【2021年】横浜市の斜視治療♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/02/01

横浜市で評判の斜視治療対応クリニックをお探しですか?
横浜市は神奈川県の市のひとつで、日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍していたり、日曜診療に対応しているなど様々な斜視治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、横浜市でおすすめの斜視治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2021年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

横浜市で評判のおすすめ斜視治療対応クリニック6医院!

スマイル眼科クリニック

  • 駅徒歩1分

スマイル眼科クリニックphoto引用:https://www.smile-eye.com/

東急田園都市線 青葉台駅 徒歩1分

神奈川県横浜市青葉区青葉台1-6-12 カンゼームビル4F

診療時間
11:00~13:45
15:00~19:00

★:15:00~18:00
※手術日は17:00または17:30で受付終了します。(月3回)

スマイル眼科クリニックはこんな医院です

スマイル眼科クリニックphoto引用:https://www.smile-eye.com/

患者さんへ優しくわかりやすい診療が行われているスマイル眼科クリニックは、幅広い年代の患者さんへ適した診療に尽力されている眼科クリニックです。ドライアイやものもらいなどの一般的な眼科診療から、斜視や弱視、白内障など年代によるお悩みにも応えています。

中でも斜視・弱視の治療は年間800件を超える実績を保ち、視能訓練士も多く在籍しているそうです。院内はバリアフリー設計になっておりキッズスペースもあるため、小さなお子さまも楽しみながら通院できるでしょう。

田園都市線 青葉台駅より徒歩1分と駅近、お車で来院の場合は近隣のコインパーキングが利用可能です。診療時間は水曜日と祝日を除き、11時~13時45分/15時~19時です。

スマイル眼科クリニックの特徴について

・年間800件近い斜視治療!

毎年800件を超える斜視・弱視訓練を行っているスマイル眼科クリニックは、2019年度累計で5974件の治療実績があるそうです。斜視や弱視を専門的に治療する視能訓練士が多く在籍し、お子さま1人ひとりにあった治療プログラムの考案をしてもらえます。

治療は矯正眼鏡や自宅での視能訓練などがあり、お子さまへの負担を考えて少しずつ行われるそうです。場合によっては手術が適応されるケースもあるそうで、その場合には東京大学附属病院など適した医療機関を紹介してもらえます。

・視能訓練士が毎日対応できる医院!

スマイル眼科クリニックでは視能訓練士が5名在籍しており、患者さんのスケジュールに合わせて毎日対応できるような体制が整えられています。訓練は通常の診療よりも長くなってしまうため完全予約制となっており、電話での予約が必要です。(2021年1月現在)

各種検診で斜視を指摘された場合はもちろん、ご両親が斜視や弱視がある場合や目の位置が気になるなど、ささいなことでも相談できるそうです。診療は30分程度で終わるそうなので、お子さまへの負担も少なく済むでしょう。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらスマイル眼科クリニックの紹介ページ

塚原眼科医院

  • 駅徒歩1分

塚原眼科医院photo引用:https://www.tsukahara-eye.com/

相鉄線 二俣川駅 北口 徒歩1分

神奈川県横浜市旭区二俣川1-5-38 FSビル2F

045-363-1102

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※最終受付は終了の30分前です。

塚原眼科医院はこんな医院です

塚原眼科医院photo引用:https://www.tsukahara-eye.com/

塚原眼科医院はかかりつけ眼科医として、患者さんへ真摯な診療を行っている眼科クリニックです。専門性の高い治療が可能な医師や視能訓練士が多く在籍しており、質の高い治療を提供されています。

一般的な眼科診療を始め、白内障手術や斜視・弱視の治療、網膜剥離など目のお悩みに幅広く対応されているそうです。中でも斜視は精密検査を行い、原因を追求してから患者さんにあった診療を考案してもらえるでしょう。

相鉄線二俣川駅 北口より徒歩1分とアクセスしやすい立地です。診療時間は9時~12時/15時~18時、土曜日も午前診療が行われているので、平日の通院が難しい方も通いやすいのではないでしょうか。

塚原眼科医院の特徴について

・4名の視能訓練士によるサポート!

