【2021年】東京都の脳ドック♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/07/02  更新日:2021/07/16

東京都で評判の脳ドック対応のクリニックをお探しですか?
東京都には、豊富な検査項目に対応している、日本脳神経外科学会認定の脳神経外科専門医が在籍しているなど様々な脳ドック対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめできる脳ドック対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判の脳ドック対応のクリニック6医院

あやせ脳神経外科(足立区)

  • 駅徒歩7分

あやせ脳神経外科photo引用:https://ayase-noge.com/

JR常磐線 綾瀬駅 東口 徒歩7分

東京都足立区東綾瀬1-9-4

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

※最終受付は午前午後とも終了の15分前です。

あやせ脳神経外科はこんな医院です

あやせ脳神経外科photo引用:https://ayase-noge.com/

あやせ脳神経外科では、脳神経外科・神経内科・リハビリテーション科の診療が行われており、病気の早期発見・早期治療のための脳ドック検査に注力されています。院長は日本脳神経外科学会の専門医の資格をお持ちで、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血といった脳卒中の患者さんの診療に長く携わり、その豊富な経験と深い知識を活かして「脳を専門に診るクリニック」として日々診療を行っているそうです。一般のレントゲン撮影や心電図検査、血液検査の設備はもちろん、MRI(磁気共鳴画像診断装置)やCT(コンピュータ断層診断装置)、頸動脈エコーも完備されています。

あやせ脳神経外科の特徴について

・脳ドックで重大な疾患の早期発見!

脳ドックとは、MRIをはじめとする各種検査で脳にひそむ疾患やその兆候を早期に発見するための検査です。あやせ脳神経外科では、くも膜下出血にも繋がる“脳動脈瘤”や、動脈硬化によって血管が細くなる“脳動脈狭窄”、“閉塞”といった脳卒中の原因を発見できるよう務められています。また、脳腫瘍や認知症に対する検査にも対応されており、脳の病気が生じにくくするための予防にも力を入れているそうです。

・日本脳神経外科学会専門医による検査!

あやせ脳神経外科では、脳神経外科の豊富な臨床経験を持つ「日本脳神経外科学会専門医」の医師が検査を担当されています。できる限りスピーディーで高解像度の画像検査を行えるよう、新しいMRI装置を導入しているそうです。入院による検査や手術が必要と判断された場合も、院長が診療を担当し、各分野のエキスパートと連携することもできるそうです。脳ドックの検査を検討している方は、日本脳神経外科学会専門医による精密検査が行われているあやせ脳神経外科への受診をおすすめします。

もう少し詳しくこの脳ドック対応のクリニックのことを知りたい方はこちらあやせ脳神経外科の紹介ページ

菅原クリニック 東京脳ドック(港区)

  • 駅徒歩5分

菅原クリニック 東京脳ドックphoto引用:https://tokyo-noudock.jp/

東京メトロ千代田線 赤坂駅 徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・銀座線 赤坂見附駅 徒歩10分

東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル2F

診療時間
9:00~17:00

菅原クリニック 東京脳ドックはこんな医院です

菅原クリニック 東京脳ドックは都営地下鉄千代田線の赤坂駅より徒歩5分の場所にあり、脳ドックに注力されています。「お互いに考える医療」「人生目標から考える医療」の診療スタイルを大切にしているそうです。脳神経の疾患をはじめ、頭痛やめまい、物忘れといった診療にも対応されています。脳ドックでは、脳動脈硬化や無症候性脳梗塞など、脳卒中の兆候の有無を検査できるMRI(磁気共鳴断層撮影)や、脳動脈瘤・動静脈奇形・血管の閉塞・狭窄を調べるMRA(脳血管撮影)、頸動脈血栓や動脈硬化の度合いを診る頸動脈エコー、白血球・赤血球・血糖などの値を調べる血液検査、脳梗塞の危険因子を確認する心電図など、脳ドックのガイドラインに準拠した検査が行われています。

菅原クリニック 東京脳ドックの特徴について

・キヤノン製の新しいMRIを導入!

