【2020年】江東区の内視鏡検査♪おすすめしたい9医院(1/2)

東京都江東区で評判の内視鏡検査対応のクリニックをお探しですか?

東京都江東区は東京都の区のひとつで、経鼻内視鏡検査に対応しているなど様々な内視鏡検査対応のクリニックの選択肢があります。

私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都江東区でおすすめできる内視鏡検査対応のクリニックをご紹介いたします。
※2020年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

住吉内科・消化器内科クリニック

  • 駅徒歩2分

住吉内科・消化器内科クリニックphoto

都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線 住吉駅 B1出口 徒歩2分

東京都江東区猿江2丁目16-5 住吉メディカルモール3F

診療時間
9:00~12:15
15:00~18:45

★:9:00~12:45
※初診の方はなるべく12:00まで、18:30までにご来院ください。
【対応検査項目】
・大腸内視鏡検査
・胃内視鏡検査
・経鼻内視鏡検査
・麻酔を用いた(静脈内鎮静法)内視鏡検査

住吉内科・消化器内科クリニックはこんな医院です

住吉内科・消化器内科クリニックは、東京メトロ半蔵門線・都営新宿線の住吉駅B1出口から徒歩2分の場所に位置する住吉メディカルモール3階にあるクリニックです。車でお越しの方はクリニック隣の大型ホームセンター、ライフ・島忠内にある専用の駐車スペースが使用できます。都営バスの「猿江2丁目」のバス停からも近く、お車、バスどちらでも気軽に通院ができますね。

診療科目は一般内科と消化器内科、内視鏡内科などがあり、総合的な健康管理ができるクリニックです。「江東区から胃がん死ゼロ」のスローガンを抱え、特に胃カメラとピロリ菌除菌には力をいれており、高精細な内視鏡検査とピロリ菌検査のダブルチェックを行うなど、丁寧で質の高い医療を提供することで患者さんの胃の健康を守っています。

診療時間は、月曜・火曜・水曜・金曜日が9:00~12:15と15:00~18:45まで、土曜日が9:00~12:45(最終受付)まで対応しており、休診日は木曜日と土曜午後、日曜祝日になります。

住吉内科・消化器内科クリニックの特徴について

住吉内科・消化器内科クリニックphoto

・苦痛の少ないやさしい内視鏡検査を受けられるクリニック!

胃カメラは昔から、体内に入れる際に嘔吐感を生じさせてしまうことから、辛いイメージがあります。胃カメラの経路は口から入れるか鼻から入れるかの2通りのやり方があり、鎮静ありかなしかを選択して行います。住吉内科・消化器内科クリニックでは、経鼻内視鏡などの苦痛が少なく楽にできるとても細くてやわらかい胃カメラの提案を行い、患者さんが自分に合った治療の選択が可能とのことです。
また、年間1,000~2,000件(※公式HP参照)の内視鏡検査を行っている実績がある経験豊富な医師が施術するのも安心できるポイントです。過去に胃カメラで、辛い体験をした方も安心して検査を受けられる環境といえますので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

・安心の高度医療機関との連携!

住吉内科・消化器内科クリニックの院長は、内視鏡検査において、80,000件以上(※公式HP参照)の臨床経験をしており、胃や大腸の検査はすべて担当しております。慈恵医大内視鏡部非常勤診療医長も務めており、綿密そして的確な質の高い検査を受けることができます。

院長やスタッフが自己研鑽を欠かさず、医療レベルを上げるための工夫を常に行っているそうです。また 高度医療機関と連携しているので、人間ドックや診断等で異常が見つかった際も、さまざまな症状において的確な治療を受けることが可能です。

・精度の高いピロリ菌検査が受けられます!

住吉内科・消化器内科クリニックでは、胃カメラ検査は嫌だけど、ピロリ菌検査はしたいという方を対象に、自費診療によるピロリ菌検査、除菌を行っています

年間100~300件(※公式HP参照)ほどピロリ菌除菌を行っており、遠方から来院する患者さんも多くいるそうです。錠剤を1錠飲み、息を2回吐くだけの尿素呼気法を採用し、精度の高い検査を簡単に受けることが可能です。気になる方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら住吉内科・消化器内科クリニックの紹介ページ

