【2021年】横浜市青葉区の内視鏡検査♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/06/07  更新日:2021/06/18

横浜市青葉区で評判の内視鏡検査対応のクリニックをお探しですか?
横浜市青葉区は神奈川県の区のひとつで、経鼻内視鏡検査に対応しているなど様々な内視鏡検査対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、横浜市青葉区でおすすめできる内視鏡検査対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

横浜市青葉区で評判の内視鏡検査ができる6医院!

松風台クリニック

  • 駅から車で4分

松風台クリニックphoto引用:https://www.matsukazedai.com/

東急田園都市線 青葉台駅 車で4分

神奈川県横浜市青葉区桂台2丁目1−2 クリエイトS・D青葉松風台店2階

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:30

※内視鏡検査は9:00~13:00/14:00~16:00・第1土曜日9:00~12:00(予約検査のみ)
※予約優先制(内視鏡検査は予約制)

松風台クリニックはこんな医院です

松風台クリニックphoto引用:https://www.matsukazedai.com/

横浜市青葉区に拠点を構える松風台クリニックでは、風邪やインフルエンザなどの一般的な内科診療のほか、健康診断や予防接種などが行われています。胃や大腸の内視鏡検査にも対応しているそうです。
大腸内視鏡検査では、新しい内視鏡システムや炭酸ガスなどを活用して、患者さんに負担の少ない検査が実施されています。鎮痛・鎮静剤を用いて、深いリラックス状態で検査を受けることもできるそうです。
クリニックの敷地には、62台分の駐車場を完備されています。遠方にお住いの方も車で通院しやすいでしょう。胃や大腸に不調を感じている方は、苦痛の少ない内視鏡検査が行われている松風台クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

松風台クリニックの特徴について

・鎮痛・鎮静剤を用いた大腸内視鏡検査!

大腸内視鏡検査は、大腸がんの早期発見だけではなく、将来がん化する恐れのある大腸ポリープを発見する手段としても有効であると言われています。松風台クリニックでは、不快感の少ない大腸内視鏡検査を実施しているそうです。
検査を深いリラックス状態で行うために、松風台クリニックでは鎮痛・鎮静剤が用いられています。検査への抵抗感が強い方に対しては、完全に眠っている間に検査を済ませるように調整することも可能だそうです。大腸内視鏡検査に苦手意識のある方は、松風台クリニックに相談してみるとよいでしょう。

・新しい内視鏡システムを導入!

大腸内視鏡検査が積極的に実施されている松風台クリニックでは、新しい内視鏡システムが導入されています。新しい内視鏡システムの導入により、炎症の状態をより精緻に観察できるようになったそうです。
また大腸内視鏡検査においては、お腹の張りが素早く解消される炭酸ガスが使用されています。患者さんの負担を軽減する検査が実施されているので、大腸内視鏡検査をお考えの方は松風台クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら松風台クリニックの紹介ページ

横浜内科おなかクリニック

  • 駅徒歩2分

横浜内科おなかクリニックphoto引用:https://yokohama-onaka.jp/

東急田園都市線 たまプラーザ駅 北口 徒歩2分

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-4 KMビル2階

診療時間
9:00~11:30
15:30~18:00

※13:00~15:00は内視鏡検査のみ
※午後の最終受付時間は17:30です。
※予約優先制
※検査・健康診断・人間ドック・予防接種は完全予約制

横浜内科おなかクリニックはこんな医院です

横浜内科おなかクリニックphoto引用:https://yokohama-onaka.jp/

内視鏡検査が積極的に行われている横浜内科おなかクリニックは、横浜市青葉区にあるクリニックです。内視鏡検査のほかには、ピロリ菌検査や各種健康診断などが行われています。
内視鏡検査においては、経口と経鼻の両方に対応可能だそうです。経鼻内視鏡検査は鼻への痛みが少なく、吐き気も少ないと言われています。内視鏡検査で強い吐き気を催す方も安心して検査に臨めるでしょう。
待合室はモノトーンの椅子が設えられたシックな空間となっています。診療においては、待合室の混雑を避けるために予約制を導入しているそうです。WEB予約を取り扱われているので、消化器官の不調は横浜内科おなかクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

横浜内科おなかクリニックの特徴について

・経鼻内視鏡検査に対応!