MRIには、工事現場のような激しい音が伴うイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、菅原クリニック 東京脳ドックでは、静音化技術が搭載されたキヤノン製の新型MRIを導入されています。検査中に発生する音を極限まで減らすことができ、比較的リラックスした状態で検査を受けられるよう配慮されています。お子さまやご年配の方も、安心して検査を行えるでしょう。

・その日のうちに検査結果が分かる!

菅原クリニック 東京脳ドックで脳ドックを行う医師は全員が日本脳神経外科学会の脳神経外科専門医の資格をお持ちで、豊富な経験に裏付けられた精密な検査が期待できます。脳卒中や脳血管性痴呆の予防、脳神経の疾患の早期発見に欠かせない検査を組み合わせ、脳の健康状態を多面的に確認できるよう尽力されています。また、脳ドックの受診当日に、診察と担当医からの結果説明を受けられるのは嬉しいポイントです。

もう少し詳しくこの脳ドック対応のクリニックのことを知りたい方はこちら菅原クリニック 東京脳ドックの紹介ページ

パークサイド脳神経外科クリニック(世田谷区)

  • バス停留所から徒歩1分

三宿バス停留所 徒歩1分
東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩8分
東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩8分

東京都世田谷区太子堂1-3-39

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

★:9:00~14:00

パークサイド脳神経外科クリニックはこんな医院です

パークサイド脳神経外科クリニックでは、「脳神経系の病気に対して特に重要なことは早期発見、早期治療」と考え、脳ドックに力を入れているそうです。新しい技術での画像検査を行う部門を設け、高次医療機関で利用されているような3テスラMRIをはじめ、マルチスライスCT、一般X線撮影装置といった医療機器を完備し、小さな動脈瘤や走行異常など血管病変を詳細に診断できる環境を整えられています。また、デジタル画像管理ネットワーク「PACS」で繋げられており、検査と治療を一本化しているそうです。より詳しい追加検査や専門的な治療と並行しての検査もスムーズに行う体制を整備されています。

パークサイド脳神経外科クリニックの特徴について

・コンシェルジュスタッフによる丁寧な対応!

身体の不調や検査へのご不安を抱えている患者さんに配慮して、親身な対応を心掛けているそうです。脳ドックの複雑な受診手続きや問診システムについて、不明点などがある場合やサポートが必要な場合は、コンシェルジュに気軽に声をかけていただけるそうです。疑問点なども丁寧に伺い、他の院内スタッフと連携することで、脳ドックを受ける方のご不安を解決できるよう努められています。

・脳ドックの様々なプラン!

脳ドックの基本的な検査から、脳梗塞リスクのチェックや胸腹部CTなど、より詳しい検査項目を追加したオプションまで、幅広いプランを用意されています。基本的な内容と認知症関連のチェックを加えた「認知症プラスプラン」、脳・脳血管・頚部血管・脳血流を調べる「シンプルプラン」、「脳ドック学会推奨の検査内容プラン」、脳ドック内容と胸腹部CT検査・腫瘍マーカー・アレルギー検査など全身の状態を検査する「プレミアムプラン」などに対応されています。

もう少し詳しくこの脳ドック対応のクリニックのことを知りたい方はこちらパークサイド脳神経外科クリニックの紹介ページ

八重洲クリニック 脳神経外科(中央区)

  • 駅徒歩1分

東京メトロ東西線・銀座線・浅草線 日本橋駅 A3・B5出口 徒歩1分
JR各線 東京駅 八重洲北口 徒歩4分

東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルディング2F

診療時間
9:00~13:00
14:00~17:00
18:00~20:00

※脳ドックは予約制です。
※初診は完全予約制です。
※最終受付は終了の30分前です。

八重洲クリニック 脳神経外科はこんな医院です

八重洲クリニック 脳神経外科では、「脳の疾患を専門に診る医療施設」として日本脳神経外科学会の脳神経外科専門医による脳ドックが行われています。休診日は日曜日・祝日で、完全予約制での診療が行われており、月曜日・火曜日・木曜日は女性医師が診療を担当しているそうです。通常の脳ドックで行われる水平断画像と血管撮影に加え、Coronal(冠状断)画像やSagittal(矢状断)画像を撮影する検査を追加することもでき、3テスラMRI脳ドックガイドラインに準拠したプランや、頸動脈MRA付きのプランを選択できます。脳ドックの予約は、電話はもちろんインターネットからも受け付けられているので、検査を検討している方はご活用ください。

八重洲クリニック 脳神経外科の特徴について

・脳ドックで軽度疾患を早期発見!

