【2021年】柏市の下肢静脈瘤治療♪おすすめしたい4医院

公開日:2021/06/17  更新日:2021/06/24

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

柏市で評判の下肢静脈瘤対応のクリニックをお探しですか?
柏市は千葉県の市の一つで、日帰り手術に対応している、治療経験豊富な医師が在籍しているなど、様々な下肢静脈瘤対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、柏市でおすすめできる下肢静脈瘤対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

柏市で評判の下肢静脈瘤対応のクリニック4医院

柏ハートクリニック

  • バス停留所から徒歩5分

柏ハートクリニックphoto引用:https://www.k-hc.com/

松葉中学校前バス停留所 徒歩5分
キャタピラー東日本バス停留所 徒歩6分
JR常磐線・東武アーバンパークライン 柏駅 車で7分

千葉県柏市松ヶ崎99-3

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※混雑状況及び当院都合により診療時間や受付時間を変更させて頂く場合もございます。

柏ハートクリニックはこんな医院です

柏ハートクリニックphoto引用:https://www.k-hc.com/

柏ハートクリニックは、大学病院で循環器科に関する多くの研鑽を積まれた院長先生によって診療を提供されています。下肢静脈瘤の治療については、日本循環器学会に認定された循環器専門医の立場から一人ひとりの健康をサポートされています。
循環器は心臓をはじめとした血液の通り道全体を診察する診療科のため、下肢静脈瘤だけでなく狭心症・心筋梗塞・不整脈・弁膜症・心不全などの症状にも対応されているのだそうです。また、循環器疾患を引き起こす原因である高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満など、生活習慣病の予防にも力を入れられています。
医院ホームページより診察順番予約を取得できるので、お忙しい方も安心して受診できるでしょう。

柏ハートクリニックの特徴について

・危険なふくらはぎのむくみ?!

柏ハートクリニックは下肢静脈瘤の治療に努められています。
ふくらはぎのむくみや、むくみによるかゆみ・だるさでお悩みの方は少なくないかと思います。実はむくみは静脈で血液の逆流が起きていることもあるそうで、放っておくと血液が血管内に溜まり膨らんでしまい、結果として下肢静脈瘤につながることがあるのだそうです。
むくみが長く続いている方や、下肢静脈瘤の治療をお考え方は、医院で検査を受診してみてはいかがでしょうか。

・新しい検査機器や設備を積極的に導入!

柏ハートクリニックは新しい検査機器や設備を積極的に導入されていて、受付からお会計までの流れをオンライン化することで、患者さんの待ち時間削減を図られています。
デジタルレントゲン・超音波検査・ホルター心電図検査・血圧脈派検査・呼吸機能検査・睡眠時無呼吸検査などの各種検査機器も充実されています。
スムーズな診療を受診したい方や、お身体の精密検査を受診したい方は、設備が整った医院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら柏ハートクリニックの紹介ページ

東京あしの血管クリニック 柏院

  • 駅徒歩5分

JR常磐線 柏駅 東口 徒歩5分

千葉県柏市中央町5番地19号 ニホンメガネビル201号

診療時間
10:00~18:00

※完全予約制
※詳しい診療時間などは医療機関に直接ご確認ください。

東京あしの血管クリニック 柏院はこんな医院です

東京あしの血管クリニック 柏院は、下肢静脈瘤治療を専門とされているクリニックです。完全予約制を採用されているため、待ち時間や混雑を気にすることなくリラックスして治療に臨めるでしょう。
専任のカウンセラーによって治療内容や費用についてを納得できるまで丁寧に説明していただけるため、安心して治療に臨めるでしょう。
下肢静脈瘤の診断を行う上で大切にされているのは足の超音波検査で、検査時間は10分程で、痛みも感じないのだそうです。他にも、心電図検査・血液検査・血管造影検査も合わせて行うことで、より精密な診断を受けることができるそうなので、足の痛みや足がつるなどの症状でお悩みの方は、相談してみてはいかがでしょうか。

東京あしの血管クリニック 柏院の特徴について

・切らないレーザー治療を提供!

東京あしの血管クリニック 柏院では、下肢静脈瘤の治療法の一つとして、切らないレーザー治療を提供されています。
静脈に細いレーザーファイバーを挿入し、パルス派レーザーで逆流を起こしている血管を閉鎖することで、ボコボコになった血管を治療できるのだそうです。
レーザー治療は治療を行った当日に歩いて帰宅できたり、痛みや腫れ・内出血を軽減できるなど、従来の術法に比べて負担が少ない治療法で、全身麻酔の必要もないのだそうです。

・血管内高周波治療も行われています!

