デジタルレントゲンとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/09/28

デジタルレントゲンとは

デジタルレントゲンとは、従来のフィルムに現像するレントゲンと異なり、撮影データをデータとして出力できるレントゲンです。
放射線被ばく量が少ない点も特徴で、従来のアナログレントゲンに比べて5分の1程度に抑えられます。2次元ではなく3次元的に歯の様子を捉えられるため、親知らずの抜歯・矯正治療、複雑な根幹治療など肉眼では見えない箇所の診断に必要不可欠なものとなります。

メリット

・アナログレントゲンと比べてX線の被ばく量が5分の1程度で済む
・画像の調整ができ、劣化しない
・目で見えない部分を3次元的に評価できる
・フィルムを使わないため、環境にやさしい

デメリット/副作用

・機器本体の価格が高いため、全ての医院に導入されているわけではない

治療期間

デジタルレントゲンを用いた検査自体は、数分程度で撮影が完了します。

費用相場

デジタルレントゲンを用いた検査費用のみの金額はは、一般的な保険治療を基準とすると1回500円程度とされています。

注意点

治療期間や費用は、治療方法などによって大きく異なる場合があります。