【2021年】広島市の内視鏡検査♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/06/03  更新日:2021/06/04

広島市で評判の内視鏡検査対応のクリニックをお探しですか?
広島市は広島県の市のひとつで、経鼻内視鏡検査に対応しているなど様々な内視鏡検査対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、広島市でおすすめできる内視鏡検査対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年5月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

広島市で評判の内視鏡検査ができる6医院!

祇園わだ内科クリニック

  • 駅徒歩4分

祇園わだ内科クリニックphoto引用:https://wada.clinic/

JR可部線 下祇園駅 徒歩4分
下祇園バス停留所 徒歩4分
南下安バス停留所 徒歩5分

広島県広島市安佐南区祇園3丁目13-28

診療時間
9:00~12:30
15:00~18:00

※大腸内視鏡検査は木曜日・土曜日は行っておりません。
※最終受付は終了の15分前です。
※胃・大腸内視鏡検査は予約制(当日は要問合せ)

祇園わだ内科クリニックはこんな医院です

祇園わだ内科クリニックphoto引用:https://wada.clinic/

祇園わだ内科クリニックは、消化器内視鏡学会認定の専門医・指導医による内視鏡が受けられるクリニックです。食欲不振などの消化器系の症状を訴えている患者さんに対して内視鏡検査を実施することで、がんの早期発見に努めているそうです。

内視鏡検査を受けやすい環境が整えられており、安心して検査に臨むことができます。大腸内視鏡の前に腸管洗浄剤として下剤を使用する患者さんのために、トイレとテレビが付いた個室を完備しています。検査前もプライベートな空間で検査を待つことができるでしょう。

内視鏡検査を行う内視鏡室は、圧迫感のない広々とした部屋で、清潔な状態に保たれています。さらに、検査後に安静にするためのスペースも用意されています。内視鏡は予約制となっているので、気になる症状がある方は事前に相談してみるとよいでしょう。

祇園わだ内科クリニックの特徴について

・苦痛の少ない内視鏡を実施!

口から内視鏡を挿入する際の嘔吐反射が苦手な方には、鼻から内視鏡を挿入する方法も可能だそうです。新しい経鼻内視鏡を使用しており、画質の鮮明度も口から挿入する場合と変わらず、異常を発見しやすいでしょう。医師と会話しながら検査ができるため、患者さんへの負担が少ないのも特徴です。

内視鏡検査では検査時の苦痛を和らげるのに、鎮静剤が使用されることもあります。さらに、大腸内視鏡検査では、空気の代わりに炭酸ガスを送気し、おなかの張りなどの違和感を軽減する工夫も行われています。

・忙しい方でも内視鏡検査が受けやすい!

胃と大腸の内視鏡検査を同じ日に行うことが可能で、別々の日に通院する必要がないので、忙しい方でも負担が少ないでしょう。また、大腸内視鏡検査時にポリープが見つかった場合には、その場で切除する日帰り大腸ポリープ切除術も可能だそうです。(※経過観察が必要です。)

胃内視鏡検査は夕方からも実施しているため、朝は家事などで忙しく検査を受ける時間がない方も気軽に検査できるでしょう。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら祇園わだ内科クリニックの紹介ページ

やまぐち内科クリニック

  • バス停留所から徒歩1分

やまぐち内科クリニックphoto引用:https://www.yamaguchi-naika-clinic.jp/

西翠町バス停留所 徒歩1分
広島電鉄宇品線 県病院前駅 徒歩3分

広島県広島市南区翠1-3-10

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

やまぐち内科クリニックはこんな医院です

やまぐち内科クリニックは、経口内視鏡検査・経鼻内視鏡検査・大腸内視鏡検査を実施しており、患者さんへの負担が少ない内視鏡検査を得意としているクリニックです。

大腸内視鏡検査を受けるために、下剤を飲む患者さん用のトイレ付きの個室を3部屋完備。検査前に緊張することなく過ごせるようテレビやソファチェアも用意されているそうです。プライバシーに配慮された空間なので、他の人と同じトイレを使うことに抵抗がある方も安心して過ごせるでしょう。検査後には電動リクライニングチェアが完備された部屋で、安静にしてから帰宅できます。

土曜日の午前中にも内視鏡検査が行われているので、平日は忙しい方も相談してみると良いでしょう。

やまぐち内科クリニックの特徴について

・経験豊富な専門医による内視鏡!

