1. Medical DOCTOP
  2. 日帰り白内障手術に密着してみた Vol.1 カウンセリング編

日帰り白内障手術に密着してみた Vol.1 カウンセリング編 2018.10.24

白内障の治療では濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する手術が多く行われている。その際、遠近両用の多焦点レンズを挿入することで白内障治療だけでなく老眼治療にも対応する「遠近両用白内障手術」が広まりつつあることをご存知だろうか。このたび、本メディア関係者の後藤氏(仮名)が多焦点眼内レンズを使用した遠近両用白内障手術を受けることになった。どのような経過で手術を決断したのか、お話を伺った。

後藤氏
後藤氏 プロフィール:

1939年(昭和11年)生まれ、79歳(手術時年齢)
大手精密機器メーカーに20年間勤務後、2005年より医療系サービスを展開する会社の常勤監査役に就任、現在に至る。

今回、後藤氏が手術を受けることにしたのは西新宿にある眼科クリニック。レーシックなどのレーザーによる視力回復手術だけでなく、白内障手術や緑内障手術の経験も豊富な眼科専門医が執刀する。多焦点眼内レンズについては厚生労働省が認可した2007年にいち早く導入、遠近両用白内障手術における症例数でも国内トップクラスを誇る先進医療認定施設だ。

神戸神奈川アイクリニック

編集部白内障と診断されたのはいつ頃ですか?

後藤氏後藤氏もうかなり前のことです。ものが見えにくいなと思うことがあって、会社の健康診断で白内障を指摘されました。それで眼科に行ったところ、ぼやけていても見えているのだから、急いで手術をしなくてもいいと言われました。
どうしたものかと思いましたが、日常生活がまったくできないわけではないので、そのまま数年何もしなかったんです。

編集部今回、どうして白内障の手術を受けようと思ったんですか?

後藤氏後藤氏自動車運転免許証の更新に先立って、後期高齢者の研修を受けることになっているのですが、このままでは視力検査で不合格になるんじゃないかと思ったのがきっかけです。
実は行きつけの眼鏡店でも、老眼や乱視の度数を調整してもこれ以上はあまりよくならないと言われました。特に右目は乱視もひどくほとんど見えていないということで、手術をしてはどうかと勧められたんです。

眼鏡屋イメージ

編集部眼科じゃなくて眼鏡屋さんのほうが手術を勧めたというのは面白いですね

後藤氏後藤氏良心的というか、メガネのレンズをあれこれ調整して視力を矯正することを必ずしも勧めない、ということでしょうか。
それで、家内が地元(神奈川県厚木市)の白内障手術ができる眼科の情報を集めてくれたり、私もパンフレットを集めたりしていたんですが、やはり東京のほうが技術の高いところがあるんじゃないかと考えるようになったんです。
そんな時にたまたま仕事で知り合った方に、私が白内障の手術をどこで受けたらいいか考えているということをお話ししたところ、神戸神奈川アイクリニックを紹介されたというわけです

神戸神奈川アイクリニック

編集部ここで受けようと決めた要因は何でしたか?

後藤氏後藤氏私は病院の良し悪しについて詳しくはわかりませんが、少なくとも都心のこんなにいい立地でクリニックが続いているということは、それだけ実績信用もあるということでしょう。
予約をして実際に検査を受けに行ったときには、説明や対応がとても丁寧だったのでびっくりしましたね。私が普段通っている街の眼科ももちろん信頼しているんですけど、手術となると専門で実績があるほうが安心感があります。

編集部術前の検査やカウンセリングでは、ご自身の健康状態などについて質問されたりしましたか?

後藤氏後藤氏今服用している薬については自己申告しましたが、特に問題になることはありませんでしたね。私は心房細動で血栓ができないようにワーファリンという血液を固まりにくくする薬を飲んでいることも言いましたが、大丈夫ですよと言われました。
循環器内科の先生にも、目の手術をするときはワーファリンの服用はどうしたらいいですかと聞きましたが、目の手術はそんなに出血するようなものではないので、これまで通り服用を続けていいですよと言われました。

神戸神奈川アイクリニック

編集部白内障の治療だけなら保険適用の眼内レンズを使うこともできますが、どうして遠近両用の多焦点レンズを選んだのですか?

後藤氏後藤氏どうせ手術をするなら、一番よく見える状態になったほうがいいと思ったからです。レンズは3種類あるらしいですが、遠・中・近の全部に焦点が合うようにしてほしいと思い、自由診療を選択しました。
手術が終わって、実際に生活を始めてみたら自分がどういう印象を持つのか、今から楽しみですよ。

編集部手術が失敗したら失明するかもしれないという不安はないですか?

後藤氏後藤氏それはないですね。カウンセリングでも丁寧に説明してもらって安心感がありましたし、国が認めた治療ですから、その点は信頼していますよ。

編集部まとめ

白内障はゆっくり進行することが多いため、いつ手術を受けるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。白内障による見え難さだけでなく、乱視や老眼の治療も同時にできる遠近両用眼内レンズなら、生活の質が大きく向上することが期待できるため、早期に手術を受ければそれだけ長く、快適な生活を送れるといえそうです。
次回は後藤氏の手術当日に密着し、なかなか知ることのできない術中の様子や手術直後の感想をお届けします!

日帰り白内障手術に密着してみた Vol.2 手術当日編
近日公開>> 日帰り白内障手術に密着してみた Vol.3 後日編

医院情報

神戸神奈川アイクリニック
医療法人社団 稜歩会 神戸神奈川アイクリニック 新宿院
住所 〒163-1335東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅より直結徒歩約2分
診療科目 眼科
TEL 0120-049-035
URL http://www.kobe-kanagawa.jp