【2021年】仙台市の白内障手術♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/07/05  更新日:2021/07/19

仙台市で評判の白内障手術をお探しですか?
仙台市は宮城県の市のひとつで、手術方法や実績、移植する眼内レンズの種類など様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、仙台市でおすすめの白内障手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

仙台市で評判のおすすめ白内障手術6医院!

仙台まぶたと眼のクリニック

  • 駅徒歩2分

仙台まぶたと眼のクリニックphoto引用:https://sendai-oculoplastic.com/

仙台市営地下鉄南北線 泉中央駅 西1出入口 徒歩2分
JR各線 仙台駅 車で12分

宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15-2 赤間総業泉中央パーキング1F

診療時間
8:45~11:30
13:00~16:30

★:8:45~12:00
※完全予約制

仙台まぶたと眼のクリニックはこんな医院です

仙台まぶたと眼のクリニックphoto引用:https://sendai-oculoplastic.com/

仙台まぶたと眼のクリニックでは、白内障手術に注力されています。東北公済病院やJCHO仙台病院で培った白内障手術の技術や知識を活かし、少しでも多くの方の目のお悩みを改善できるよう尽力しているそうです。加齢などにより濁った白内障による目のかすみやくもりを取り除き、生き生きとした明るい生活を送っていただけるようサポートされています。手術に伴う痛みや恐怖をなるべく軽減することを目指し、患者さんへの負担が少ない白内障手術を目指しているそうです。

仙台まぶたと眼のクリニックの特徴について

・日本眼科学会認定眼科専門医による手術!

仙台まぶたと眼のクリニックでは、日本眼科学会認定眼科専門医の資格を有する医師による、専門性の高い白内障手術が行われています。院長は、現在も日本眼科学会や日本眼科手術学会、日本眼形成外科学会に所属して、日々進歩する白内障の医療技術について研鑽を積んでいるそうです。白内障の、濁った水晶体を除去する手術を含め、水晶体再建術や眼瞼下垂症(挙筋前転法やつり上げ法)、眼瞼結膜腫瘍といった眼内手術の経験が豊富な医師に治療をお任せできるのは嬉しいポイントです。

・日帰り手術に対応!

術前の検査や術後の経過観察が必要となりますが、白内障の日帰り手術が行われているそうです。白内障は、加齢などで目の中の水晶体が白く濁ることにより、視力の低下や目の霞みが生じる疾患で、60代で70%、80代ではほぼ全員の方に症状がみられると言われています。超音波水晶体乳化吸引術と呼ばれる手術が行われており、局所麻酔を行って5分~10分程度で完了するそうです。日常生活に支障がない程度の視力低下であれば、点眼薬で進行を遅らせることもできるので、気になる症状のある方はご相談ください。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら仙台まぶたと眼のクリニックの紹介ページ

仙台長命ヶ丘クリニック

  • バス停留所から徒歩3分

仙台長命ヶ丘クリニックphoto引用:https://sendai-cc.jp/

桜ヶ丘七丁目東バス停留所 徒歩3分
上谷刈山添バス停留所 徒歩5分
JR各線 仙台駅 車で16分

宮城県仙台市泉区長命ケ丘2丁目21-1 ブランチ仙台ウエスト2F

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

★:9:00~11:30
▲:手術
■:9:00~14:30

仙台長命ヶ丘クリニックはこんな医院です

仙台長命ヶ丘クリニックphoto引用:https://sendai-cc.jp/

仙台長命ヶ丘クリニックでは、「気軽に相談できて通いやすい医療サポート」を目指されており、白内障手術に注力されています。仙台市にお住まいの方のかかりつけ眼科医となることふができるよう、幅広いニーズに対応するために新しい医療機器を揃え、様々な検査・診断・治療を行える環境が整えられています。加齢によって視力が低下する白内障の治療はもちろん、お子さんの斜視や弱視といった視力障害や、ご年配の方の緑内障、黄斑変性症などにも対応しているそうです。日本眼科学会認定の眼科専門医である院長をはじめ、患者さんと接するスタッフ全員が日々進歩する医学知識を身につけて、実践できるよう尽力されています。目の霞みや、光をまぶしく感じるなどの目の違和感がある方は、お早めにご相談ください。

仙台長命ヶ丘クリニックの特徴について

・入院なしの白内障手術!