内視鏡を担当するのは、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医である院長です。これまで、総合病院などで胃がん・大腸がんの内視鏡治療に取り組んできた経験を活かし、胃がんや大腸がんの早期発見・早期治療を目指して、検査による的確な診断に尽力されています。

また、多くの患者さんが気軽に検査を受けられるよう、必要な時には鎮静剤を使用するなど、苦痛の少ない内視鏡検査も行われています。

・内視鏡によるポリープ切除術にも対応!

やまぐち内科クリニックでは、内視鏡時に特殊な光を当てることで、病変を早期に発見できるように取り組んでいます。ポリープの表面を拡大して観察できるため、切除する必要があるポリープなのかどうかを、その場で判断できるそうです。

切除できる大腸ポリープは、ワイヤーを使用して除去しています。(※経過観察が必要です。)別の日に改めて治療する必要がないので、時間や費用の面でも節約になるでしょう。ただし、ポリープの大きさや形によってはその場での切除が難しい場合もあるとのこと。入院治療などが必要な場合には、連携病院に紹介し継続的に治療が受けられるようサポートしています。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらやまぐち内科クリニックの紹介ページ

おきた内科クリニック

  • バス停留所から徒歩1分

おきた内科クリニックphoto引用:https://www.okita-naika.com/

下岩ノ上バス停留所 徒歩1分
JR芸備線 安芸矢口駅 車で6分

広島県広島市安佐北区落合南1-11-15

診療時間
8:30~13:00
16:00~19:00

★:8:30~14:00

おきた内科クリニックはこんな医院です

おきた内科クリニックphoto引用:https://www.okita-naika.com/

おきた内科クリニックでは、内視鏡検査を得意とする日本消化器内視鏡学会認定の専門医の院長が診療を行い、消化器系の不調を訴える患者さんに対して内視鏡検査を実施しています。

新しい機器を使用し、患者さんの不調の原因を的確に診断することで、病気の早期発見に尽力しています。胃内視鏡検査の目安は10分程度、大腸内視鏡検査は20分程度で、検査自体にはそれほど時間がかからないとのこと。また、胃アニサキス症の疑いがあるなど、緊急性が高い症状の場合には当日の検査も可能だそうです。

木曜日以外の平日は19時まで、土曜日も14時まで診療しているため、仕事が忙しい方も通院しやすいでしょう。胃が痛い、お腹が張るなどの気になる症状がある方は相談してみてはいかがでしょうか。

おきた内科クリニックの特徴について

・大腸カプセル内視鏡検査を実施!

大腸内視鏡検査を試みたものの実施が難しかった経験のある患者さんに対して、大腸カプセル内視鏡による検査が行われています。薬のような形をしたカプセル型の内視鏡を飲み込むことで、腸内の映像を小型カメラが撮影します。

カプセルの大きさは長さ約26mm・直径約11mmと小型で痛みが少なく、放射線被曝の心配もないそうです。コンピューターで画像を解析し、ポリープの有無などを確認できるので、病気の早期発見に役立つでしょう。

・負担の少ない経鼻内視鏡検査!

経口胃内視鏡検査だけでなく、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査も実施しています。口からの検査では嘔吐反射により不快感があった方でも、鼻から挿入することで吐き気などの症状を軽減し、苦痛の少ない検査が行えるそうです。

また、痛みを軽減する目的で鼻腔内に麻酔剤を塗布するため、痛みが苦手な方も安心して検査が受けられます。検査中に医師との会話ができるので、自分の胃の状態について質問することもできるでしょう。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらおきた内科クリニックの紹介ページ

おちうみ内科消化器クリニック

  • 駅から車で3分

おちうみ内科消化器クリニックphoto引用:https://ochiumi-clinic.net/

広島電鉄宇品線・皆実線 皆実町六丁目駅 車で3分

広島県広島市南区西旭町8-8

診療時間
8:30~11:30
15:00~18:00

おちうみ内科消化器クリニックはこんな医院です

おちうみ内科消化器クリニックphoto引用:https://ochiumi-clinic.net/

おちうみ内科消化器クリニックは、口もしくは鼻からの胃内視鏡、大腸内視鏡を実施しています。

胃がんや大腸がんは早期発見・早期治療を行えば、9割は完治が可能とのこと。ただし、がんの早期は症状がないことも多く発見が難しいため、症状があまり出ていない段階で、できるかぎり早く発見できるよう努めているそうです。

