1. Medical DOCTOP
  2. 睡眠障害の症状や原因、治療方法とは?

睡眠障害の症状や原因、治療方法とは?

睡眠障害(読み方:すいみんしょうがい)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
春名 令子 医師(はるなクリニック 副院長)

睡眠障害とは

睡眠障害には、不眠症だけでなく、睡眠時無呼吸症候群(睡眠中に呼吸が止まってしまう)、過眠症(夜間よく眠っているにも関わらず日中眠くてしかたがない)、睡眠時随伴 (ずいはん) 症(寝言や寝ぼけ行動)、睡眠関連運動障害(脚 (あし) がむずむずして眠れない、眠っているときに脚がぴくぴく動いてしまう)、概日 (がいじつ) リズム睡眠障害(睡眠リズムがずれてしまい戻せない)など多くの疾患があり、それぞれに原因や治療法が異なります。

引用:国立精神・神経医療研究センター病院 睡眠障害センター
https://www.ncnp.go.jp/hospital/sdc/index.html

春名令子 医師 はるなクリニック 副院長ドクターの解説
睡眠障害は昼間の生活にさまざまな支障をきたします。だるさや眠気がつらい、仕事や勉強に集中できないといった症状はもちろんのこと、睡眠障害により人間の体のリズムが狂うと、うつなどの精神的な病気を引き起こしやすくなったり、生活習慣病などの重大な病気のリスクも高まったりします。仕事や勉強などを頑張る時、人は睡眠時間を削りがちですが、実はこれはとても効率の悪い行動です。睡眠の量や質が落ちることは、例えるならば、使い続けて不具合が出ている機械を、修理しないまま使いつづけるようなものです。睡眠時間を削って働いたり勉強したりすることが美徳だ、と考える人もいますが、効率や成果を求めるならきちんと休息をとることの重要性を改めて見直してみてください。

睡眠障害の症状

睡眠障害のサインや症状は大きく分けて、1)不眠、2)日中の過剰な眠気、3)睡眠中に起こる異常行動や異常知覚・異常運動、4)睡眠・覚醒リズムの問題、の4つにまとめられます。また、いびきや寝ぼけなど、周囲の人から指摘される症状もあります。

引用:厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_sleep.html

春名令子 医師 はるなクリニック 副院長ドクターの解説
上記の症状の4分類をさらに詳しく説明すると、以下のような症状があります。
不眠:寝つきが悪い、睡眠中に途中で目が覚めて眠れなくなる、早朝に目が覚めてしまう、ぐっすり眠れない
過眠:昼間に強い眠気に襲われる、仕事中に居眠りをしてしまう
睡眠中に起こる異常行動や異常知覚・異常運動:夜中に目覚めて意味不明な言葉を発するが、本人は覚えていない
睡眠や覚醒リズムの問題:適切な時刻に眠りにつくことができない、予定時刻に目覚めることができない
上記のような症状のために日常生活に支障が起き、学業や仕事ができなくなることもあります。また、睡眠障害から様々な病気が起こることもありますので、放置しないようにしましょう。

睡眠障害の原因

①心理的原因
何らかのストレスに関連して起こる不眠。
例)家族や親友の死、仕事上の問題など。
特に眠れなくなった前後の出来事を、詳しく検討することで、明らかになってくることがあります。
②身体的原因
身体の病気や症状が原因で起こる不眠。
例)外傷や関節リウマチなどの痛みを伴う疾患。湿疹や蕁麻疹などの痒みを伴う疾患。 喘息発作や頻尿、花粉症など。
身体的な病気や症状を治療することで、改善されることがあります。
③精神医学的原因
精神や神経の病には、不眠を伴うことが少なくありません。なかでも不眠になりやすいのは、不安と抑うつです。
憂うつな気分が続いたり、これまで楽しかったことが楽しめなかったりするのは、うつ病かもしれません。それが原因で眠れなくなったりします。慢性的な不眠症では、3分の1から半数は、何かしらの精神医学的な疾患を持っているとも言われています。落ち込んだり憂うつな気分が続く時は注意が必要です。
専門医師に相談して適切な治療が必要な場合があります。
④薬理学的原因
服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠があります。
代表的な薬には、抗がん剤、自律神経・中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。
服用しているお薬、飲酒、喫煙、カフェイン摂取の習慣がないかを確認することが大切です。
ドリンク剤には意外とカフェインが多く含まれているので注意が必要です。
⑤生理学的原因
睡眠を妨げる環境による不眠があります。
海外旅行や出張による時差ボケや、受験勉強や職場の勤務シフトなどによる生活リズムの昼夜逆転など、ライフスタイルが大きく変わると、眠ろうとする機能が低下し、眠る機会が妨げられることがあります。
先ずは少しでも眠りやすい住環境、例えば就寝前には照明を落とし、起床時には上げるなど、光のコントロールを考えたり、心と体がリラックスできるよう工夫してみましょう。

引用:田辺三菱製薬 スイミンネット
http://www.suimin.net/step1/cause/

春名令子 医師 はるなクリニック 副院長ドクターの解説
睡眠障害の原因は人それぞれです。人間は何か気になることがあれば眠りにつきにくくなるものですが、このような状態が日常的になってしまうと、気になるから眠れない、眠れないから気になる、という悪循環に陥ることもあります。看護師など夜勤のある仕事をしている場合も、睡眠の悩みを抱えやすくなります。また、意外なところでは、頑張りすぎて体力を消耗しきってしまい眠れない場合もあります。ここまで挙げたものは本人の心や生活に課題があるケースですが、これ以外に睡眠をとりまく環境が原因になっていることも考えられます。例えば、街灯の光で寝室が明るい、眠る直前までスマホやパソコンで強い光を浴びている、遮光カーテンで寝室に朝日が入らない、といったものです。生活を振り返って、改善できる点がないか考えてみてください。

睡眠障害の治療方法

睡眠障害は疾患によって治療法が異なります。「眠れない」イコール「睡眠薬治療」ではありません。症状やサイン、診察や検査から、その原因となる疾患が適切に診断され、原因に応じた治療を受けることが重要です。

引用:厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_sleep.html

春名令子 医師 はるなクリニック 副院長ドクターの解説
睡眠障害の治療の基本は、朝目覚めたらカーテンを開け、太陽の光を浴びることです。つまり、正常な日内リズムを体に覚えさせるのです。体を目覚めさせることが睡眠のリズムを整える第一歩となります。日中の活動量を増やすことも有効で、昼夜のメリハリを意識することが大切です。それと同時に、睡眠を妨げる要素を取り除いていきましょう。夜はスマホやパソコンの強い光をなるべく浴びないようにしたり、コーヒーなどカフェインを含む飲み物はなるべく避けるようにするのです。最近は入浴をシャワーだけで済ます人も珍しくありませんが、湯船に浸かってリラックスすることも睡眠の改善に効果的です。入眠のきっかけさえあれば眠れるという患者さんなら、メラトニンのサプリメントや漢方を使う方法もあります。寝る前の精神状態を落ち着けて、入眠しやすくなります。もちろん「眠れなくて、辛くてしょうがない」と訴える患者さんには、眠剤の処方でまずは眠ってもらうことを優先します。


この記事の監修ドクター

春名令子 医師(はるなクリニック 副院長)春名令子 医師
はるなクリニック 副院長

PROFILE

1987年、関西医科大学卒業。大阪府立病院小児科、大阪府門真保健所、神戸市北保健所、大阪市・神戸市非常勤医師を経て、2000年1月より現職。子供のアトピーをきっかけに東洋医学を勉強し、日本東洋医学会漢方専門医を取得。