症研究会 代表
    京都府立医科大学 分子標的癌予防医学 特任教授

    この記事を詳しく見る

    虫歯がないのに総入れ歯になる!? 歯を失う原因1位は歯周病だった【村上知先生】 2018.10.01

    予防医療普及協会とは

    成人の約80%が罹患しているといわれるほど蔓延している歯周病。
    ちゅうりっぷ歯科の村上 知先生は、『歯周病による慢性炎症が続けば、糖尿病を悪化させ、動脈硬化から心疾患や脳血管疾患を引き起こし、全身の疾病につながってしまう』と警鐘を鳴らす。また、『将来的に多くの歯を失って入れ歯になるだけでなく、口臭の原因となるなど、QOL(Quality of Life=生活の質)を低下させることを知ってもらい、歯周病予防の重要性を訴えたい』という。そのあたりを詳しく伺った。


    監修ドクタープロフィール:
    村上 知(むらかみ・とも)

    朝日大学歯学部卒業。その後、岡山大学歯学部附属病院小児歯科学講座入局、総合病院歯科勤務、分院長勤務を経て、「お子様からご高齢の方まで理想的な治療を提供したい」との思いから、平成23年、岡山市にちゅうりっぷ歯科開業。“歯周病予防から全身を守る”を主軸に、小児期からの矯正治療での咬合育成、最小限の生体への侵襲での治療を目指し、マイクロスコープを用いた精密診療を軸とした診察にあたっている。

    平成24年~インターナショナル岡山歯科衛生専門学校小児歯科学講師
    平成27年~歯科医師臨床研修指導医
    平成29年~岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科学分野所属
    ~医療法人ちゅうりっぷ理事長就任
    平成30年~一般社団法人予防医療普及協会理事就任

    この記事を詳しく見る

    病気の原因にもなるストレスは、早めにチェックして対策を! 2018.09.30

    この記事の監修ドクター:
    降矢 英成 医師(赤坂溜池クリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    血便は重大な病気のサイン!?原因を突き止めて適切な対処を 2018.09.30

    この記事の監修ドクター:
    春名 令子 医師(はるなクリニック副院長)

    この記事を詳しく見る

    うおのめの原因は?病院での治療から自分でできるケアまで 2018.09.30

    この記事の監修ドクター:
    河島 和彦 医師(医療法人 河島医院院長)

    この記事を詳しく見る

    胃が痛い原因はストレス?食べ過ぎ?病気を疑うなら迷わず病院へ 2018.09.30

    この記事の監修ドクター:
    寒河江 三太郎(さがえ・さんたろう)医師(厚木胃腸科委員 院長)

    この記事を詳しく見る

    重大な病気の可能性も!?頭痛の種類を知って正しい対策を! 2018.09.30

    この記事の監修ドクター:
    鷹取 央 医師(たかとり内科院長)

    風邪やストレスが原因でも生じる頭痛ですが、軽いものなら生活習慣や姿勢を改善すれば治る場合があります。

    しかし、くも膜下出血・脳出血・緑内障といった重大な病気のサインでもある可能性もあるため、症状がひどい場合はためらわずにすぐ病院へ相談しましょう。

    この記事を詳しく見る

    目がかゆい!症状から対処法まで一気に解説します 2018.09.29

    この記事の監修ドクター:
    高田 尚忠 医師(高田眼科 院長)

    イライラする目のかゆみに悩まされているのは、花粉症の人だけではありません。

    コンタクトレンズやカラコン、パソコンやスマホの使いすぎによっても引き起こされます。

    結膜炎などの病気につながるリスクもあるので、きちんとした対策をしましょう。

    この記事を詳しく見る

    血便や便秘が続くのは大腸がんのサインってホント? 2018.09.25

    国立がん研究センターの調べ(2013年)によると、新たに大腸がんが見つかる患者数は、年間13万人以上にのぼるという。そんな怖い病気のサインともいえるのが、“普段とは違った” 便の状態。「血便」「便秘」「下痢」は、大腸がんと関係があるのだろうか。詳しい話を、厚木胃腸科医院の院長、寒河江三太郎医師に伺った。

    監修ドクタープロフィール:
    寒河江三太郎(厚木胃腸科医院 院長)
    北里大学医学部卒業後、国際親善総合病院での研修を経て慶應義塾大学一般・消化器外科教室に入室。その後、稲城市立病院、平塚市民病院、慶應義塾大学病院で消化器疾患を中心に幅広くキャリアを積み、2015年に父が院長を務める「厚木胃腸科医院」を継承。地域のかかりつけとして一般外来をおこないながら、「厚木から胃や腸のがん患者をゼロにしたい」という思いのもと、専門分野である内視鏡による胃がんや大腸がんの早期発見・早期治療に尽力している。日本消化器内視鏡学会専門医、日本外科学会専門医、日本医師会認定産業医、日本禁煙学会認定指導医。

    この記事を詳しく見る

    インフルエンザにかからずに冬を越す!インフルエンザの予防方法 2018.09.10

    毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。寒くなってくるとテレビのニュースでもインフルエンザの特集を耳にすることが多くなります。毎年冬にインフルエンザにかかって苦しめられているという方もいるのではないでしょうか。

    冬はイベントもたくさんある時期です。そんなイベントをインフルエンザに邪魔されたくはないものです。今年こそインフルエンザにかからずに冬を越したい!

