【2021年】さいたま市大宮区の内視鏡検査♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/04/26  更新日:2021/06/14

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

さいたま市大宮区で評判の内視鏡検査対応のクリニックをお探しですか?

さいたま市大宮区は埼玉県の区のひとつで、経鼻内視鏡検査に対応しているなど様々な内視鏡検査対応のクリニックの選択肢があります。

私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきたインタビューなどの情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、さいたま市大宮区でおすすめできる内視鏡検査対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年4月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

さいたま市大宮区で評判の内視鏡検査ができる6医院!

新藤医院

  • バス停留所から徒歩1分

新藤医院photo引用:https://shindo-clinic.net/

三橋4丁目南バス停留所 徒歩1分
各線 大宮駅 西口 車で8分

埼玉県さいたま市大宮区三橋4-890-1

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

★:9:30~12:00
▲:13:30~15:30

新藤医院はこんな医院です

新藤医院photo引用:https://shindo-clinic.net/

新藤医院では、内科・消化器内科などの診療が行われており、とりわけ消化器内科では、診断のために内視鏡検査や超音波検査を実施されています。

2020年4月にリニューアルが行われ、新たに下部消化管内視鏡を導入するなど、内視鏡検査による疾病の早期発見に尽力しているそうです。内視鏡検査では必要に応じて生検を行い、癌などの疾病が潜んでいないか確認されます。また、ポリープが見つかった場合には、状況が許せばその場で切除することも可能だそうです。

内視鏡を使用する際には、事前に検査方法や治療方法に関して丁寧な説明があるので不安に感じることはないでしょう。胃カメラについては、事前に相談をすれば初診の際にも検査を受けられる場合もあり、気になる方は電話してみてはいかがでしょうか。

新藤医院の特徴について

・胃カメラは鼻・口どちらからでも実施可能!

日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医である院長により、内視鏡検査が行われています。検査には患者さんにとって負担の少ない細径内視鏡を使用されています。

ただし、鼻からの内視鏡検査でも患者さんによっては嘔吐反射が起こる場合があり、苦痛を感じる患者さんもいるそうです。患者さんの苦痛を和らげるために、そのような場合には鎮静剤を用いて、眠ったままの状態で検査が受けられるでしょう。また、鼻血が出にくくなる薬を投与するなどの工夫もされています。

・専門医による的確な診断!

新しい内視鏡を導入することにより、がんなどの早期発見・早期治療に努めています。特殊な光で内臓の内部を確認できる内視鏡を使用しており、従来の内視鏡に比べ異常が発見しやすいそうです。

モニターがふたつ設置されていて、内視鏡検査の最中に患者さんも画像が確認できるようにされています。日本内科学会認定の総合内科専門医・日本消化器病学会認定の消化器病専門医である院長により、専門知識を活かした的確な診断が行われています。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら新藤医院の紹介ページ

みよしクリニック

  • 駅徒歩3分

みよしクリニックphoto引用:https://miyocli.com/

ニューシャトル 鉄道博物館駅 徒歩3分

埼玉県さいたま市大宮区大成町3-248-1

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

みよしクリニックはこんな医院です

みよしクリニックphoto引用:https://miyocli.com/

みよしクリニックの胃腸科では、消化管・胃・大腸・膵臓・肝臓など、消化に関わるすべての臓器に関する診療が行われており、病気を診断するにあたって、レントゲンや内視鏡といった画像診断が実施されています。

院長は日本消化器内視鏡学会認定の内視鏡専門医であり、多くの胃カメラ・大腸カメラによる検査を行ってきた実績を活かして、とりわけ内視鏡の検査に尽力されているそうです。

観察するだけであれば、胃内視鏡検査は10分未満、大腸内視鏡検査でも約20分程度で終了し、比較的短い時間で検査が行われます。大腸内視鏡検査は、患者さんへの負担に配慮し、生検やポリープ切除などを実施した場合でも30分以内で終了するように努めているそうです。

みよしクリニックの特徴について

・苦痛の少ない内視鏡を実施!