胃内視鏡検査は3分~5分程度、大腸内視鏡検査は15分程度で終了します。検査で使用する内視鏡は内視鏡洗浄機によって洗浄と滅菌を行っており清潔な状態で使用されていて、安心して検査が受けられます。朝は8時30分から診療を行っているので、時間が許すなら出勤前に通院することもできるでしょう。

おちうみ内科消化器クリニックの特徴について

・豊富な経験がある専門医による内視鏡!

院長は日本消化器内視鏡学会認定専門医で、内視鏡の検査による消化器系疾患の診断や治療を得意としているそうです。2020年度の年間検査数は胃内視鏡検査3094件、大腸内視鏡検査762件と豊富な経験があります。

検査への不安が強い方は眠った状態での検査も可能だそうです。例えば、口からの胃カメラの場合は静脈麻酔により、苦痛を感じることなく眠っている間に検査が終わるでしょう。経験を活かし、患者さんへの負担が少ない施術が提供されています。

・大腸のポリープ切除による早期治療!

新しい内視鏡を導入しており、特殊な光を放つことにより異常を早期に発見できるそうです。

大腸内視鏡検査の際にポリープが見つかった場合には、悪性の可能性が高いポリープに対しても、形や大きさの条件に合えばその場での切除が可能とのこと。早期発見・早期治療により大腸がんの進行を阻止できます。日帰りでの手術なので、患者さんへの負担が少なくて済むでしょう。(※経過観察が必要です。)

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちらおちうみ内科消化器クリニックの紹介ページ

河村内科消化器クリニック

  • 駅徒歩2分

広島電鉄本線 原爆ドーム前駅 徒歩2分
アストラムライン・広島電鉄宇品線 本通駅 徒歩5分

広島県広島市中区大手町1丁目6番1号

診療時間
8:30~17:30

★:8:30~15:00
※受付終了時間は各担当医師診療時間の30分前までとなります。

河村内科消化器クリニックはこんな医院です

原爆ドーム前電停より徒歩2分にある河村内科消化器クリニックは、日本消化器内視鏡学会に認定されている内視鏡指導施設です。新しい検査機器などを積極的に導入し、鎮静剤などを用いて快適な内視鏡検査を提供するために余念がありません。

内視鏡検査は短時間で終了し、広いリカバリースペースでゆったりと休憩してから帰宅できるため、体への負担も少ないでしょう。

内視鏡検査以外にも消化管に関するお悩み、生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来など幅広い診療を行っています。

河村内科消化器クリニックの特徴について

・日本消化器内視鏡学会に認定された指導施設!

日本消化器内視鏡学会に認定された指導施設である河村内科消化器クリニックは、患者さんが安心して検査を受けられるように設計されています。他の患者さんとすれ違うことなく検査室まで行けるため、前処理などのプライバシーにも十分に配慮されているため安心して受診できるでしょう。

検査は消化器内科内視鏡学会に認定された専門医によって行われ、豊富な経験と高い技術力で不快感の少ない検査を心がけているそうです。落ち着いて快適な検査が受けられるような環境作りに励まれているそうなので、内視鏡検査を検討されている方は一度受診されてみてはいかがでしょうか。

・負担をできる限り軽減する施術!

河村内科消化器クリニックでは、苦痛を感じやすい内視鏡検査をできるだけ快適に受診できるよう、きめ細やかな心配りがされています。スコープが体の中に当たったときの痛みや違和感を軽減するために、鎮静剤を用いた優しい治療が行われているそうです。

また内視鏡検査は胃カメラであれば5~10分、大腸であれば10~15分と短時間で終了するため体への負担が少ないでしょう。検査終了後には、広いリカバリースペースでゆったりと休憩してから帰宅できます。

もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら河村内科消化器クリニックの紹介ページ