脳ドックとは、脳の断面画像を得る脳MRI、頭部の血管の状態を立体画像化する脳MRA、頸部(首)の血管の様子を立体画像で写し出す頸部MRA、血液検査などを行い、脳梗塞などの重大な疾患の危険因子を発見する健康診断です。八重洲クリニック 脳神経外科では、MRI・MRA検査のみの簡易脳ドックも行っているそうです。脳ドックを受けることで、くも膜嚢胞や脳萎縮、頚動脈硬化性変化といった疾患の発見に役立つそうです。

・経験豊富な医師による脳ドック!

日本脳神経外科学会の脳神経外科専門医の資格をもつ経験豊富な医師が検査を担当されています。米国の総合病院の脳神経外科や、国内の大学病院の脳神経外科で講師や准教授を務めた経験を持ち、数多くの症例を診た経験をもとに精密な検査が行われています。脳ドックの医院をお探しの方は、経験豊富な医師による診断を受けられる八重洲クリニック 脳神経外科へご相談ください。

もう少し詳しくこの脳ドック対応のクリニックのことを知りたい方はこちら八重洲クリニック 脳神経外科の紹介ページ

もり脳神経外科クリニック(品川区)

  • 駅直結

東急大井町線 荏原町駅 直結
荏原町駅入口バス停留所 徒歩4分

東京都品川区中延5丁目2番2号 ザ・パークハウス品川荏原町2階

診療時間
8:30~12:30
14:30~18:30

※併設の皮膚科診療は水曜日・土曜日です。

もり脳神経外科クリニックはこんな医院です

もり脳神経外科クリニックでは、脳の健康診断である脳ドックに注力されています。日本脳ドック学会のガイドラインをもとにした検査を行い、脳の血管の詰まりや破れなどで生じる脳血管疾患の早期発見に尽力されています。脳断面、脳血管の精細画像を得るMR検査(MRI、MRA)や、糖尿病や高血圧症といった生活習慣病とともに脳卒中の危険因子を確認できる血液検査、動脈硬化による、血管壁の肥厚などを診る頸動脈エコーなどを行っているそうです。

もり脳神経外科クリニックの特徴について

・脳ドックで軽度疾患を早期発見!

近年、脳血管疾患(脳卒中)によって死亡する割合は減少したと言われていますが、脳血管疾患の患者数そのものは減少していないそうです。もり脳神経外科クリニックでは、「脳ドック」で脳神経の疾患の兆候や危険因子を発見することで、重篤な状態は未然に防ぐことができるよう努められています。医療の進歩で命を取り留めることができても、後遺症が残る危険もあり、日常生活に支障をきたす場合もあるため、検査をお考えの方は早めの受診をおすすめします。

・簡易脳ドックと標準脳ドックに対応!

詳しい脳ドックを受けたいけれど、受診する時間がなかなか取れないという方も多いのではないでしょうか。もり脳神経外科クリニックでは、「日本脳ドック学会」のガイドラインに準じた1.5時間程度の標準脳ドックはもちろん、細胞組織の動きを把握するための頭部MRI検査を中心に、頭部の血管を立体画像化する頭部MRA検査と物忘れ簡易評価や神経学的診察を行う1時間程度の簡易脳ドックも行っているそうです。お仕事などでなかなか通院の時間が取れないという方も、もり脳神経外科クリニックへ相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの脳ドック対応のクリニックのことを知りたい方はこちらもり脳神経外科クリニックの紹介ページ