仙台長命ヶ丘クリニックでは、日帰りでの白内障手術が行われています(※術前・術後の経過観察が必要です)。入院する必要がないため、入院の時間が取れないという方も手術を受けやすく、「できるだけ目に負担をかけない手術を行う」ことをモットーに診療しているそうです。手術自体は約15~20分で終了し、新しい白内障手術用の器械や手術デバイスで行われています。

・多焦点眼内レンズにも対応!

白内障手術は、濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを埋め込む方法で行遠くのみでなく手元も見やすくなるわれています。仙台長命ヶ丘クリニックでは、焦点距離が1点の「単焦点眼内レンズ」はもちろん、多焦点眼内レンズにも対応しているそうです。適応がある方に限定されるので、「多焦点眼内レンズ」をご希望の方は仙台長命ヶ丘クリニックへの受診をおすすめします。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら仙台長命ヶ丘クリニックの紹介ページ

荒井西おおとも眼科

  • バス停留所から徒歩7分

荒井西おおとも眼科photo引用:https://www.otomo-ganka.com/

蒲町小学校前バス停留所 徒歩7分
霞の目営業所前バス停留所 徒歩9分
仙台市地下鉄東西線 卸町駅 車で5分

宮城県仙台市若林区なないろの里1丁目13-1

診療時間
9:00~11:30
14:30~18:00

★:手術のみ
▲:14:00~16:00

荒井西おおとも眼科はこんな医院です

荒井西おおとも眼科photo引用:https://www.otomo-ganka.com/

荒井西おおとも眼科は、2020年6月に開院した新しい眼科医院です。30台分の駐車スペースを完備ししているため車でのアクセスが良く、公共交通機関でお越しの方は、市営バスの「蒲町小学校前」または市営バス「霞の目営業所前」で下車されると便利です。精密でできる限り安全性の高い眼科医療を提供できるよう、影のできないステレオ同軸照明と呼ばれる“手術顕微鏡”や、網膜や緑内障などの眼底三次元画像解析が可能な“光干渉断層系(OCT-angiography)”、眼底の約80%の領域を撮影できる“超広角走査型レーザー検眼鏡”、後発白内障にも有効な“YAGレーザー手術装置”など、様々な医療機器を導入されています。

荒井西おおとも眼科の特徴について

・白内障手術装置を導入!

荒井西おおとも眼科では、白内障手術に力を入れているそうです。眼灌流圧センサー搭載のハンドピースを用いた白内障手術装置を導入されており、患者さんの負担に配慮した手術が行われています。リアルタイムで術中の眼圧の変加を自動調整でき、一定に保つことができるそうです。それにより、術後の見え方に不具合を及ぼすようなリスクを軽減できると考えられています。 また、わかりやすく丁寧な説明を心がけ、手術へのご不安や疑問を払拭できるよう配慮されています。

・眼科専門医による白内障手術!

荒井西おおとも眼科では、日本眼科学会認定眼科専門医の資格をもつ、経験豊富な医師による白内障手術が行われています。一人ひとりのライフスタイルや治療への要望を事前にヒアリングし、症状や要望に適した治療を行えるよう努めているそうです。手術では、身体の負担に配慮して3mm未満の傷口に抑え、眼内手術に強い恐怖心のある方には、点眼麻酔に加えて局所麻酔を行うなど、きめ細かな対応がなされています。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら荒井西おおとも眼科の紹介ページ