    そんなあなたのためにインフルエンザの的確な予防方法についてMedical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    村松 賢一 医師(戸塚クリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    胃炎薬を飲んでも胃痛や胸焼けが治らないけど、これって胃炎じゃない? 2018.09.03

    検査などで調べても炎症などの異常が認められない。それなのに、胸焼けや胃のもたれ、痛み、吐き気などが続く・・・。いま、若い世代を中心に、原因の特定できない胃腸の変調が増えているらしい。かつては「ストレス性の胃炎」などと診断されることもあったこの病気、機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)について、厚木胃腸科医院の院長、寒河江三太郎医師からお話を伺った。


    監修ドクタープロフィール:
    寒河江三太郎(厚木胃腸科医院 院長)

    北里大学医学部卒業後、国際親善総合病院での研修を経て慶應義塾大学一般・消化器外科教室に入室。その後、稲城市立病院、平塚市民病院、慶應義塾大学病院で消化器疾患を中心に幅広くキャリアを積み、2015年に父が院長を務める「厚木胃腸科医院」を継承。地域のかかりつけとして一般外来をおこないながら、「厚木から胃や腸のがん患者をゼロにしたい」という思いのもと、専門分野である内視鏡による胃がんや大腸がんの早期発見・早期治療に尽力している。日本消化器内視鏡学会専門医、日本外科学会専門医、日本医師会認定産業医、日本禁煙学会認定指導医。

    この記事を詳しく見る

    妊婦健診の内容って?妊娠週数ごとの検査・費用などを詳しく解説 2018.07.25

    もしかしたら初めての妊娠かもしれない…。おめでたはうれしいけれど、これから始まる妊婦健診の内容がよく分からなくて気になっていませんか?妊婦健診は、妊娠週数で検査頻度が変わり、検査内容もいろいろあります。そこで、今回は妊娠週数を初期・中期・後期に分けて紹介し、定期的な検査内容と、その時々で追加される検査について説明します。気になる費用についてもまとめていますのでぜひ参考にしてください。妊婦健診の内容について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    春木 篤 医師(春木レディースクリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    つらい生理痛、原因や対策を知って少しでもやわらげましょう 2018.07.12

    この記事の監修ドクター:
    白須 宣彦 医師(ホワイトレディースクリニック院長)

    この記事を詳しく見る

    口内炎が治らない!効果的な対処法やケアをご紹介します 2018.06.27

    この記事の監修ドクター:
    杉本 圭介 歯科医師(杉本歯科クリニック院長)

    一口に口内炎といっても、原因も種類も様々あります。

    今回は、とっても不快な口内炎の原因から効果的な治療法をご紹介します。

    しっかりチェックして、ちゃんとケアしてくださいね。

    この記事を詳しく見る

    たった1回の簡単検査で胃がんは防げる! ―ピロリ菌と胃がんの関係とは【鈴木英雄先生】 2018.06.27

    予防医療普及協会とは

    日本では毎年約5万人が亡くなっている胃がん。筑波大学附属病院の鈴木英雄先生は、「ピロリ菌を除菌することで、胃がんは撲滅することが可能」という。どういうことなのか。ピロリ菌感染のリスクや胃がんとの関係など、詳しく伺った。


    監修ドクタープロフィール:
    鈴木 英雄

    医師・医学博士。予防医療普及協会 顧問。
    平成6年、筑波大学医学専門学群卒業。専門は消化器内科、医学教育。平成19年から1年半、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターへ留学。平成30年から筑波大学腫瘍内科准教授。総合内科専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、がん治療認定医、ピロリ菌感染症認定医など。

    この記事を詳しく見る

    女性必見!産婦人科医がすすめる「子宮頸がんにならない方法」【稲葉可奈子先生】 2018.06.26

    予防医療普及協会とは

    20-40代の若い世代に急増している子宮頸がん。その原因のほとんどはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるもの。ワクチンで感染を防ぐことができ、検診で早期発見すれば子宮をとらずに治療することも可能ですが、日本ではワクチン接種、検診のいずれも低い実施率にとどまっています。
    子宮頸がんは進行すれば命に関わることはもちろん、手術で命が助かったとしても子宮を失うことに加えて、リンパ浮腫などつらい後遺症に苦しむ可能性があります。
    子宮頸がんの原因や治療方法、早期発見と予防について、ご自身も毎年検診を受けているという産婦人科医で予防医療普及協会顧問の稲葉可奈子先生にお話をうかがいました。


    監修ドクタープロフィール:
    稲葉 可奈子

    医師・医学博士・日本産科婦人科学会専門医。予防医療普及協会 顧問。
    2008年京都大学医学部卒業、京都大学医学部附属病院での初期研修ののち、産婦人科へ進路を決め、東京大学医学部附属病院、三井記念病院を経て、東京大学大学院にて医学博士号を取得。現在、関東中央病院産婦人科に勤務。

