1. Medical DOCTOP
  2. 歯科TOP
  3. コラム(歯科)
  4. オフィスホワイトニングの通院頻度は? 「白さ」持続の方法も歯科医が解説

オフィスホワイトニングの通院頻度は? 「白さ」持続の方法も歯科医が解説

公開日:2022/06/04  更新日:2022/06/03
オフィスホワイトニングの通院頻度は? 「白さ」持続させる方法を歯科医が解説

結婚式や就職活動を控えている人がホワイトニングを始めるケースは少なくありません。ホワイトニングのなかでも、歯科医院に通って行うオフィスホワイトニングは、効果が早く現れるとして人気です。ではいったい、期待した効果を得るために、どれくらいの頻度で通院すれば良いのでしょうか。こばやし歯科の小林先生に聞きました。

小林 靖明医師

監修歯科医師
小林 靖明(こばやし歯科 院長)

プロフィールをもっと見る

1993年大阪歯科大学卒業。桐村歯科医院、吉村歯科勤務を経て、1999年7月こばやし歯科開院。各分野の専門医が複数名在籍し、専門性の高い治療を提供。むし歯や歯周病など一般的な治療から高度な治療まで幅広く対応する。「治療を受けに行く」というよりも、「仕事帰りに立ち寄る」という気軽さで来院できるよう、居心地の良い空間作りに努めている。

効果をすぐに実感しやすい「オフィスホワイトニング」

効果をすぐに実感しやすい「オフィスホワイトニング」

編集部編集部

そもそもオフィスホワイトニングとはなんですか?

小林 靖明医師小林先生

歯科医院で、歯科医師または歯科衛生士によって行われるホワイトニングのことを、オフィスホワイトニングといいます。

編集部編集部

どのようにして歯を白くするのですか?

小林 靖明医師小林先生

一般的には、歯に専用の薬剤を塗布した後、特殊な光を照射して白く美しくしていきます。

編集部編集部

なぜ、薬剤を塗布して光を当てることで、歯が白くなるのですか?

小林 靖明医師小林先生

通常、オフィスホワイトニングで使用する薬剤は過酸化水素です。これが歯に浸透すると、歯に沈着していた色素が細かく分解され、少しずつ白くなっていきます。さらに、そこへ光を当てることで薬剤が活性化し、ますますホワイトニングの効果が高まるという仕組みです。

編集部編集部

どのような汚れを落とすことができるのですか?

小林 靖明医師小林先生

色素の沈着全般に効果があります。特に効果があるのは、加齢による黄ばみです。年齢を重ねるにつれて歯は自然と黄ばんでくるのですが、その黄ばみをホワイトニングで落とすことができるのです。

編集部編集部

治療を始めて、どれくらいで効果を実感できますか? 結婚式を控えている場合など、すぐに効果が欲しいという人もいると思います。

小林 靖明医師小林先生

現在、どの程度着色しているかにもよりますが、早ければ1回の施術で効果を実感できるのではないでしょうか。通常、歯の色には全部で20段階ありますが、当院では1度の来院で最大9段階、白さをアップさせることを目指すメニューもあります。ただ、2回、3回と繰り返すことでもっと大きな効果を感じられるようになりますから、ぜひ、継続して通院していただきたいですね。

オフィスホワイトニングはどのように行うの?

オフィスホワイトニングはどのように行うの?

編集部編集部

具体的に、オフィスホワイトニングの施術の流れを教えてください。

小林 靖明医師小林先生

細かい流れは歯科医院によって異なりますが、当院の場合はまず、「ジェットクリーニング」を行って、歯の汚れを落とします。これは、専用の機械を使って歯の表面に専用のパウダーを霧状に吹き付ける、特殊なクリーニング法です。これにより、細かいところの汚れを徹底的に除去します。

編集部編集部

その次の段階は?

小林 靖明医師小林先生

薬剤を歯に塗布し、それから特殊な光を照射します。照射する時間は、大体12分です。それからもう一度、歯に薬剤を塗布して光を照射します。そのあと、光沢感をアップさせ、色戻りを防ぐために研磨を行って仕上げたら終了です。

編集部編集部

どれくらいの頻度で通えば良いのですか?

小林 靖明医師小林先生

現在の歯の状態にもよりますが、一般的には1〜2週間に1度のペースで通院していただくことをお勧めしています。3〜5回通っていただくと、期待した白さに仕上がると思います。

編集部編集部

通院の間隔があいてしまうと、また元に戻ってしまうのですか?

小林 靖明医師小林先生

まだ、白さが定着していないときに通院の間隔があいてしまうと、再び色素が沈着してしまうことがあります。その場合は、治療をやり直すことになってしまうため、できるだけ間隔をあけず、きちんと通院しましょう。

オフィスホワイトニングの効果を持続させるには?

オフィスホワイトニングの効果を持続させるには?

編集部編集部

オフィスホワイトニングのほか、自宅でできるホームホワイトニングもありますよね? どのような違いがあるのですか?

小林 靖明医師小林先生

自宅で行うホームホワイトニングは、まず、専用のマウスピースを製作します。マウスピースが出来上がったら、そこに薬剤を塗布し、ご自宅で毎日装着してもらうことで、歯を白くしていきます。マウスピースを製作するために一度来院していただきますが、その後は通院の手間がほとんどいらないため、あまり時間がなくて通院できない方には向いている方法です。

編集部編集部

効果に違いはあるのですか?

小林 靖明医師小林先生

即効性の観点からいうと、オフィスホワイトニングの方が早く効果を実感できるでしょう。早ければ1回の治療で期待通りの効果が得られるかもしれません。しかし、オフィスホワイトニングで気をつけたいのは、色戻りです。

編集部編集部

オフィスホワイトニングの方が、色戻りが早いのですか?

小林 靖明医師小林先生

通常、オフィスホワイトニングでは歯の表面にある皮膜を取り除いてしまいます。そのため、歯の表面のエナメル質がむき出しの状態になってしまうので、色が再び沈着するのも早いといわれています。それに比べてホームホワイトニングは、即効性がない代わりに時間をかけてゆっくりと薬剤を染み込ませていくので、効果の持続期間が長いとされています。

編集部編集部

オフィスホワイトニングの効果を長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

小林 靖明医師小林先生

一度、満足のいく白さが得られたとしても、その後も定期的にメンテナンスへ通うことが大事です。歯の状態にもよるので、通院のペースは歯科医師や歯科衛生士に確認すると良いでしょう。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

小林 靖明医師小林先生

オフィスホワイトニングは確かに色戻りが早いというデメリットもありますが、その後のメンテナンスをしっかりすれば、白くて美しい状態を長くキープすることができます。なんといっても、効果を早く実感できるのがオフィスホワイトニングのメリット。結婚式や就職活動など、重要なイベントが控えている方には特にお勧めしたいですね。オフィスホワイトニングだけでなく、ホームホワイトニングとセットで行うことで、さらにホワイトニングの効果を高める「デュアルホワイトニング」という手法もあるので、興味のある方は歯科医師に尋ねてみるとよいでしょう。

編集部まとめ

歯科医院で行うホワイトニングのメリットは、しっかりした医療資格を持った歯科医師や歯科衛生士が担当するということです。そのため、安心して質の高い治療を受けられます。気になる色戻りも、メンテナンス次第で防ぐことができるので、興味のある方はカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

医院情報

こばやし歯科

こばやし歯科
所在地 〒590-0134 大阪府堺市南区御池台3-8-12
アクセス 南海電車泉北高速線「栂・美木多駅」から御池台回りのバスに乗って、「御池台センター」で下車(約8分)
診療科目 歯科