【2020年】東京都の摂食障害 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2020/11/16  更新日:2020/11/19

東京都で通える摂食障害対応のクリニックをお探しですか?
東京都は、摂食障害対応のクリニックにおいても複数の選択肢があります。クリニックを探すうえで大切な、医院内部の雰囲気、駅からの立地、すでに通ったことがある方からの評価など、多くの判断材料を記事形式でご紹介することを通じて、相性のいい摂食障害対応のクリニックを探し、相性のいい先生探しのお手伝いをしたいと考えています。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめできる摂食障害対応のクリニックをご紹介いたします。
※2020年11月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判の摂食障害対応のクリニック6医院

クリニック・ハイジーア

  • 駅徒歩5分

クリニック・ハイジーアphoto

JR山手線 原宿駅 徒歩5分
東京メトロ千代田線・東京メトロ半蔵門線・東京メトロ銀座線 表参道駅 徒歩5分

東京都渋谷区神宮前5-13-2 パインアンダーフラット3F

診療時間
10:00〜18:00

※完全予約制
クリニック・ハイジーアは、栄養療法による摂食障害治療で15年間の実績があります。

クリニック・ハイジーアはこんな医院です

クリニック・ハイジーアphoto

過食症は治らない!と、諦めていませんか?
過食で悩んでいる患者さまは、「過食したくないと頭では分かっていても、スイッチが入って過食が始まると、自分では止めることがでない!」と訴える方がほとんどです。
過食症状を起こしている原因は、心の問題ではなく、体に原因があるため、過食衝動を自分の意志でコントロールすることはできないのです。
クリニック・ハイジーアでは、栄養療法で過食症を根本的に治療しています。
過食症を引き起こすきっかけを患者さまに質問すると「ダイエット!」と答える方がほとんどです。過食症状をお持ちの患者さまは、無茶な自己流ダイエットで現代型栄養失調を引き起こしているため、栄養療法は有効な治療です。
そして、スイッチが入って過食衝動が起きるのは、反応性の低血糖症が原因です。
そして血糖値が不安定だと、血糖値を戻そうとして様々なホルモンが分泌されます。問題なのは、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンです。
アドレナリンが分泌されると、攻撃的になったり、イライラしたりします。その反対に、ノルアドレナリンが分泌されると、落ち込んだり、うつ症状を呈します。
過食症状をお持ちの方は、感情的にも不安定になってしまいます。

このように、クリニック・ハイジーアは心療内科や精神科のお薬を使わずに、独自の方法で過食症の治療をおこなっているクリニックです。
過食症状で悩んでいる方は、誰にも相談できずに、一人で悩んでいませんか?
治療の前には、患者さま一人ひとりに、丁寧に栄養療法について説明をしてくれるので、納得して治療を受けられます。
診察時間もしっかり確保してくれるので、安心ですね。
完全予約制なので、事前にお電話にて予約が必要です。

クリニック・ハイジーアの特徴について

・クリニック・ハイジーアの拒食症の治療とは

クリニック・ハイジーアでは、過食症だけでなく拒食症の治療も栄養療法にておこなっています
拒食症は過食症の前段階であり、拒食症から過食症に転じるケースがほとんどとのこと。過食に転じてしまうと、太りたくないために嘔吐を繰り返したり、または、嘔吐しないタイプでは元の体重以上にリバウンドして太ってしまう方が多いそうです。
過食症に転じる前に早めに治療することを、クリニック・ハイジーアではお勧めしています。
辛くないダイエット方法や、正しい食べ方を学べる、管理栄養士による食事指導もおこなっています。
過食症、拒食症でお悩みの方は、一度相談してはいかがでしょうか?

もう少し詳しくこの摂食障害対応のクリニックのことを知りたい方はこちらクリニック・ハイジーアの紹介ページ

OBO CLINIC

  • 駅徒歩1分

OBO CLINICphoto

JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅 早稲田口 徒歩1分
東京メトロ東西線 高田馬場駅 4番出口 徒歩1分

東京都新宿区高田馬場2-16-6 宇田川ビル5F

診療時間
10:00〜11:30
14:00〜18:00

★:第1・第3・第5のみ
※完全予約制
※電話予約は10:00~18:00までとなります。

OBO CLINICはこんな医院です

OBO CLINICphoto

新宿区高田馬場にあるOBO CLINICは、JR山手線・西武新宿線の高田馬場駅の早稲田口、東京メトロ東西線の高田馬場駅の4番出口からそれぞれ徒歩1分の場所に位置している、駅近で通いやすい立地にあるクリニックです。高田馬場付近にお住まい、お勤めの方だけでなく、埼玉、千葉、神奈川など離れた場所にお住まいの方も通っていただきやすいでしょう。

