【2021年】横浜市南区の眼科♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/06/15  更新日:2021/06/29

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

横浜市南区で評判の眼科をお探しですか?
横浜市南区は神奈川県の区のひとつで、日曜診療や、夜間診療に対応しているなど様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、横浜市南区でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

横浜市南区で評判のおすすめ眼科6医院!

六ツ川眼科医院

  • バス停留所から徒歩1分

六ツ川眼科医院photo

バス:引越坂 下車 徒歩1分
京急本線 弘明寺 車で5分
JR横須賀線・湘南新宿ライン 東戸塚駅 車で12分

神奈川県横浜市南区六ツ川3-75-33

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※予約優先制
※祝日の翌日が日曜日の場合は休診となります。

六ツ川眼科医院はこんな医院です

六ツ川眼科医院photo

六ツ川眼科医院では、結膜炎などの突発的なトラブルやドライアイなどの慢性的な目のお悩みを診る一般的な眼科治療をはじめ、眼鏡・コンタクトレンズの処方なども実施されています。加えて、緑内障・糖尿病性網膜症・眼の腫瘍・ぶどう膜炎・角膜潰瘍などの早期診断やレーザー治療を実施し、多岐に渡る治療が提供されているそうです。若い患者さんの場合には、パソコンやスマートフォンを使用することで目を酷使している場合が多いため、日常生活で気を付けるべき点などのアドバイスを行い、目の健康を維持できるようにサポートされています。また、高齢の方は目の病気が生活習慣病などとも深く関係するとのことで、患者さんの話に耳を傾け寄り添った治療が行われています。院長は大学病院で、角膜感染症とぶどう膜炎などの診断と治療を中心に行われていたそうです。そうした大学病院での診療経験を活かした治療が行われており、土曜日・日曜日も12時まで診療しているので、平日は学校や仕事が忙しい方も治療に通いやすいでしょう。

六ツ川眼科医院の特徴について

六ツ川眼科医院photo

・病気の早期発見に尽力!

六ツ川眼科医院には視能訓練士が在籍しており、視能矯正や視機能の丁寧な検査が行われています。専門的な知識を持つ視機能のスペシャリストによる検査を受けられるのは、安心できるポイントではないでしょうか。また、視野計やOCTなど様々な検査機器を導入することで、自覚症状のない目の病気に対しても、早期発見・早期治療に努められています。気になる症状がない方も、目の健康を維持するために定期的に検査を受けてみてはいかがでしょうか。

・地域のかかりつけとして尽力!

目のことで不安に感じたり違和感があったりする際に、地域の患者さんが最初に相談できる、かかりつけ眼科医となれるよう尽力されています。患者さんの症状により、高度な治療が必要となった場合には、目の疾患だけでなく、住んでいる場所なども考慮し、適切な治療を行える医療機関を紹介してくれるそうです。目について気になる症状がある方は、相談してみてはいかがでしょうか。

・目の腫瘍の相談に対応!

目の腫瘍に関しては発症頻度が比較的少なく、診療した経験のある眼科医も少ないので、眼科以外の分野を得意とする医師が診断や治療を行っているのが現状なのだそうです。六ツ川眼科医院で日曜日の診療を担当している医師は、大学病院や国立がんセンター病院で長年に渡り目の腫瘍についての治療を行った経験のある医師です。豊富な臨床経験を活かした、結膜・眼瞼・眼窩・眼球内の良性腫瘍や、がんに関する相談に対応されています。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら六ツ川眼科医院の紹介ページ

かめざわ眼科

  • バス停留所から徒歩2分

かめざわ眼科photo引用:https://www.kamezawa-ganka.com/

別所宮下バス停留所 徒歩2分
京急本線・横浜市営地下鉄ブルーライン 上大岡駅 車で4分

神奈川県横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

★:9:00~15:00
※土曜日の午後は手術を行っております。
※予約優先制

かめざわ眼科はこんな医院です

かめざわ眼科photo引用:https://www.kamezawa-ganka.com/

かめざわ眼科は一般眼科、小児眼科が設けられ、コンタクトレンズや眼鏡の処方箋から、花粉症・アレルギー性結膜炎の治療、緑内障、白内障、網膜、結膜・まぶたの疾患の治療を行っている医院です。

公式HPには、院内の混雑状況や診療までの目安の時間が掲示されているため、電話などで問い合わせしなくとも、院内の状況を把握しながら、都合に合わせて受診することが可能です。一部の検査は予約がなくとも、その日に受けられます。土曜日、日曜日も診療しているため、ライフスタイルに合せやすく、通いやすくなっていますので、平日お忙しい方にもおすすめです。

また、クリニックビル専用の駐車場に9台分の駐車スペースが設けられており、お車での通院にも便利です。

かめざわ眼科の特徴について

・眼瞼下垂の日帰り手術!