鼻から挿入する内視鏡検査は、カメラを狭い鼻腔内にスムーズに挿入させるのは難しく、検査を負担に感じてしまう患者さんもいるそうです。そこで、口径5mmと細径の経鼻内視鏡を口から挿入する工夫をして、刺激を減らした胃内視鏡検査を実施されています。

事前に咽頭麻酔を実施するため、患者さんの苦痛や不快感に最大限配慮されています。検査に対する不安が強い患者さんに対しては、鎮静剤を使用し、患者さんが安心して検査を受けられるようにしています。

・病気の早期発見に尽力!

画質の良いカメラを使用し、モニターでリアルタイムに観察しながら内視鏡検査が実施されていきます。また、新しい技術として、特殊な光を使いがんを浮かび上らせるようにして観察する検査によって、病気の早期発見が可能でしょう。

検査時に異変が見つかった場合には、生検だけでなく胃や腸のポリープを切除することもできるそうです。がんは自覚症状がない場合も多く発見が遅れる場合もあるので、症状がない方も定期的に検査を受けてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらみよしクリニックの紹介ページ

近隣エリアのおすすめクリニック[PR]

浦和消化器内視鏡クリニック浦和消化器内視鏡クリニック

のなか内科

  • 駅徒歩7分

のなか内科photo引用:https://www.nonaka-naika.com/

JR各線 大宮駅 東口 徒歩7分

埼玉県さいたま市大宮区下町3-7-1 グランドミッドタワーズ大宮スカイタワー1階

診療時間
8:30~12:00
15:00~18:30

※最終受付は午前午後とも終了の15分前です。(ピロリ菌検査は30分前までです。)

のなか内科はこんな医院です

のなか内科photo引用:https://www.nonaka-naika.com/

のなか内科には、消化器内科・胃腸科や内視鏡内科があり、胃痛・食欲低下・血便などの不調の治療を行われています。とりわけ、内視鏡に力を入れており、不調の原因を迅速に突き止め早期治療に役立てているそうです。

異常がない場合は、口からの胃内視鏡検査で3~4分、鼻を通す胃内視鏡検査で5~7分、大腸内視鏡検査で20分程度と、比較的短い検査時間で終わるそうです。内視鏡室には大き目のモニターが置かれ、検査の間には患者さんが画像を確認しながら検査を受けることができます。

胃カメラによるピロリ菌検査や、大腸カメラでの日帰りでのポリープ切除も行われており(※術前・術後の経過観察が必要です)、必要な場合には大学病院などに紹介し、それぞれの患者さんに適した治療が受けられるよう支援されています。

のなか内科の特徴について

・豊富な実績数を誇る専門医による内視鏡!

日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医である院長が、内視鏡検査を実施されています。がんの治療には、早期発見・早期治療が重要と考え、さいたま市健診や人間ドックによる胃カメラや大腸カメラの検査に尽力されているそうです。

2021年4月時点で上部消化管内視鏡検査1368件、下部消化管内視鏡検査576件と多くの実績があり、安心して検査が受けられるでしょう。気になる方は、尋ねてみてはいかがでしょうか。

・内視鏡についての丁寧な説明を実施!

患者さんには検査方法を丁寧に説明し、経口内視鏡・経鼻内視鏡の違いだけでなく、鎮静剤を使用した際のメリット・デメリットも説明し、患者さんが内容をよく把握したうえで決定できるようサポートされています。

経鼻内視鏡であれば、嘔吐反射が起こりにくく、口からだと不安な方も比較的安心です。また、大腸の内視鏡検査では、鎮静剤による静脈麻酔を行うことも可能で、眠っている間に検査が終了し苦痛を軽減できるよう配慮されています。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらのなか内科の紹介ページ

大宮エヴァグリーンクリニック

  • 駅徒歩5分

大宮エヴァグリーンクリニックphoto引用:https://omiyaever.jp/

各線 大宮駅 徒歩5分

埼玉県さいたま市大宮区下町2丁目16-1 アクロスビル3F

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

※第2・第4火曜日午前中の消化器科の最終受付は12:30です。
※木曜日午後の消化器科の最終受付は18:45です。

大宮エヴァグリーンクリニックはこんな医院です

大宮エヴァグリーンクリニックphoto引用:https://omiyaever.jp/

大宮エヴァグリーンクリニックでは、消化器内科・胃腸科の診療が行われています。とりわけ、胃痛・胸やけなどの症状を訴える患者さんに対して、消化器疾患の検査では代表的な、胃カメラによる検査が実施されています。