東京あしの血管クリニック 柏院では、比較的軽度の下肢静脈瘤に対して、硬化療法や血管内高周波治療などの治療法を提案されています。
血管内高周波治療は、血管内にラジオ派カテーテルを挿入し、照射出力をモニタリングしながらラジオ派を照射する治療法で、エネルギー量のばらつきが少なく術後の痛みも少ないことが特徴なのだそうです。
下肢静脈瘤治療を専門とされている医院で、自分に合った治療法を探してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら東京あしの血管クリニック 柏院の紹介ページ

近隣エリアのおすすめクリニック[PR]

うのさわクリニックうのさわクリニック

柏厚生総合病院

  • バス停留所から徒歩5分

高田下バス停留所 徒歩5分
JR常磐線・東武アーバンパークライン 柏駅 西口 車で5分

千葉県柏市篠籠田617番地

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

※診療科目により診療日時が異なります。

柏厚生総合病院はこんな医院です

柏厚生総合病院は、下肢静脈瘤の治療を行われている血管外科をはじめ、一般外科・呼吸器外科・心臓外科・整形外科などの外科診療から、一般内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・血液内科などの内科診療、小児科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科まで幅広く診療を行われている総合クリニックです。
ひとつの医院でお身体にまつわるあらゆる疾患に対応していただけるため、かかりつけ医としても安心ですね。また、入院設備も整っているので、入院が必要になった場合も安心ですね。
お車での通院はもちろん、バスの場合は「高田下」停留所で下車すると徒歩5分程で医院にたどり着けるため、公共交通機関を利用される方も通院しやすいでしょう。

柏厚生総合病院の特徴について

・負担が少ない新しい治療法!

柏厚生総合病院では、下肢静脈瘤に対する新しい治療であるグルー治療を導入されています。
VenaSealクロ―ジャーシステムと呼ばれるグルー治療器を使用して、血管内に下肢静脈瘤専用の生態接着剤を注入して閉塞させることで、静脈逆流を消失させることができるのだそうです。
グルー治療は熱を用いない治療のため、血管周囲の皮膚や神経への影響や痛みが少ないことが特徴なので、患者さんの負担が少ない新しい治療法と言えるでしょう。

・スペシャリストが在籍しています!

柏厚生総合病院の血管外科では、下肢静脈瘤の治療だけでなく、他にも様々な疾患に対応されています。
診療を担当してくださる医師は、「心臓血管外科専門医」「日本外科学会の外科専門医」という資格をお持ちの医師で、一般外科はもちろん血管外科に関する知識と経験が豊富なスペシャリストと言えるでしょう。
信頼できる医師のもとで下肢静脈瘤など血管にまつわる疾患の治療に臨みたい方は、柏厚生総合病院でお話を聞いてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら柏厚生総合病院の紹介ページ

一和多医院

  • 駅徒歩5分

JR常磐線 柏駅 徒歩5分

千葉県柏市末広町13-11

診療時間
8:30~12:00
14:30~18:00

★:14:30~19:00
※火曜日午前中は呼吸器専門外来となります。

一和多医院はこんな医院です

一和多医院は、JR常盤線・東武野田線「柏駅」西口より徒歩5分の場所に位置しており、駅からのアクセスが大変良好なクリニックです。
診療時間は8:30~12:00/14:30~18:00、金曜日の午後は14:30~19:00、休診日は木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日です。待ち時間や混雑が気になる方は、あらかじめお電話で診療予約を取ってから来院することをおすすめいたします。
院長先生は血管外科だけでなく、一般消化器外科・内科・救急医学・整形外科などさまざまな診療の経験があり、日本外科学会の外科専門医という資格をお持ちの医師のため、下肢静脈瘤治療について不安を抱えられている患者さんも安心してお任せできるでしょう。

一和多医院の特徴について

・デジタルX線を採用!

一和多医院は下肢静脈瘤治療を行われていて、デジタルX線などの新しい検査機器を導入されています。
デジタルX線は従来のX線機器と異なり、撮影した画像をコンピュータで画像処理ができるのだそうです。そのため、患者さんも一緒にモニター上で撮影した写真を確認できたり、より詳細な検査が必要な部分は拡大して確認することができるのだそうです。
ご自身の体の状態を一緒に確認できる医院で、下肢静脈瘤治療に臨んでみてはいかがでしょうか。

・新しい検査機器を導入されています!

一和多医院は、CAVIと呼ばれる新しい脈波検査装置も導入されていて、CAVIは脈波のスタートである心臓の大動脈弁の解放時から足首に到達するまでの速度を精密に測定できるのだそうです。
他にも、自動血球計数・CRP測定装置と呼ばれる、白血球・赤血球・血小板の数や白血球の中の顆粒球の割合、炎症反応などを同時に測定できる検査機器も用意されています。
新しい検査機器を導入されている医院で、丁寧な検査を受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら一和多医院の紹介ページ

おすすめの下肢静脈瘤対応のクリニック4医院まとめ

相談する医院の選び方や好み、先生との相性などは人それぞれだと思います。ご要望にあわせて、じっくりクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?