インビザラインとは

公開日:2021/01/06  更新日:2021/08/27

インビザラインとは

米国アライン・テクノロジー社が提供するマウスピース矯正の一種です。世界100カ国以上、800万人以上が受けており、日本でも患者数が増えています(2020年10月現在)。透明なマウスピース(アライナー)を使用し、2週間ごとにマウスピースを交換することで理想の歯並びへと導きます。

メリット

・マウスピース矯正の中で大手であり、ほかに比べて症例数が多い。
・透明なマウスピースを使用するため、目立ちにくい
・通院頻度が少ない
・取り外し可能なため、お口が衛生的に管理できる
・金属アレルギーの方でも治療できる。
・ワイヤー矯正のような口内炎のリスクが少ない

デメリット/副作用

・1日のほとんど(22時間程度)アライナーを装着する必要がある
・むし歯や被せ物の治療が途中で発生すると、マウスピースの修正が必要になる。

治療期間

部分矯正の場合は、3ヶ月〜半年
全顎矯正の場合は、2年程度

費用相場

部分矯正の場合は、30〜40万円
全顎矯正の場合は、70〜100万円

※治療期間や費用は治療の手法によって大きく異なる場合があります。

注意点

インビザラインは、日本の医薬品医療機器等法(薬機法)において認証・承認を得ていない医薬品/医療機器であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。治療を受ける前に、リスク、副作用、入手経路、諸外国における安全性等に係る情報等の説明を十分に受けたうえ、自己責任のもとで治療されることをお勧めいたします。