4名の視能訓練士が在籍している塚原眼科医院は、斜視や弱視の治療に尽力されているそうです。斜視は左右の目が違う方向を見てしまう症状で、目を動かす筋肉や神経の異常である場合が多いと考えられています。(2021年1月現在)

遠視である場合も多く、視能訓練士によって視力矯正や目の筋肉を鍛える訓練が提供されています。検診で指摘された場合やお子さまの目が気になる場合は、ぜひ1度受診されてみてはいかがでしょうか。

・原因から治療する斜視治療!

塚原眼科医院では斜視の原因を探るために、全身の検査やMRIなど精密検査を行うケースがあるそうです。目を動かす筋肉や神経の異常が原因である場合が多いそうですが、稀に全身や脳の病気で斜視になってしまう場合があると言われています。

治療は年齢に応じて異なるそうですが、一般的に眼鏡を使った視力矯正が効果的で弱視も予防できるでしょう。眼鏡で改善ができない場合は手術なども検討し、お子さまの負担の少ない治療を提案してもらえるそうです。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら塚原眼科医院の紹介ページ

新横浜あおい眼科

  • 駅徒歩3分

新横浜あおい眼科photo引用:https://aoi-ganka.clinic/

横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 8番出口 徒歩3分
JR横浜線・東海道新幹線 新横浜駅 北口 徒歩3分

神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-16 367新横浜4階

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:00

★:14:00~16:00
※予約優先制

新横浜あおい眼科はこんな医院です

新横浜あおい眼科photo引用:https://aoi-ganka.clinic/

新横浜のかかりつけ眼科を目指している新横浜あおい眼科は、良心的な診療が提供されている眼科クリニックです。新しい設備や治療法を積極的に導入し、院内も快適に過ごせるようリラックスできる環境づくりに注力されています。

一般的な歯科診療を始め、斜視・弱視や白内障、お子さまの近視など多岐に渡り対応されているそうです。映像がダブっていたり目が疲れやすかったり、患者さんでも気づきにくい隠れ斜視の治療も行われています。

JR新横浜駅 北口より徒歩3分とアクセスしやすい立地です。診療時間は9時30分~13時/15時~18時、土曜日も16時まで診療が行われています。休診日は水曜日・日曜日・祝日です。

新横浜あおい眼科の特徴について

・隠れ斜視にも丁寧な診療!

斜視は片目がまっすぐ前を見ていても反対側の目が違う方向を向いている症状を指しますが、稀に片目のときに症状が現れる場合があると言われています。普段は気にならない斜視も両目を使わない状況で感じる隠れ斜視は、知らずの内に目が疲れやすくなってしまうそうです。

隠れ斜視の場合も、眼鏡矯正や視能訓練によって改善が期待できるそうなので、違和感を感じている方は医師へ相談してみてはいかがでしょうか。

・斜視治療で肩こりや頭痛を解消!

新横浜あおい眼科では、肩こりや頭痛の原因になりやすい斜視の治療に尽力されています。プリズムレンズを用いた眼鏡を用いる治療が主に行われており、症状によって適した治療法が異なるそうです。

斜視はそのままにしておくと、映像がダブって見えてしまったり疲労感を感じやすかったりと、さまざまな不快感を感じやすいと言われています。目の位置が気になる方や肩こりなどで悩んでいる方は、1度相談されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら新横浜あおい眼科の紹介ページ

横浜鶴見中央眼科

  • 駅徒歩1分

横浜鶴見中央眼科photo引用:https://www.chuoh-eye-clinic.com/group/tsurumi/

JR鶴見線・京浜東北線 鶴見駅 徒歩1分

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-2-1 第2日野ビル5F

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00

※予約優先制

横浜鶴見中央眼科はこんな医院です

横浜鶴見中央眼科photo引用:https://www.chuoh-eye-clinic.com/group/tsurumi/

わかりやすいカウンセリングが特徴の横浜鶴見中央眼科は、充実した設備環境を整えている眼科クリニックです。積極的に医療機器の導入や新しい治療法の採用を行い、患者さんへより適した治療を提供されています。