胃カメラによって現在の患者さんの症状を知ることは、不調の原因を診断するだけでなく、投薬期間や経過観察の計画を立てるうえでも重要だそうです。また、健診や人間ドックでの疾病の早期発見にも役立てています。

麻酔を使用せずに行う内視鏡検査の場合には、医師と会話しながら内視鏡のモニターを患者さん自身で確認できます。内視鏡に関する勉強会も定期的に行い、検査に携わる各スタッフの技術向上にも努めているそうです。

大宮エヴァグリーンクリニックの特徴について

・患者さんへの負担を抑えた胃カメラ!

直径が5mm程度の細いスコープを鼻から挿入するため、吐き気が抑えることができ、患者さんへの負担が少なく抑えられるよう努められています。状況に応じて、口からの胃カメラも実施し、希望により麻酔を使用した痛みの少ない検査も可能だそうです。

患者さんへのリスクや負担が比較的少ない胃カメラを選択し、胃カメラは基本的に日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医や日本消化器外科学会認定の消化器外科専門医により実施されるので、安心して検査を受けられるでしょう。

・新しい胃カメラにより病気を早期発見!

新しい胃カメラ機器が使用され、LED光源により臓器内の異常が確認しやすく、ヘリコバクターピロリ菌の感染や胃がん・食道がんの早期発見を行っています。自覚症状のない方でも、がんが発見されることもあるそうなので、胃カメラによる検査を毎年受けることが望ましいでしょう。

がんが見つかった場合には、適した治療が受けられるよう病院が紹介されています。仕事で忙しい方も通いやすい土曜日の午前中にも診療を行っているため、気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら大宮エヴァグリーンクリニックの紹介ページ

さいたま胃腸クリニック

  • 駅徒歩4分

各線 大宮駅 西口 徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目266-12 2F

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

※平日14:00~15:00・土曜日12:00~13:00は検査です。
※最終受付は終了の30分前です。

さいたま胃腸クリニックはこんな医院です

さいたま胃腸クリニックは、2021年3月1日に竹並クリニックを引き継いで開院したクリニックで、院長が東京大学医学部付属病院などで勤務した経験を活かし、質の高い医療の提供を行っています。診療科目は胃腸内科・内視鏡内科・肛門内科・内科です。

院長は日本消化器外科学会認定の専門医・日本消化器病学会認定の専門医・日本消化器内視鏡学会認定の専門医です。消化器系疾患の診断・治療を得意とされており、中でも病気の的確な診断のために内視鏡検査に尽力されています。

内視鏡による検査は、上部内視鏡と大腸内視鏡が実施されています。もし異常が見つかった場合には、東京大学付属病院などの提携病院への紹介が可能だそうなので、安心して検査を受けられるでしょう。

さいたま胃腸クリニックの特徴について

・丁寧な説明と苦痛の少ない内視鏡を実施!

多くの内視鏡の検査を行ってきた経験を活かし、無駄のない丁寧な操作により、患者さんへの負担ができる限り少ない内視鏡を実施されています。また、恐怖感が強い患者さんには、薬で眠っている間に検査できるようにもされています。

上部内視鏡では、鼻からの胃カメラにも対応されているそうですが、花粉症や鼻炎などのある方の場合には口からの挿入が望ましい場合もあるそうです。それぞれのメリットやデメリットを十分な説明したうえで、患者さんに適した内視鏡が実施されています。

・内視鏡によるポリープの切除を実施!

内視鏡検査に使用される機器は、新しい機器を使用して、病気の早期発見・早期治療に役立てています。大腸の内視鏡検査の際に異常が見つかった場合には大きさなどを観察し、場合によってはそのままポリープを取り除くことも可能だそうです。大腸内視鏡ポリープ手術は日帰りで行われ、患者さんの負担を軽減できるよう努められています(※術前・術後の経過観察が必要です)。

大腸ポリープや大腸がんを切除したことがある方には、別の箇所に新たながんやポリープができやすいとのことです。症状の有無にかかわらず定期的な内視鏡検査が重要なので、相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらさいたま胃腸クリニックの紹介ページ