部位ごとの症状から調べる

無月経

無月経

無月経とは、生理不順のひとつで、妊娠以外で生理が3カ月以上こない状態を指します。

通常、生理周期は25〜38日が正常ですが、さまざまな原因で生理周期が短くなったり長くなったりします。普段の生理周期から数日ずれる程度であれば問題ありませんが、極端に短くなったり長くなったりする場合には、以下のように分類されます。

  • 頻発月経:生理周期が24日以内
  • 稀発月経:生理周期が39日以上
  • 無月経:生理周期が90日以上

無月経には2種類あります。

1つ目は、妊娠以外で3カ月以上月経のこない続発性無月経です。続発性無月経の原因は、過度のダイエットや肥満、ストレスなどにより女性ホルモンのバランスが崩れることや、女性ホルモンをコントロールしている脳下垂体の腫瘍や内科系の病気が原因です。

2つ目は、18歳以上になっても1度も月経のない原発性無月経です。原発性無月経は、染色体異常や腟、子宮の奇形、ホルモン異常などが原因と考えられています。

3ヶ月以上生理がこない場合は、まずは妊娠の有無を確認しましょう。

すぐに病院に行った方が良い「無月経」症状は?

無月経だけでは緊急性はありませんが、妊娠している可能性がある場合、不妊で悩んでいる場合には、早めに病院受診を検討しましょう。

行くならどの診療科が良い?

主な受診科目は、産婦人科です。

問診、診察、尿検査、妊娠反応検査、血液検査、経膣超音波検査、画像検査(CT、MRIなど)などが実施される可能性がます。

病院を受診する際の注意点は?

持病があって内服している薬がある際には、医師へ申告しましょう。

いつから無月経であるのか、月経周期や妊娠・出産歴、他に症状はあるのかなどを医師へ伝えましょう。

治療する場合の費用や注意事項は?

保険医療機関の診療であれば、保険診療の範囲内での負担となります。

無月経症状の病気

関連する病気

  • 処女膜閉鎖症
  • 膣閉鎖・膣欠損症
  • 膣中隔症(膣横中隔)
  • 頚管閉鎖症
  • 先天性子宮欠損症
  • 結核性子宮内膜炎
  • 幼児期Asherman症候群
  • 純型性腺形成異常(46XO)
  • Turner症候群
  • 卵巣形成異常
  • 原発性FSH不応症候群
  • 真性半陰陽
  • 仮性半陰陽
  • 副腎性器症候群
  • 精巣女性化症候群
  • 視床下部性原発性無月経
  • Kallmana症候群
  • frohlich症候群
  • Laurence-Moon-Biedl症候群
  • 間脳性腫瘍
  • 頭蓋咽頭腫
  • 脳底動脈瘤
  • Chiari−Frommel症候群
  • Argonz−del−Castillo症候群
  • 薬剤性(ドパミン拮抗薬、セロトニン増加薬など)
  • 心因性
  • GnRH欠損症
  • Sheehan症候群
  • 下垂体腫瘍
  • 早発卵巣機能不全
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 異所性ホルモン分泌腫瘍

この記事の監修医師