佐藤裕也眼科医院

  • 駅徒歩3分

佐藤裕也眼科医院photo引用:https://sendai-lasik.jp/

仙台市地下鉄南北線 五橋駅 北4番出口 徒歩3分
JR各線 仙台駅 徒歩10分

宮城県仙台市青葉区五橋1-6-23 五橋メディカルセンタービル内

診療時間
8:30~12:30
14:30~17:15

※新患受付時間は午前11:30頃まで、午後16:45頃までです。

佐藤裕也眼科医院はこんな医院です

佐藤裕也眼科医院photo引用:https://sendai-lasik.jp/

佐藤裕也眼科医院は、開院から30年以上の長い歴史があり、これまでに様々な目のお悩みに対応されてきました。加齢による白内障の症状の改善に力を入れられており、「高度医療の積極的な導入」「快適な施設」「家庭的な雰囲気」「患者様との信頼の確立」をモットーにされています。また、眼科を専門とする医師と他院の内科医と密に連携し、目の健康はもとより、患者さんの健康をより深く支えられるよう、医師や医療スタッフが積極的に患者さんとコミュニケーションをとうよう心掛けているそうです。白内障の症状でお悩みの方は、長い歴史に裏付けられた白内障治療が期待できる佐藤裕也眼科医院を受診してみてはいかがでしょうか。

佐藤裕也眼科医院の特徴について

・経験豊富な術者による手術!

佐藤裕也眼科医院では、経験豊富な術者による白内障手術を強みとされています。コンピュータ制御機能が搭載された手術装置でスピーディーかつ安全性の高い手術を行うことを目指されており、日帰り手術か入院かを選択できるそうです(※日帰り手術の場合は、術後の経過観察が必要です)。豊富な症例の経験と深い知識を持つ、日本眼科学会認定に眼科専門医による手術が行われているので、眼内手術がご不安な方も、安心してお任せできるのではないでしょうか。

・遠くも近くも見やすくなる多焦点眼内レンズ!

白内障手術では、白く濁った水晶体を取り除き、空いたスペースに人工の眼内レンズを移植する処置が行われています。佐藤裕也眼科医院では、その眼内レンズに、手元はもちろん遠くにもピントが合う多焦点眼内レンズを選択できるそうです。また、単焦点レンズよりも広い範囲でピントが合う眼内レンズを、普通の白内障手術の料金で挿入する対応も行われています。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら佐藤裕也眼科医院の紹介ページ

八乙女さとうはじめ眼科

  • 駅から車で3分

仙台市地下鉄南北線 八乙女駅 車で3分

宮城県仙台市泉区八乙女4-4-1

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:30

★:手術
※最終受付は午前午後とも終了の30分前です。
※第2・第4木曜日午後は休診です。

八乙女さとうはじめ眼科はこんな医院です

八乙女さとうはじめ眼科は、平成29年に開院した眼科医院で、白内障による視界の霞みや視力低下を改善する治療に注力されています。患者さんの持っている症状や、治療への要望にできる限り耳を傾け、現在の状態やできる治療を丁寧に説明するよう努めているそうです。長きにわたり、視機能を維持・改善させることを目指し、眼科全般の診療にも幅広く対応されています。また、目の異常を調べる検診にも力を入れ、糖尿病や高血圧に伴う眼疾患や、見える範囲が狭くなる緑内障といった疾患の早期発見・早期治療にを目指しているそうです。また、コミュニケーション重視の診療を行い、眼内手術という重大な治療をお任せいただくからこそ、信頼関係を大切にしているそうです。

八乙女さとうはじめ眼科の特徴について

・白内障手術のスペシャリスト!

八乙女さとうはじめ眼科の院長は、ハーバード大学医学部眼科の研究員を務め、日々進歩する眼科医療や白内障の治療技術について、深く研究を行った経験をお持ちです。また、東北大学病院や東北労災病院といった高次医療機関での臨床経験もあり、日本眼科学会認定眼科専門医として、専門性の高い白内障手術を提供されています。

・ライフスタイルを多面的に考慮!

白内障とは、水晶体というレンズの役割を担う組織が白く濁ることで、光が十分に眼の奥まで届かなくなり、視力の低下や目の霞といった違和感が生じ、見えにくくなる疾患です。光をまぶしく感じたり、片眼だと物が二重または三重に見えるなどの症状があり、八乙女さとうはじめ眼科では、濁った水晶体の代わりに透明な人工の眼内レンズを挿入する手術が行われています。目の状態はもちろん、ご職業や年齢、全身の健康状態や、車の運転の頻度など、多面的に考慮して治療を提案しているそうです。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら八乙女さとうはじめ眼科の紹介ページ