加齢、疾患、先天性などがの理由により、上まぶたが垂れ下がるケースもあります。垂れ下がったまぶたは時に、視野に支障をきたす恐れもあり、黒目にまぶたが半分以上隠れてしまった場合には、点眼などでは症状は改善されないため眼瞼下垂手術が必要だと言われています。

かめざわ眼科では、手術には炭酸レーザーメスを活用し出血を最小限に抑え自然な仕上がりになるように配慮されていますので、負担を最小限に抑えたい、自然な仕上がりを希望される方におすすめです。片眼30分、両目60分程度で手術が完了するため、日帰り手術が可能です。(※術前・術後の経過観察が必要です)

・コミュニケーションを重視!

患者さんの治療や手術に対する不安や恐怖心を和らげるために、医師やスタッフ一同、話しやすい雰囲気を作ることを心がけ、コミュニケーションを積極的に行っています。また、治療前には必ず疑われる疾患等の説明を、患者さんの不安な気持ちに寄り添いながら行っています。

必要とされる検査、身体の負担を最小限に抑えた治療法を提案し、患者さんに同意を得た上で、治療を行っています。事前の説明が十分なことからも、安心して治療を受けることができ、病院が苦手な方にもおすすめです。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらかめざわ眼科の紹介ページ

井土ヶ谷眼科クリニック

  • 駅徒歩2分

井土ヶ谷眼科クリニックphoto引用:https://idogaya-ganka.com/

京急本線 井土ヶ谷駅 徒歩2分

神奈川県横浜市南区南太田4丁目13-25

診療時間
10:00~13:00
14:00~18:00

★:黄斑メディカル外来(完全予約制)

井土ヶ谷眼科クリニックはこんな医院です

井土ヶ谷眼科クリニックは開院30周年を迎え、地域の眼のかかりつけ医として、不安を抱える患者さんの立場に立ちながら、適格な診断・治療に当たられています。

一般眼科、小児眼科(新生児可)に対応しているため、大人から小さなお子さままで幅広い患者さんの眼の健康のサポートを行っています。広い待合室、清潔感のある診察室、検査室が設けられ、細隙灯顕微鏡、視野検査計・眼底カメラ、OCTなどの設備が整っています。

玄関口には専用のスロープ等が設けられ、車椅子を利用する患者さんや、ベビーカーで来院でき、寝たきりなどの理由により、来院が難しいケースに限り往診もお願いすることができます。

井土ヶ谷眼科クリニックの特徴について

・幅広い眼疾患に対応!

眼鏡、コンタクトレンズの処方箋、眼精疲労、ものもらい、結膜炎、ドライアイ、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症など、さまざまな眼疾患の診断、治療が可能であり、疾患によってはレーザー治療を実施し、心身ともに患者さんの負担を抑えることを心掛けています。

また、治療に対する恐怖心、不安感、疑問点などをじっくりとお伺いし、患者さんに安心して治療を受けられるように、コミュニケーションを大切にしながら治療に当たられていますので、病院が苦手な方でも気軽に受診できる医院です。

・早期発見に繋げる黄斑メディカル外来の開設!

加齢黄斑変性症に対する硝子体内注射治療なども行っています。黄斑変性症は、自覚症状が著しく、物がゆがんで見える、中心がグレーかかって見えるなどが挙げられます。比較的、発見に繋がりやすい疾患の1つとされ、早期治療することで、進行を抑制することも可能な疾患です。

気になる症状がある方は黄斑メディカル外来として水曜日午後、完全予約制で治療を行っていますので、ぜひ相談してみてください。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら井土ヶ谷眼科クリニックの紹介ページ