診療時間は、午前10時〜11時半と午後14時〜18時の二部制です。木曜日午前、土曜日午後、第2・第4土曜日、日曜日、祝日は休診日となります。完全予約制での診療が行われていますので、事前にお電話でご予約ください。電話予約受付時間は10時〜18時です。予約なしで診療を受けられる日もあるそうなので、すぐ診てもらいたいというかたも安心です。詳しい時間についてはクリニックにお問い合わせください。

生き方を変える、自分を変えるという根本療法を診療方針とし、患者さんとの対話を重視した診療が実施されています。診療科目は、うつ病の治療など、精神科、診療内科の診療が行われており、摂食障害にも対応されています。

OBO CLINICの紹介動画

OBO CLINICの特徴について

・多角的・多方面からの治療的アプローチによる摂食障害の根本治療!

摂食障害は、育った家庭環境や、親子の関係性、ご自身の対人関係などの要素が複雑に絡み合って発症する病気のため、薬を投薬するなどの対症療法だけで改善するのが難しい病気です。様々な要因が影響してくるため、患者さんご自身や、ご家族前端いの自己肯定感を高め、自分自身への根本的な認知を変えていく根本治療が必要となってきます。OBO CLINICでは、医師の診察のほか、カウンセラーによるカウンセリング、必要に応じて集団精神療法などを実施し、多角的・多方面からの治療的アプローチを総合的に行われています。

摂食障害の原因として考えられる、家族関係の改善、ご自身の対人関係の改善を通じて、最終的な病気の完治を目指されているクリニックです。

・治療から実践までカバーした様々なアプローチ!

診察やカウンセリングは、1対1で考え方の歪みを具体的に改善していく治療です。カウンセリングでは、“自分関係のゆがみ”に気づき、自分自身で治していく方法を身につけられるようにサポートされています。自己抑制や自己否定の癖に気づき、内面的認知行動療法を通して本来の自分らしさを育てていきます。

また、グループ療法では、診察やカウンセリングで治療したことを集団の中で実践していくために行われています。他人と良好な関係を築きながら本来の自分をより輝かせ、集団の中や社会の中で自己実現していくためのスキルを身につけていきます。

治療から実践的な部分までサポートされているので、治療だけでなく再発防止の効果も期待できるでしょう。

もう少し詳しくこの摂食障害対応のクリニックのことを知りたい方はこちらOBO CLINICの紹介ページ

市ヶ谷メンタルクリニック

  • 駅徒歩1分

市ヶ谷メンタルクリニックphoto引用:https://ichigaya-mental.jp/

東京メトロ有楽町線・東京メトロ南北線 市ヶ谷駅 A1出口・1番出口 徒歩1分

東京都千代田区九段北四丁目2番22号 市ヶ谷スポーツプラザビル202号室

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

※予約制

市ヶ谷メンタルクリニックはこんな医院です

市ヶ谷メンタルクリニックphoto引用:https://ichigaya-mental.jp/

千代田区九段北四丁目にある市ヶ谷メンタルクリニックは、「私たちは、「今」という変化の時代を生き抜く人を120%応援します。」というコンセプトのもと診療を行われているクリニックです。診療科目は、心療内科・精神科で、摂食障害のほか、うつ病や適応障害、パニック障害、社会不安障害の相談にも対応されています。

都営新宿線・有楽町線・中央本線・南北線が通る市ヶ谷駅のA1出口・1番出口から徒歩1分の場所に位置しており、アクセス良好です。

診療時間は、午前10:00〜13:00と午後15:00〜19:00の二部制です。基本診療となっていますが、柔軟に対応できるように、完全予約制にはされていませんので、お気軽にお電話でご相談ください。水曜日・日曜日・祝日は休診となります。

市ヶ谷メンタルクリニックの特徴について

・摂食障害の治療の考え方をしっかり説明!

摂食障害の相談では初診の際に、摂食障害の治療の考え方の軸の部分を説明されています。しっかり時間を確保して初診にのぞんでいただくためにも、事前にご予約いただいた上での受診を推奨されています。

体調や気分が悪くなると分かっていても食べるのをやめられない方は過食症として、極端な食事制限や運動により低体重になってしまった方は拒食症(神経性無食欲症)として治療が必要な場合があります。お悩みの方は、まずはクリニックにご相談ください。

・NLPセラピーによる摂食障害治療!

