小児矯正とは

公開日:2021/01/06  更新日:2021/08/27

小児矯正とは

お子さまの歯並びや噛み合わせを改善する治療方法です。永久歯が生え揃う前、もしくは生え揃ってすぐの状態から行う矯正治療で、骨やあごの成長発達に合わせて歯の生え方や歯並び、あごの発育をコントロールし、歯並びや噛み合わせを理想的な状態に誘導します。

メリット

・あごの成長を誘導しながら矯正を行うため、成人後の矯正と比べて抜歯や歯を削るなどが少なくできることがある。
・成人後の矯正と比較して費用を安く抑えられる場合がある。

デメリット/副作用

・あごの成長が完了する10代後半まで治療がかかる可能性
・矯正装置の装着時間が確保できないと、効果が出にくいことがある
・矯正装置周辺の磨き残しによって、むし歯や歯肉炎、口内炎のリスクがある

治療期間

永久歯が生えてくる前に治療を行う治療(第1期治療)は1~3年
永久歯が生え始めてから行う治療(第2期治療)は1~2年

費用相場

第1期矯正治療:20~40万円
第2期矯正治療:25~65万円
基本的に第1期と2期はセットでの治療が必要です。

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります