真性包茎とは

公開日:2021/08/30

真性包茎とは

真性包茎とは男性器の亀頭が包皮に覆われており、包皮口が亀頭よりも小さく包皮をめくれない状態を指します。新生児はほぼ真性包茎ですが、大部分のケースでは成人するまでに自然に治ります。真性包茎は先天性のものと、亀頭包皮炎を繰り返すことで包皮口が狭くなる後天性があります。
視診や触診で真性包茎と診断された場合、背面切開術や環状切開術などの手術を行い治療します。子供の真性包茎は積極的な治療は不要ですが、炎症や感染症が頻発する場合は治療が必要です。軟膏を使って包皮を広げる治療を行い、症状の改善しない場合は手術を行うこともあります。

メリット

・コンプレックスの解消
・包茎が原因の亀頭包皮炎や尿路感染症を防げる
・陰茎がんを発症するリスクを軽減する
・成人の場合日帰りで手術できる

デメリット

・保険診療の場合は傷が残る可能性がある
・手術後は入浴や激しいスポーツの行動制限がある

治療期間

真性包茎の手術は30分程度です。成人の場合は局所麻酔で実施するため、入院の必要はありません。子供の場合は全身麻酔で4~5日程度入院となります。
手術後は包帯を外す・抜糸するタイミングで病院に行く必要があります。
軟膏で包皮を広げる治療の場合、毎日1~2回を少なくとも2週間以上は続ける必要があります。

費用相場

真性包茎は自由診療と保険診療で費用が異なります。
自由診療の場合は13万円~70万前後です。包茎の改善に加え、さまざまな追加項目があるため費用に幅があります。
保険診療で3割負担の場合、背面切開術は2200円程度、環状切開術は6100円程度です。これに加えて別途診察費がかかります。
※医療機関によって料金が大きく異なります

注目記事