治療にはNLPセラピーを取り入れられています。NLPとは、アメリカで開発されたコミュニケーション技法、心理療法技法の体系で、モチベーションを高めたり、自分で適切な達成課題を見つけたりできるよう、個人が自ら成長していくことを目指す治療法です。過食症・拒食症・拒食期と過食期を繰り返す方に有効な治療法で、補助的に薬物治療を併用する場合もあります。

拒食のため生命の危険がある場合などは、身体的な回復を優先し、入院治療が必要となる場合もあります。

もう少し詳しくこの摂食障害対応のクリニックのことを知りたい方はこちら市ヶ谷メンタルクリニックの紹介ページ

こころの健康クリニック芝大門

  • 駅徒歩3分

こころの健康クリニック芝大門photo引用:https://ipt-clinic.com/

都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄浅草線 大門駅 A6出口 徒歩3分

東京都港区芝大門2-1-13 芝大友ビル6F

診療時間
10:00~13:30
15:00~18:30

★:10:00~14:00(隔週診療)
※予約制

こころの健康クリニック芝大門はこんな医院です

こころの健康クリニック芝大門photo引用:https://ipt-clinic.com/

港区芝大門にあるこころの健康クリニック芝大門は、心が本来持っている力を取り戻し、生きづらさを解消して働き続けられるための、一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を患者さんと一緒に考えながら治療を提供されています。診療科目は精神科と心療内科で、摂食障害のほか、適応障害やうつ病、不安障害などにも対応されています。

大門駅A6出口から徒歩3分、芝公園駅A3出口から徒歩5分、浜松町駅北口から徒歩7分の場所に位置しており、大変アクセスが良好な立地にあるクリニックです。

診療時間は、午前10:00〜13:30と午後15:00〜18:30の二部制です。土曜日も10:00〜14:00で診療を行われています。メンタルヘルス一般外来の受診をご希望される方は、事前にお電話でお問い合わせください。

こころの健康クリニック芝大門の特徴について

・摂食障害は様々なタイプがある「心の病気」です!

摂食障害は、本人にも周囲の人にも分かりにくい「心の病気」です。普通の食事が取れずにひどくやせてしまう「神経性やせ症」と、食べたい衝動と食べることが止められなくなる「神経性過食症」が一般的に知られていますが、その中でもいくつかのタイプに分けられます。睡眠時過食したりする「夜間食行動異常症候群」もあり、睡眠専門の医療機関の受診を勧められる場合もあります。

食べる行動でお悩みの方は、自分の状態を知るためにも、こころの健康クリニック芝大門を受診されてみてはいかがでしょうか。

・「対人関係療法」によるオーダーメイドで専門性の高い治療を提供!

こころの健康クリニック芝大門では「対人関係療法」による治療を行われています。過食症やむちゃ食い障害に対しては20回を目処に行われます。マニュアル通りに進めるだけでなく、治療で実現しようとしていることや、治療後の「生き方」までを明確にし、一人ひとりにあったオーダーメイドな専門性の高い治療法の提供を心がけられています。

摂食障害は放っておくだけでは治ることがなく、一旦症状が治っても再発しやすい病気のため、クリニックを受診して治療するのが大切です。

もう少し詳しくこの摂食障害対応のクリニックのことを知りたい方はこちらこころの健康クリニック芝大門の紹介ページ

飯田橋東口診療所

  • 駅徒歩1分

JR総武線・東京メトロ各線・都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅 東口 徒歩1分

東京都千代田区飯田橋4-9-9 第七田中ビル8階

診療時間
9:00~12:00
13:00~17:00
17:30~21:00

●:再診・内科の方予約不要、一般枠:不眠や不安のみの新規の方は電話予約可
★:全患者の予約必要枠、新規のメンタル受診希望者優先枠
※木曜日18:00~21:00は再診の方や一般枠で相談が短い方(診断書投薬可)で6分/人ぐらいの診察の方を優先しております。
※金曜日は完全予約制で外来休診の場合もあります。

飯田橋東口診療所はこんな医院です

千代田区飯田橋にある飯田橋東口診療所は、患者さんと一緒になって治療を決めていくShared decision-making(シェアードデシジョンメイキング:協働意思決定)を大切にされているクリニックです。診療科目は心療内科・精神科・内科で、摂食障害のほか、気分障害や適応障害、発達障害などにも対応されています。