横浜みなと眼科

  • 駅徒歩4分

横浜みなと眼科photo引用:https://yokohama-minato-eye.jp/

横浜市営地下鉄ブルーライン 阪東橋駅 徒歩4分

神奈川県横浜市南区浦舟町4-47-2 メディカルコートマリス3階

診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30

★:手術のみ

横浜みなと眼科はこんな医院です

横浜みなと歯科は眼科一般、内科疾患の影響による眼症状の診断・治療、加齢黄班変性症、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、眼精疲労、コンタクトレンズ・眼鏡処方、多焦点など、さまざまな眼疾患に対応している医院です。

外来検査機器として3次元眼底像撮影装置、角膜形状解析・屈折解析装置や、白内障手術前検査機器・白内障手術機器、レーザー機器としてビズラスヤグレーザー装置などが設けられてます。火曜日、木曜日の午後は手術のみとなり、一般外来は行っていないため、来院の際には注意が必要です。

また、医院周辺には契約パーキングの用意があり、受付で申告すると1時間サービス券が発行されるので、車での通院もしやすい医院です。

横浜みなと眼科の特徴について

・コンタクトレンズは院内処方!

横浜みなと眼科は、高度管理医療機器に指定されているコンタクトレンズの院内処方のみとなり、院外処方は行っていません。遠近両用コンタクトレンズ、特殊コンタクトレンズのご用意もあるため、患者さんの視機能に合せた、コンタクトレンズをお選びいただけます。

また、初めてコンタクトレンズを使用される方には、使い捨てコンタクトレンズをおすすめしていますが、重度の乱視である場合や、円錐角膜と診断されている方などの場合には、患者さんの視機能やライフスタイルに合うコンタクトレンズをご提案してくれるため、どのレンズがいいのか分からない、そんな方におすすめの医院です。

・日本眼科学会認定の眼科専門医!

院長は、日本眼科学会の眼科専門医です。日本眼科学会の眼科専門医は、日本眼科学会が定める基準を満たした眼科研修施設で5年以上、診察、検査、治療、手術などのトレーニングを受け、手術に至っては100例以上の豊富な経験がなければ、認められない厳しい基準をクリアしています。

また、眼科専門医認定試験(筆記・実技)は年に1度実施され、合格できなければ、認定医の資格を継続することがでず、この点からも確かな技術を用いて治療に当たられていることが見受けられます。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら横浜みなと眼科の紹介ページ

弘明寺清水眼科

  • 駅徒歩4分

京急本線 弘明寺駅 徒歩4分

神奈川県横浜市南区六ッ川1-70-9

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:14:30~17:00

弘明寺清水眼科はこんな医院です

弘明寺清水眼科は眼科一般、日帰り内視鏡手術、まぶた・結膜の手術、レーザー治療、眼鏡処方、ドライアイ、アレルギーなど眼に関する疾患全般の診断・診療を行っている医院です。(※術前・術後の経過観察が必要です)

先代の院長が30年ほど前に開院した医院であり、地域に密着し、親しみやすい眼科を目指し治療に当たられています。現院長は、白内障や網膜疾患の手術の経験が豊富にあり、症状に対する不安や、疑問点に答えながら丁寧な治療を心掛けていらっしゃいます。

院内はバリアフリーとなっており、エレベーター、車椅子対応のトイレ、小さなお子さま連れの患者さんにもご利用していただける、ベビーシートのご用意もあります。指定のコインパーキングであれば、受付時に申告することで、サービス券が発行されいます。

弘明寺清水眼科の特徴について

・気軽に相談できるこどもの近視相談!

近年パソコンやゲームの普及により、お子さんの近視が増えている傾向にあります。リモート学習なども導入され、手元で行う作業が増えることで拍車がかかり、さらにお子さまの近視リスクが高まっていくとも言われています。

そんなお子さまの近視でお悩みの保護者さまを対象にした相談会も行われているため、気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。

・レーザーと高周波メスによって負担を抑える!

患者さんの負担を抑えられるレーザー機器であるPASCAL Streamline Yellowの用意があり、緑内障、網膜疾患の手術を行っています。また、まぶたの手術用に高周波メスを用意し、手術中の出血を最小限に抑え、術後の腫れも少なくすることが可能ですので、痛みや腫れを少しでも抑えたいと考える方におすすめです。

また、手術室は感染対策が施され、ヘパフィルターを活用することで、空気中の細菌の量を減らし、清潔感のある空間となっています。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら弘明寺清水眼科の紹介ページ