    この記事を詳しく見る

    【予防医療普及協会 × MedicalDOC】知ることで、行動することで、防げる病気があります。 2018.06.23

    IT技術の進化、個人の健康意識の高まりにより、予防医療は大きな成長を期待されており、予防医療の普及が健康長寿社会の実現に繋がると考えられています。MedicalDOCは予防医療普及協会のビジョンである「予防医療の普及啓発活動を通じて、健やかで長生きできる社会を実現する」に賛同し、同協会と連携した記事を配信いたします。

    予防医療普及協会とは

    この記事を詳しく見る

    つらい喉の痛みと対処法!薬で治る?何を食べたらいいの? 2018.06.18

    この記事の監修ドクター:
    森口 誠 医師(森口耳鼻咽喉科開院院長)

    のどが痛いときには、食事や飲み物を飲むことさえ嫌になってしまいますよね。
    調子が悪いなと感じたら、放置せずに早めに対処して嫌な痛みから解放されましょう。

    この記事を詳しく見る

    気になるニキビの対処法!跡を残さないおすすめのケア方法は? 2018.06.18

    この記事の監修ドクター:
    高橋 典大 医師(飯田橋クリニック院長)

    ニキビができると気分が落ち込み、人前に出るのも嫌になってしまいませんか?

    ニキビ跡のケアはもちろんのこと、そもそもニキビができる原因を取り除いて、毎日を明るく過ごしましょう。

    この記事を詳しく見る

    記事非公開化についてのお知らせ 2018.05.08

    いつもMedical DOC(Medical DOC)をご覧いただきましてありがとうございます。
    本記事は、医療情報の信頼性確保のため、ただいま監修ドクターによる検閲作業をおこなっております。
    作業完了次第、再公開して参りますので、しばらくお待ちくださいませ。

    Medical DOC編集部

    この記事を詳しく見る

    オトコの悩みの代表格!薄毛の悩み「AGA」とは? 2018.05.08

    成人男性にみられる脱毛症状である「AGA」という薄毛の悩み。

    出来る事なら避けて通りたいというのは成人男性万人の願いと言っても過言ではないでしょう。

    見た目にもわかりやすくコンプレックスにもなってしまいがちなこの「AGA」。症状や原因などについてはあまり詳しくご存じでない方もまだまだ多いのではないでしょうか?

    そこで今回は、「AGA」とは一体どのような原因によって引き起こされるのか、「AGA」とは一体どのような症状を経て薄毛へとつながってしまうのかなど、「AGA」の様々な疑問についてMedical DOC編集部がお届けいたします。

    この記事の監修ドクター:
    東條 文龍 医師(三愛クリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    ニキビ跡治療の専門医である「美容皮膚科」について徹底解説 2018.04.30

    気付かないうちにポツリと出来てしまうイヤなニキビ。

    第一印象の決め手となる顔の肌トラブルであるこのニキビにお悩みの方も少なくないかと思います。

    キレイに治ってくれたらまだいいですが、赤みやシミが残ってしまったり最悪の場合にはクレーターのような凹凸状態になってしまう事も。

    このような「ニキビ跡」がコンプレックスとなってしまい、人と会うのがイヤになってしまうなど日常生活に自信が持てずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

    また、お肌にとってのデリケートなトラブルであるこの「ニキビ跡」の対処として、「美容皮膚科」などの専門医への受診を検討している方も中にはいるのではないかと思います。 そこで今回は、「美容皮膚科」による「ニキビ跡」の治療などについてMedical DOC編集部がお届けいたします。

    この記事の監修ドクター:
    道上 育子 医師(グランジョイクリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    目の奥が痛い!知っておきたい病気の種類 2018.04.26

    目の奥が痛いときには群発頭痛や偏頭痛など様々な病気を考えなくてはいけません。注意すべき疾患についてしっかりとした知識を身につけ、対処しないと体に大きな負担がかかってしまいます。

    目の奥の痛みが起こったときに疑うべき疾患を知っていると適切な対処ができます。目の奥の痛みについて、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    藤原 徳雄 医師(浜田山ふじわら眼科 院長)

    この記事を詳しく見る

    原料は何?美容皮膚科で受けられるプラセンタ注射とは 2018.03.02

    美しい肌を作るための施術は様々ですが、プラセンタ注射は多くの美容皮膚科で受けられる代表的な施術の一つです。なぜ、プラセンタ注射によって様々な効果が得られるのか、どのような方法で注射するのか確認しておきましょう。ここでは、プラセンタ注射とはどのような施術なのかについて、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    佐藤 政広 歯科医師(豊洲佐藤クリニック 院長)

    この記事を詳しく見る

    目の炎症、ぶどう膜炎とは? 2017.11.07

    ぶどう膜炎とは、眼球の内側のぶどう膜と呼ばれる部分に起こる炎症の総称です。そして、ぶどう膜自体も総称で、脈絡膜〈みゃくらくまく〉、毛様体〈もうようたい〉、虹彩〈こうさい〉をあわせた部分を指し示します。そのため炎症の原因は様々で、原因にあった対処をしていく必要があります。そんなぶどう膜炎の症状や、原因、それぞれの対処法について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事を詳しく見る