胃内視鏡検査は、胃カメラの名称で親しまれています。胃内視鏡検査には大きく分けて、経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査の2種類があるそうです。横浜内科おなかクリニックでは、経口と経鼻のどちらの内視鏡検査にも対応されています。
経鼻内視鏡検査は鼻を経由してカメラを挿入するので、少ない吐き気で済むと言われています。内視鏡検査に伴う吐き気を強く感じる方は、横浜内科おなかクリニックに相談してみるとよいでしょう。

・内視鏡による胃がん検診を取り扱い!

横浜市では、横浜市在住の50歳以上の方を対象に、内視鏡による胃がん検診を実施しているそうです。横浜内科おなかクリニックでは、一般的な診療に加えて横浜市胃がん検診も取り扱われています。
胃内視鏡検査は、胃がんのほかに胃潰瘍や逆流性食道炎、胃ポリープなどの診断にも有効であると言われています。横浜市にお住まいで、胃に気になる症状がある方は、横浜内科おなかクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら横浜内科おなかクリニックの紹介ページ

近隣エリアのおすすめクリニック[PR]

丸田クリニック丸田クリニック

ささき内科・消化器内科

  • バス停留所から徒歩1分

ささき内科・消化器内科photo引用:https://www.sasaki.clinic/

みすずが丘バス停留所 徒歩1分
東急田園都市線 江田駅 西口 車で3分

神奈川県横浜市青葉区あざみ野南4-5-1 街のお医者さんヴィレッジ内

診療時間
9:00~12:00
15:00~19:00

※検査は予約制です。

ささき内科・消化器内科はこんな医院です

ささき内科・消化器内科photo引用:https://www.sasaki.clinic/

患者さんに寄り添った医療の提供を大切にされているささき内科・消化器内科は、横浜市青葉区にあるクリニックです。生活習慣病や消化器系疾患の診療のほか、在宅医療相談や内視鏡検査などが行われています。
内視鏡検査では、経口、経鼻、鎮静下の手法に対応しているそうです。内視鏡検査に伴う痛みの度合いなどを医師に確認して、自分に合った検査方法を相談できるでしょう。また内視鏡を活用したピロリ菌の検査も行われています。
アクセスは、東急バスみすずが丘で下車して徒歩1分となります。江田駅西口からも徒歩圏内だそうです。食欲低下や血便、胸やけなどの症状がある方は、ささき内科・消化器内科に相談してみてはいかがでしょうか。

ささき内科・消化器内科の特徴について

・さまざまな手法の内視鏡検査を提案!

内視鏡検査は、胃や食道の疾患の早期発見が期待できる検査方法であると言われています。患者さんによって多少異なるものの、検査の所要時間は5分程度だそうです。
ささき内科・消化器内科では、さまざまな手法の内視鏡検査が行われています。経口、経鼻、鎮静下の内視鏡検査を提案しているそうです。自分に合った内視鏡検査を選択できるので、内視鏡検査をお考えでしたらささき内科・消化器内科に相談してみるとよいでしょう。

・ピロリ菌の検査に内視鏡を活用!

ピロリ菌の感染には、胃粘膜の炎症を引き起こす恐れがあると言われています。炎症が進行すると、前がん状態とも呼ばれる萎縮性胃炎を発症する場合もあるそうです。
ささき内科・消化器内科では、内視鏡を活用したピロリ菌の検査が行われています。内視鏡で胃の粘膜を少量採取することで、ピロリ菌がいるかどうかを調べられるそうです。検査とあわせてピロリ菌の除菌治療も実施されているので、胃の調子がすぐれない方は、ささき内科・消化器内科に相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらささき内科・消化器内科の紹介ページ