たかすな内科・胃腸科クリニック

  • 駅徒歩10分

たかすな内科・胃腸科クリニックphoto

東京メトロ有楽町線 辰巳駅 徒歩10分
りんかい線 東雲駅 車で3分
東京メトロ有楽町線 豊洲駅 車で3分

東京都江東区東雲1-9-22 東雲キャナルコート内

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

★:14:00~17:00 ※第3土曜日休診 【対応検査項目】・大腸内視鏡検査 ・胃内視鏡検査 ・麻酔を用いた(静脈内鎮静法)内視鏡検査

たかすな内科・胃腸科クリニックはこんな医院です

江東区東雲にあるキャナルコート内に位置し、周辺一帯にある住宅街に住む方をはじめ、ショッピングモールへお越しになる方など、多くの地元の人々に愛されているクリニックです。辰巳駅、豊洲駅、東雲駅の3駅が利用可能でアクセスのよさも抜群です。内科と胃腸科を併設しているのが強みで、風邪やインフルエンザなどの内科全般にわたる相談から、胃腸や消化器に関する悩みに関しての相談や各種検査、サプリメント療法やプラセンタ注射、ビタミンCの点滴療法など美容分野に至るまで、幅広い診療を提供しているのが強みです。区民検診や企業検診などの健康診断も行っているので、その一環で内視鏡検査を希望される方が多いのかもしれません。

たかすな内科・胃腸科クリニックの特徴について

・院長は内視鏡や消化器のスペシャリストです!

5つの病院勤務を経て、たかすな内科・胃腸科クリニックを開設された高砂院長は、日本消化器内視鏡学会の専門医であり、指導医でもあります。指導医とはその名の通り、内視鏡について指導ができる医師でもあることから、認定を受けるハードルも高く、まさにスペシャリストであることの証明だと言えます。具体的には認定施設での指導以外にも、学会の出席、論文など様々なテストを通過された内視鏡医ということですね。さらに日本消化吸収学会の評議員もなさっています。どこで検査を受けるかを決める判断基準として、第三者機関の認定資格を参考にするのもいいのではないかと思います。

・かかりつけ医として頼りになる、町医者としてのプライド!

消化器を専門にされたのは、内科医として”お腹”を究めることが大事だと考えたからだそうです。頭痛もそうですが、原因を追究したら様々な理由があって、単純にお腹が痛いといっても奥が深いですよね。豊洲の地にクリニックを開設された際に、地域には高齢者の方が多くいらっしゃったそうですが、やはり腹痛で来院される方が多かったようです。大学病院では役割上、1人あたりの患者さんに対する診療回数が少なく、数か月分のお薬を出し、またしばらく会わないというのが一般的ですが、高砂院長は町医者としてはもっと患者さんに密着するのが大切だと考えられたそうです。ときにはうるさいと言われようとも、患者さんの生活まで入っていき、広く診る。これこそが町医者として頼れる存在なんだと思います。地元にこんな頼れる先生がいたら、かかりつけ医にしたいですね。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらたかすな内科・胃腸科クリニックの紹介ページ

 永代クリニック

  • 駅徒歩5分

永代クリニックphoto引用:http://eitai-clinic.com/

東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線 門前仲町駅 3番出口 徒歩5分

東京都江東区永代2-37-22

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

★:内視鏡検査(予約制13:00~15:00)、※食道・胃内視鏡は午前予約制・大腸内視鏡は午後予約制

永代クリニックはこんな医院です

永代クリニックphoto引用:http://eitai-clinic.com/

永代クリニックは、江東区にある、一般内科、生活習慣病、消化器内科、食道、胃内視鏡、大腸内視鏡、ピロリ菌駆除、健康診断を行うクリニックです。前院長が40年間地域医療を支えてきましたが、2015年10月前院長より、引き継いで、地域医療に貢献するために、リニューアルオープンをしました。前院長と同じように、患者さんの目線に立った診療を心がけており、大学病院や地域中核病院で、役20年間培ってきた経験や技術を生かし、特に内視鏡検査の分野で、患者さんの治療に役立っていけるクリニックです。このクリニックだけで処置が行えない場合は、院長の出身大学、昭和大学高等豊洲病院と医療提携をしていますので、必要な場合は紹介をすることができます

永代クリニックの特徴について

・永代クリニックは、地域医療に役立つかかりつけ医として、信頼できる一般内科クリニックです!

院長は、日本内科学会の総合内科専門医ですので、風邪、腹痛、下痢の様な急性症状から、高血圧や糖尿病のような生活習慣病まで、対応しております。予防接種や健康診断にも予約なく対応しています。投薬も別の調剤薬局まで行かなくても、院内投薬で対応しております。

・永代クリニック院長は日本消化器内視鏡学会の専門医で、指導医です!

