ICLとは

公開日:2021/01/07

ICLとは

ICLとは、眼の内部に小さなレンズ(眼内レンズ)を埋め込み、近視・乱視などの回復を図る手術方法です。レンズは水晶体と虹彩との間に埋め込みます。水晶体を取り除かずにレンズを設置するという手法のうち、世界的にも普及している方式です。

メリット

・強度近視の方や角膜が薄い方でも適応となる
・角膜にはほとんど処置しないため夜間の見え方が低下しない
・レンズを取り除けば元に戻すことができる
・近視戻りがなく、長期間にわたり視力を維持できる

デメリット/副作用

・目の中の手術のため術中の恐怖感や不快感がある
・手術費用が高額になる場合がある
・緑内障や白内障のリスクがある
・眼内手術のため、角膜のみの手術に比べると高度な感染対策が必要となる

治療期間

手術自体の所要時間は30分以内です。
コンタクトレンズ使用中の方は、適応検査のためソフトレンズであれば3日前、ハードレンズであれば2週間前から使用を中止する必要があります。
また、埋め込むレンズが届くまでの期間は最短2〜3週間かかります。
術後の通院は多くの病院で術翌日・1週間後・1ヶ月後と定期検診があり、年に1回は継続して定期検診に通う必要があります。

費用相場

両眼の場合で40〜100万円ほどです。
料金には定期検診代が含まれていることが多く、レンズの入れ替えなども保証内で行っている施設もあります。

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります