オルソケラトロジーとは

公開日:2021/01/07

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、手術を行わずに視力を改善する治療法です。オルソケラトロジーレンズと呼ばれる特殊な加工が施されたハードコンタクトレンズを、就寝時に装着します。寝ている間に角膜の形状を矯正することで、近視や乱視を回復させる効果があります。

メリット

・手術を受ける必要がない
・治療を中断するだけで元の状態へ復元できる
・日中は裸眼で過ごすことができる
・進行性の近視を抑制する効果がある
・低年齢の方にも適応できる場合がある

デメリット/副作用

・近視や乱視が強度の場合は治療ができない
・目に持病がある場合、治療を行えないことがある
・回復した視力を維持するためには治療を続ける必要がある
・暗い場所では光がにじんで見えることがある

治療期間

視力を維持するためには、定期的に(一般的には3ヶ月に一度)通院する必要があります。
早い方であれば数時間ほどで効果を実感できます。
効果が現れるまで遅い方でも、1週間ほどで裸眼での生活が可能になります。

費用相場

片眼の場合で10万円から、両眼の場合で30万円ほどが治療費用の相場となっています。
保険適応外のため、初年度は高額ですが、継続して治療を行う場合は年間3万円前後が費用としてかかります。

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります