YAGレーザーとは

公開日:2021/01/08

YAGレーザーとは

YAG(ヤグ)レーザーとは、メラニン色素を選択的に破壊する医療用レーザーの1つで、イットリウム(Yittrium)、アルミニウム(Aluminum)、ガーネット(Garnet)の頭文字をとったものです。ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーよりも効率よく高出力ができ、シミやアザの除去、脱毛にも利用されています。より深部にある色素沈着にも効果のあるレーザーです。医療現場では、適切なエネルギーを効率よく照射できるとされる「QスイッチYAGレーザー」が多く使われています。

メリット

・非常に高出力のレーザーで、老人性のシミなどは1回で治療できる
・レーザーの適応外であった肝斑にも使用可能
・治療にかかる時間が短い
・ほかのレーザーと比較して色素脱失が起こりにくい

デメリット/副作用

・高出力のレーザーのため、周囲組織が赤くなる
・皮膚の深部まで届くレーザーのため、やや痛みが伴う
・レーザー照射後の肌は弱くなるため、十分なアフターケアが必要

治療期間

表層にあるシミの場合は、1回の照射で取り除くことができます。
かさぶたができるまでに2週間弱かかり、その後のアフターケアを含めると3ヶ月程度かかります。
皮膚の深部まで広がっているシミで、1回の治療で取り除けない場合は、数ヶ月毎に継続して治療する必要があります。

費用相場

10mm以下のシミ:1万円前後
それ以上のサイズでは追加範囲1mm毎に1000円などの料金が発生します。
また、肝斑に特化したケアの場合は10回前後の通院で10万円程度が一般的です。

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります