HARG療法とは

公開日:2021/01/07

HARG療法とは

HARG療法とは、毛髪を再生させるための治療方法です。脂肪幹細胞から抽出した各種成長因子を含むタンパク質を、パウダー状に冷凍乾燥し、溶解したものを直接頭皮へ注入します。注入したタンパク質によって、頭皮や毛根を活性化し、毛髪の再生を促します。
HARG療法につかわれる医薬品は米国FDA、韓国KFDAの承認を取得していますが、日本においては未承認医薬品となるため、自由診療となります。

メリット

・かつらや植毛と違い薄毛を根本的に治療できる
・男性・女性問わず効果がある
・治療方法が薬剤注入のため傷が残らない
・アレルギー反応などの心配が少ない

デメリット/副作用

・自毛を再生するため時間がかかる
・費用が高額になる
・毛母細胞がない箇所では効果がない
・施術方法によっては薬剤注入時に痛みがある
・施術部位から一時的に出血がみられる場合がある

治療期間

効果を実感する時期は治療開始から5〜6ヶ月です。
短期集中ではなく、1年間ほどかけて治療する必要があります。
3〜4週に一度の治療を6回が、基本的な治療期間です。

費用相場

一般的な治療期間で40〜100万円ほどかかります。
1クールの効果に満足できなかった場合、1回の追加料金は8〜20万円です。
継続して1年治療すると200万円を超えることもあります。

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります

注意点

HARG療法に使用される薬剤は、日本国の医薬品医療機器等法(薬機法)において認証・承認を得ていない医薬品となります。治療を受ける前に、リスク、副作用、入手経路、諸外国における安全性等に係る情報等の説明を十分に受けたうえ、自己責任のもと治療に進まれることをお勧めいたします。

注目記事