禁煙治療とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

禁煙治療とは

禁煙治療とは、医師の協力のもと、貼り薬や飲み薬を使って自力での禁煙より楽で確実性の高い禁煙治療法です。
禁煙治療では、「喫煙習慣はニコチン依存性という病気である」という考えのもと、医学的観点からバニレクリンとニコチンパッチと呼ばれる薬を処方され、ニコチンによる禁断症状をうまく抑えながら治療に取り組むことになります。
平成29年度の調査では、禁煙治療を受けた患者のうち89%が4週間後も禁煙を継続できていたというデータがあります。

メリット

・喫煙を辞めたくても辞められなかった人も、医師のサポートで楽に禁煙することができる
・今後の人生で継続してタバコを購入するよりも、禁煙治療に費用を掛けて禁煙する方が総合的な支出を抑えられる

デメリット/副作用

・保険適用で禁煙治療に失敗すると、初回の診察から1年後でないと再び保険適用で治療を受けることができない
・保険適用で治療を受けるのに、一定の項目を満たしていなければならない

治療期間

12週間のプログラムとなっています。

費用相場

保険適用で薬の費用も含めて、2〜3万円ほどです。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。