部位ごとの症状から調べる

腰が痛い

腰が痛い

腰がずきずきと痛い、固まったようになり動かせないなどの状態を指します。腰の痛みは。厚生労働省が行う「2019年 国民生活基礎調査」においてでは、男性は第1位、女性は第2位に挙げられている腰痛の自覚症状を挙げているのです。

なお、腰痛は病名ではなく「腰が痛い」「腰に不快感がある」などと感じる症状の名称です。これらには職業や生活習慣、ストレスなどが深く関わっています。

腰痛は腰が痛いと感じるだけでなく、お尻や足の痛みやしびれ、発熱、下肢に力が入らない、尿漏れがあるなどの症状が伴うことがあります。

腰痛の約85%は非特異的腰痛で、原因がはっきりと特定できない腰痛です。残りの約15%は以下のような病気が原因と言われています。。椎間板ヘルニアや急性腰痛症(ぎっくり腰)、脊柱管狭窄症、圧迫骨折、感染性脊椎炎、がんの脊柱転移、大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科の病気などです。

すぐ病院に行ったほうが良い「腰が痛い」症状は?

  • 歩く事ができないほどの激しい痛みがある場合
  • 転んだりぶつけたりしたというようにきっかけが明確で、痛みが激しい場合
  • 血尿や排尿時の痛みがある場合

これらの場合には、すぐに病院受診しましょう。

行くならどの診療科が良い?

主な受診科目は、整形外科です。

問診や診察のほかに、画像検査(レントゲン、MRI)、血液・尿検査、筋電図検査などを行います。内臓疾患が疑われる際には、必要に応じて、超音波検査やCT検査なども追加される可能性があります。

病院を受診する際の注意点は?

持病があって内服している薬がある際には、医師へ申告しましょう。

すぐに病院を受診できない場合には、市販の消炎鎮痛薬の内服や湿布の貼付でも痛みが緩和されます。

治療をする場合の費用や注意事項は?

保険医療機関の診療であれば、保険診療の範囲内での負担となります。

腰痛の症状の病気

関連する病気

  • 脊椎腫瘍
  • 脊髄腫瘍
  • 馬尾腫瘍
  • 化膿性椎間板炎
  • 化膿性脊椎炎
  • 脊椎カリエス
  • 脊椎外傷(脊椎骨折)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離すべり症
  • 腰椎変性すべり症
  • 骨粗鬆症
  • 骨軟化症
  • 側弯症
  • 後弯症
  • 後側弯症
  • 強直性脊椎炎
  • 乾癬性腰痛
  • 変形性股関節症
  • 脊柱靱帯骨化
  • 腎結石
  • 尿路結石
  • 腎盂腎炎
  • 卵巣嚢腫
  • 卵巣捻転
  • 妊娠
  • 腹部大動脈瘤
  • 解離性大動脈瘤
  • 胆嚢炎
  • うつ病
  • ヒステリー

この記事の監修医師