診療内容は一般的な眼科診療を始め、斜視や弱視の改善治療、お子さまの眼科診療など年代問わず幅広い診療を行っているそうです。斜視治療は小さなお子さまも安心して受診できるように、視能訓練士が優しく丁寧な対応をしてもらえるので、保護者の方も安心ではないでしょうか。

交通アクセスはJR鶴見駅東口目の前とアクセスしやすい立地です。診療時間は9時30分~13時/14時30分~18時、土曜日・日曜日・祝日も午前診療が行われているので忙しい方も通院しやすいでしょう。

横浜鶴見中央眼科の特徴について

・視能訓練士による専門的な小児眼科治療!

横浜鶴見中央眼科では視能訓練士が在籍していて、お子さまの目の症状を丁寧に行っているそうです。治療を怖がってしまうお子さまにも優しく丁寧に時間をかけて対応してもらえるので、保護者の方も安心して受診できるでしょう。

斜視や視野検査など検査を怖がってしまうお子さまには普段の写真を見せることで診断してもらえるそうなので、気になる症状が出たら撮影が推奨されているそうです。

・眼鏡矯正から始まる斜視治療!

斜視の治療は原因によって異なると考えられており、遠視や目の筋肉が原因の場合は眼鏡やコンタクトレンズの使用で改善が期待できるそうです。視力が矯正されることで、特に遠視の場合は効果的だと考えられています。

ほかにも眼鏡にプリズムと呼ばれる樹脂を入れ、光を屈折させて両目の機能を向上させる治療法も提供されています。眼鏡であれば気軽に治療が開始できるそうなので、斜視が気になる方は1度受診されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら横浜鶴見中央眼科の紹介ページ

きくな湯田眼科

  • 駅徒歩1分

きくな湯田眼科photo引用:https://www.yudaganka.jp/

JR横浜線・東急東横線 菊名駅 東口 徒歩1分

神奈川県横浜市港北区菊名4-3-11

診療時間
9:00~12:00
15:00~17:30

★:15:00~16:30

きくな湯田眼科はこんな医院です

気軽に質の高い治療が受けられるきくな湯田眼科は、コミュニケーションを重視した診療が行われている眼科クリニックです。幅広い年代の患者さんが感じている目の悩みの早期治療に尽力し、安心して受診できる環境づくりに励まれています。

爽やかな青を基調とした雰囲気で、JR菊名駅より徒歩1分と好アクセスです。診療内容は眼瞼下垂や白内障手術を主に、斜視やオルソケラトロジーなど専門性の高い治療にも対応されています。

斜視治療では、自宅でも簡単に判断する方法や視能訓練方法について教えてもらえるため、患者さんもリラックスしながら治療できるでしょう。診療時間は9時~12時/15時~17時30分、休診日は木曜日・日曜日・祝日です。

きくな湯田眼科の特徴について

・弱視も予防する先天性内斜視治療!

乳児に多い先天性内斜視は将来弱視になってしまう可能性が高いため、できるだけ早期の治療が必要になるそうです。治療は眼鏡などを用いて視力矯正を行うケースが多く、年長児にも採用されています。

ぼーっとしている時に多い間欠性外斜視は、普段の生活でお子さまが違和感を感じていなければ急いで治療する必要ないと考えられています。お子さまの症状によって適した治療法を提案してもらえるので、ぜひ1度受診してみてはいかがでしょうか。

・自宅でできる写真の確認法!

きくな湯田眼科では、斜視の判断方法に自宅での写真撮影を推奨されています。フラッシュを焚いて正面から写真を撮影し、フラッシュの光が真ん中からずれていた場合は斜視の可能性が高いそうです。

特にお子さまはクリニックだと緊張してしまって検査がうまくできないケースがあるため、自宅でリラックスした状態での写真撮影がいいと考えられています。両眼視できているかの確認も、特別な器具を使わずに行えるそうです。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらきくな湯田眼科の紹介ページ