永代クリニックの院長は、日本消化器内視鏡学会の専門医で、指導医です。したがって胃腸の調子が悪い場合、苦痛の少ない食道・胃内視鏡検査(胃カメラ)と大腸カメラと行っています。さらに、胃癌や胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因であるピロリ菌の駆除も行っています。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら永代クリニックの紹介ページ

 豊洲ベイサイド内科外科

  • 駅徒歩5分

豊洲ベイサイド内科外科photo引用:https://toyosu-bayside.com/

東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ 豊洲駅 徒歩5分

東京都江東区豊洲5丁目6番29号 パークホームズ豊洲ザレジデンス1階

診療時間
9:00~12:00
15:00~19:00

★:15:00~17:00、※最終受付は終了の15分前(平日午後は30分前)です。

豊洲ベイサイド内科外科はこんな医院です

豊洲ベイサイド内科外科photo引用:https://toyosu-bayside.com/

豊洲ベイサイド内科外科は江東区の豊洲にある病院で、豊洲の人々の健康をサポートしている病院です。豊洲は再開発が進んでいるエリアで、大型の商業施設などが増えていて活気のある街です。築地の移転先としても話題になっていて、良くも悪くも大変注目を浴びています。豊洲ベイサイド内科外科は、カゼや頭痛、インフルエンザをはじめ、内臓疾患、健康診断など幅広く対応しています。健康診断では、内視鏡検査、血液検査、レントゲンなどを行っており、病気を初期段階で発見します。病院の中は白を基調としていて、明るく清潔感がある雰囲気になっています。入り口やトイレ、廊下など、各所にアルコール消毒液を準備しているので、安心して利用できます。

豊洲ベイサイド内科外科の特徴について

・豊洲ベイサイド内科外科は、内科、外科に特化した総合病院です!

どこの病院に行っても内科は非常に混雑しています。それは内科に医療スタッフが足りていないからです。豊洲ベイサイド内科外科は、内科に経験豊富なスタッフを配置していて、常に4人~5人の看護師が常駐しています。

・豊洲ベイサイド内科外科は緊急時でも対応できるように準備しています!

内科や外科は利用する患者さんが多く、医療スタッフが慢性的に足りないというのが一般的です。しかし、豊洲ベイサイド内科外科は十分な人員をそろえているので、安心して利用できます。緊急時でも臨機応変に対応します。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら豊洲ベイサイド内科外科の紹介ページ

 神津クリニック

  • 駅徒歩3分

神津クリニックphoto引用:https://www.kozu-clinic.com/

東京メトロ有楽町線 豊洲駅 1C出口 徒歩3分

東京都江東区豊洲3丁目2-3 豊洲キュービックガーデン1F

8

診療時間
9:00~12:00
13:30~16:00
16:00~18:00

★:大腸カメラ(予約制)、※第5日曜日は休診です。

神津クリニックはこんな医院です

神津クリニックphoto引用:https://www.kozu-clinic.com/

神津クリニックは、東京江東区の豊洲駅側にある豊洲キュービックガーデン1Fにあり、内視鏡内科・消化器内科・内科を診療してます。おなかの症状と内視鏡の得意なクリニックとして、5年の経験があります。定期休診日は火曜日と祝日のみで、臨時休診を除けば土日も開院しています。診療の予約はインターネットでできるため、当日の待ち時間を減らすことができ、胃カメラ検査は当日の予約もできます。院長はがんセンターで10年間勤務し、民間クリニックで年間3500件以上の内視鏡検査を担当するなど大腸および胃内視鏡検査を最も得意とし、がんの早期発見、適切な治療を受けることができます。がん以外でも風邪や花粉症の診療でも定評があります。

神津クリニックの特徴について

・気軽に内視鏡検査を受けることができ、がんの事細かな診断・適切な治療を提供します!

胃カメラは当日も予約可能で、土日も検査可能です。国立がんセンターでの経験を生かし、検査結果を分析、適切な治療が行えます。入院治療が必要な場合は、国立がんセンターなど適切な医療機関を紹介し、電子カルテを使って情報交換しながら診療を行います。

・医院で受付→診察→会計が効率化され、待ち時間を低減しています!

インターネットで予約すれば、受付から診療までの待ち時間を短くできます。また、電子カルテで診療情報を一元管理できるため、診察内容が会計まですぐ伝わり、費用計算などの時間を短縮できます。また、問診票はインターネットからダウンロードできるので、事前に記載していくと待ち時間の短縮になります。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら神津クリニックの紹介ページ