部位ごとの症状から調べる

手のしびれ

手のしびれ

主に通常感じている手の感覚が失われたり過敏になったり、思ったように動かすことができなくなる状態を指します。手がジンジンする、手のひらの親指側半分だけがしびれる、手のひらの小指側半分がしびれる、両手足がしびれるなど、手のしびれの症状もさまざまです。「手のしびれ」の症状は、しびれかたやしびれた時間、部位、範囲、ほかにしびれがないかによって、予想される病気が変わります。

手のしびれの原因は、首や腕、肘、手首、指先などの体の中を巡る神経のどこかの部分が圧迫されているためです。朝起きたときに手が体の下になっていたときに起こるような一時的なしびれの場合は、血行が一時的に悪くなることが原因で起こるため心配はいりません。

手のしびれが主症状の代表的な病気には、手根管症候群、胸郭出口症候群、肘部管症候群、橈骨神経麻痺があります。これらの病気は指の一部分に痛みを感じたり、手首を曲げると痛みが伴ったりするのが特徴です。また両手足がしびれる場合には、末梢神経や頚椎疾患の変性疾患、片側の手足がしびれる場合は脳腫瘍や脳血管疾患の可能性があります。

すぐ病院に行ったほうが良い「手のしびれ」症状は?

  • 手足の筋力が低下している(麻痺がある)場合
  • 激しい頭痛やめまい、嘔吐などがある場合

これらの場合には、すぐに病院受診しましょう。

行くならどの診療科が良い?

主な受診科目は、整形外科、脳神経内科、脳神経外科です。

問診や診察のほかに、誘発テスト、超音波検査、画像検査(レントゲンやCT、MRI)、筋電図検査などを行います。

病院を受診する際の注意点は?

持病があって内服している薬がある際には、医師へ申告しましょう。

しびれはいつからある症状なのか、どのようなしびれか(ピリピリするとか感覚が鈍いなど)、しびれの範囲、常にしびれているのか、手を動かしたときにしびれるのかなどを細かく医師に伝えましょう。

治療をする場合の費用や注意事項は?

保険医療機関の診療であれば、保険診療の範囲内での負担となります。

手のしびれ症状の病気

関連する病気

  • 手根管症候群
  • 胸郭出口症候群
  • 橈骨神経麻痺
  • 肘部管症候群
  • 変形性頸椎症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 脊髄空洞症
  • 腱鞘炎
  • ビタミンB1欠乏症
  • 糖尿病性神経症
  • 頚椎後縦靱帯骨化症
  • 脳腫瘍
  • 脳出血
  • 多発性硬化症
  • レイノー病
  • バージャー病

この記事の監修医師