プラセンタ注射とは

公開日:2021/01/06

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射は、基礎代謝の改善や肌にハリが生まれる効果が期待できる治療法です。プラセンタとは胎盤のことを指し、哺乳類の胎盤から有効成分を抽出したエキスを注射することで、細胞の動きを活発化させ、再生能力や治癒力を高める効果があるため、さまざまな症状にプラセンタ注射が採用されています。

メリット

・女性特有の疾病や症状に特に効果が期待できる
・更年期障害や肝機能障害など保険適用される場合もある
・肌のターンオーバーが早くなるので、肌荒れやアトピーなどの改善が期待できる
・内服薬よりも有効成分の吸収が早いので、すぐに効果を実感しやすい
・副作用の心配が少ない

デメリット/副作用

・医療機関でなければ注射が打てない
・保険適用ができない場合、治療費が高くなる
・注射した部位の赤みや痒みなどの症状が出ることがある
・代謝が改善されることで、ニキビや吹き出物が出やすくなる場合がある
・人によって効果が得られない場合がある

治療期間

軽い症状であれば2~3日で効果を実感でき、1~3ヶ月程度で症状が改善できる場合があります。

費用相場

自費診療の場合:2000~5000円
保険適用の場合:1000~3000円

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります

注意点

プラセンタ注射は、更年期障害、肝機能障害など限定された用途にのみ保険適用されています。また、国内未承認の医薬品を使用する場合があります。
日本国の医薬品医療機器等法(薬機法)において認証・承認を得ていない医薬品/医療機器による健康被害は、厚生労働省による医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。治療を受ける前に、リスク、副作用、入手経路、諸外国における安全性等に係る情報等の説明を十分に受けたうえ、自己責任のもと治療に進まれることをお勧めいたします。