JR飯田橋駅東口と地下鉄飯田橋駅A4出口から徒歩0分の場所に位置しており、アクセス良好です。JRの線路沿いにあるわかりやすい立地にクリニックがあります。

診療時間は、午前9:00〜12:00と午後13:00〜17:00、夜17:30〜21:00の三部制です。午後の時間帯と金曜日の午前は予約制ですので、事前にご予約ください。水曜日・金曜日夜・土曜日夜・日曜日・祝日は休診日です。

飯田橋東口診療所の特徴について

・行動医学に基づいたアプローチによる摂食障害治療!

行動医学に基づいたアプローチによる摂食障害の治療が心がけられています。摂食障害は薬では改善しないため、環境調整や、食行動の是正と不安のマネジメントによるしっかりとした治療が必要となります。速い場合で半年、長くかかっても2年ほどで症状の改善を期待できます。

摂食障害の思考のまま放置することは、どんどん症状が悪化していく原因となります。飯田橋東口診療所では早いうちから治療を開始することをお勧めされています。

・基本的な摂食障害の症状!

摂食障害の基本的な症状は、低体重、ボディーイメージの障害、やせ願望、無月経、拒食、過食などです。これらの症状は、本人が無自覚な場合もあるため、ご家族に症状が見られる場合は、早めに受診するようにサポートされてください。

ご本人が治療したくなるまで待つことは、摂食障害を悪化させることにもなりかねません。治療に抵抗があり、なかなか受診できない方もいらっしゃるかと思いますが、お早めにご相談ください。初診の方は、しっかり時間の取れる月曜日午後か金曜日に受診されることをお勧めします。

もう少し詳しくこの摂食障害対応のクリニックのことを知りたい方はこちら飯田橋東口診療所の紹介ページ

ハルこころクリニック京成高砂院

  • 駅徒歩1分

京成本線・京成金町線 京成高砂駅 徒歩1分

東京都葛飾区高砂2-40-5 高砂駅前クリニックモール301

診療時間
9:00~13:00
15:30~19:00

★:14:30~18:00
※女性医師も在籍しています。女性医師希望の方はご予約の際にお申し付けください。
※初診の最終受付は終了の30分前です。
※予約制

ハルこころクリニック京成高砂院はこんな医院です

葛飾区高砂にあるハルこころクリニック京成高砂院は、患者さんの状態だけでなく、生活環境や今までの背景を考慮して、総合的に診た上で一人ひとりに合わせた治療を提供されているクリニックです。診療科目は心療内科と精神科で、摂食障害の相談にも対応されています。

京成高砂駅から徒歩0分の場所に位置している、高砂駅前クリニックモールの3階にクリニックがあります。駅近でアクセス良好な立地です。

診療時間は、平日の午前9:00〜13:00と午後15:30〜19:00、土曜日の午前9:00〜13:00と午後14:30〜18:00の二部制です。診療は予約制となっていますので、受診をご希望の方は事前にご予約ください。木曜日・日曜日・祝日は休診日です。

ハルこころクリニック京成高砂院の特徴について

・精神療法を中心とした摂食障害治療!

摂食障害には、極端な食事制限による拒食症、食事の過剰摂取による過食症があります。拒食症と過食症を周期的に繰り返される場合や、過食後の嘔吐や下剤の過剰摂取がみられることもあります。

治療では、行動療法や認知療法、対人関係療法、家族療法などの精神療法を中心に行われており、精神療法の効果を高めるため、投薬による治療を併用する場合もあります。

気になる症状がある場合は、ハルこころクリニック京成高砂院にご相談ください。

・気軽に安心して受診していただくための工夫!

ハルこころクリニック京成高砂院では、心療内科や精神科に「行きにくい」「入りづらい」というイメージをお持ちの方にも、気軽に安心して受診していただける工夫が行われています。

WEBでの予約受付が行われているので、電話をするのに抵抗のある方はご利用ください。待合室はリラックスしてお過ごしいただける空間となっています。また、女性医師による診察も行われているので、男性医師には相談しにくい悩みをお持ちの方にも安心して受診していただけるでしょう。

もう少し詳しくこの摂食障害対応のクリニックのことを知りたい方はこちらハルこころクリニック京成高砂院の紹介ページ