裏側矯正(舌側矯正)とは

公開日:2021/01/06  更新日:2021/10/07

裏側矯正とは

裏側矯正とは、歯の裏側(舌側)に矯正装置を取り付け、歯並びや噛み合わせを整える矯正方法です。舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれ、歯の裏側にワイヤーを掛けるため、口を開けても矯正中であることがわかりにくい特徴があります。

メリット

・矯正装置が表側から見えないため、歯の表面にワイヤーを装着する方法と比べて審美性が高い
・歯の裏側は唾液の循環が活発なので、器具を装着していてもむし歯になりにくい
・矯正装置により唇やほおに引っかかることがない
・対応できる症例が幅広い

デメリット/副作用

・技術面で難易度が上がるため、表側にワイヤーを装着する矯正方法よりもコストが高くなる
・舌側に装置があるので、はじめは違和感が大きい。
・矯正装置が見えないので、歯磨きに時間がかかる
・装置に慣れるまで発音がしにくい
・食べ物が矯正装置にはさまりやすい
・舌にアフタなど口内炎ができる可能性がある

治療期間

一般的な治療期間は2~3年程度(症例による)

費用相場

奥歯を含む全体の裏側矯正は80~130万円程度ですが、症例や治療期間によって異なります。
別途検査費用、調整料金がかかる場合があります。

※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります