レーザー治療(歯科)とは

公開日:2021/01/06

レーザー治療とは

レーザー治療とは、特定の物質にしか反応しない特殊なレーザー光を用いて、むし歯の殺菌効果や鎮静効果を期待できる治療法です。レーザーの種類によって得られる効果が異なり、炭酸ガスを用いたものや中赤外線領域のレーザー、半導体レーザーなどさまざまな種類があります。

メリット

・副作用の心配がないので、妊娠中の方や持病がある方にも治療できる
・少ない量の麻酔で済むほど、治療に伴う痛みが少ない
・出血を抑える効果があるため、治癒が早い
・初期のむし歯であれば、患部を削らずにレーザー治療だけで進行を抑えられる
・歯ぐきの黒ずみなど審美治療にも対応できる

デメリット/副作用

・レーザー治療後の数日間は、刺激物の摂取は控える必要がある
・むし歯治療を行う場合、適用できる範囲が狭い
・自費診療になる場合がある
・広範囲の治療の際は、従来の歯科治療よりも治療時間がかかる
・重度の歯周病の場合、切開治療が必要になることがある

治療期間

一般的な歯周病治療であれば2~3ヶ月。知覚過敏や口内炎であれば最短1回で済む場合もあります。

費用相場

むし歯の処置や予防:1000~5000円
歯周病治療:1000~5000円
口内炎、知覚過敏:1000~3000円
メラニン除去:3000~2万円(保険適用外)

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります
※保険適用のケースと自費診療のケースがあります