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

  • 駅徒歩3分

東急田園都市線 たまプラーザ駅 徒歩3分

神奈川県横浜市青葉区新石川3丁目14-12

診療時間
9:00~10:00
16:00~19:00

★:14:00~16:00
※内視鏡検査・手術は9:00~16:00、土曜日・日曜日9:00~14:00
※完全予約制

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックはこんな医院です

「胃がん・大腸がんで亡くなる人をゼロにする」を目標とするたまプラーザ南口胃腸内科クリニックは、横浜市青葉区にあるクリニックです。胃や大腸の内視鏡検査と、検査に伴う診療が行われています。
内視鏡検査においては、デジタルハイビジョン内視鏡やハイビジョンモニターを導入して活用しているそうです。検査前には、一人ひとりに適した量の軽い鎮静剤を注射しているそうです。内視鏡検査に伴う苦しさや痛みの軽減に尽力されています。
また、たまプラーザ南口胃腸内科クリニックでは、胃の不快感や便秘、下痢といった腹部の不調について相談できる「お腹何でも相談室」を設けているそうです。些細な症状の陰に疾患が潜んでいる場合もあるので、たまプラーザ南口胃腸内科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

たまプラーザ南口胃腸内科クリニックの特徴について

・鮮明な画像の内視鏡検査を実施!

胃炎の中に隠れた微細な病変を見つけ出すのは、とても難しい作業であると言われています。微細な病変を探し当てるためには、医療の経験値とハイビジョン内視鏡を使用した詳しい観察が重要だそうです。
たまプラーザ南口胃腸内科クリニックでは、デジタルハイビジョン内視鏡とハイビジョンモニターが導入されています。これらの機器で得られる画像は鮮明で視野が広いため、より精緻に患部を観察できるそうです。内視鏡検査で自身の胃がんのリスクを把握したい方は、たまプラーザ南口胃腸内科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

・苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査を実施!

内視鏡検査は、人によっては吐き気や痛みを伴うと言われています。たまプラーザ南口胃腸内科クリニックでは、痛みの少ない内視鏡検査の実施に徹底的にこだわっているそうです。
内視鏡検査の実施前には、一人ひとりに適した量の軽い鎮静剤が注射されています。鎮静剤の効果で、検査に伴う苦痛を軽減しているそうです。内視鏡検査に対する恐怖心が強い方は、たまプラーザ南口胃腸内科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらたまプラーザ南口胃腸内科クリニックの紹介ページ

杉原クリニック

  • 駅徒歩1分

東急田園都市線 市が尾駅 西口前 徒歩1分

神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1154-2 市ヶ尾プラーザビル1F

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00

※8:00~9:00、13:00~14:00は内視鏡を中心とした検査を行っています。
※最終受付は午前午後とも終了の30分前です。

杉原クリニックはこんな医院です

横浜市青葉区に拠点を構える杉原クリニックでは、一般的な内科診療のほか、がん治療や内視鏡検査など、幅広い診療が行われています。
内視鏡検査においては、検査に伴う苦痛の軽減に努めているそうです。大腸内視鏡検査では、挿入時に空気を入れない無送気軸保持短縮法が採用されています。また胃内視鏡には、従来よりも細い機種を導入しているそうです。
アクセスは東急田園都市線の市が尾駅西口前から徒歩1分です。休診日は木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日となります。複数の医療機関と診療連携が結ばれており、有事の際にも安心できるので、消化器官のお悩みは杉原クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

杉原クリニックの特徴について

・無送気軸保持短縮法による大腸内視鏡検査!

大腸内視鏡検査では、空気または二酸化炭素を注入しながら内視鏡を挿入するループ法が一般的であると言われています。内視鏡で腸が圧迫されるため、ループ法は痛みを伴うことが多いそうです。
杉原クリニックでは、挿入時に空気を入れない無送気軸保持短縮法による大腸内視鏡検査が行われています。大腸を押して伸ばすことが少ないため、無送気軸保持短縮法は苦痛が少ないそうです。より苦痛の少ない大腸内視鏡検査をご希望でしたら、杉原クリニックに相談してみるとよいでしょう。

・鎮静剤を活用した内視鏡検査を実施!

内視鏡検査を扱っている杉原クリニックでは、内視鏡検査に伴う苦痛の軽減に尽力されています。苦痛の少ない内視鏡検査を実現するために、鎮静剤の静脈注射を行っているそうです。
また使用する内視鏡には、従来よりも細いGIF-1200Nという機種が新たに導入されています。GIF-1200Nは、従来の経口内視鏡の約半分の太さだそうです。より苦しくない内視鏡検査をご希望の方は、杉原クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら杉原クリニックの紹介ページ