【2021年】旭川市の眼科♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/10/04  更新日:2021/10/25

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

旭川市で評判の眼科をお探しですか?
旭川市は北海道の市のひとつで、日曜診療や、夜間診療に対応しているなど様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、旭川市でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2021年10月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

旭川たかはし眼科

  • バス停留所から徒歩1分

旭川たかはし眼科photo

旭川電気軌道:東光1条1丁目 下車 徒歩1分
JR宗谷本線・JR石北本線 旭川四条駅 車で5分
JR函館本線・JR宗谷本線・JR富良野線 旭川駅 車で6分

北海道旭川市東光1条2丁目1-2

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:手術
※受付時間は、8:30〜11:45/13:30〜16:45となります。
※初めて受診される方、眼鏡処方やコンタクトレンズ処方をご希望の方は、午前11:15、午後16:15までにお願い致します。
【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科手術学会
・日本網膜硝子体学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本眼科医会
・日本眼科手術学会
・日本眼循環学会
・北海道眼科医会

旭川たかはし眼科はこんな医院です

旭川たかはし眼科photo

旭川市東光1条にある旭川たかはし眼科では、角膜炎や結膜疾患炎といった突発的な目のトラブルや、眼瞼内反症・睫毛乱生による目の痛みの治療はもちろん、加齢などに伴って視力低下や視界不良が生じる白内障や緑内障の治療にも幅広く対応されています。院長は大学病院の黄斑疾患専門外来や糖尿病網膜症専門外来、眼循環障害専門外来で長年臨床に携わった経験をお持ちで、日本眼科学会認定の眼科専門医として高品質な眼科診療を提供しており、日帰りの白内障手術(※1)や網膜硝子体手術といった専門性の高い治療を強みとされています。

旭川たかはし眼科の特徴について

旭川たかはし眼科photo

・豊富な手術件数!

院長は、目の疾患に関する手術を数多く実施し、多数の方の目の痛みや視力低下を改善されているベテランの先生です。また、診断から手術までのご不安な期間を軽減できるよう手術を週4日で実施しており、より多くの方に目の手術を提供できるよう尽力されています。目の症状でお悩みを抱えている方の見える喜びを回復することで、旭川市の地域医療に貢献できるよう尽力されています。

・新しい医療機器を使用した精密な治療!

院内には、手術中に眼球内を高精細な画像で確認できる広角眼底観察システムを搭載した手術顕微鏡ルメラや、網膜脈絡膜断層像などを精密に撮影することが可能となるOCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)が搭載されたスペクトラルドメイン光干渉断層計など、正確性の高い診断・治療のための医療機器を完備されています。また、白内障手術の際に挿入する眼内レンズの度数を決定するための眼軸長検査機器、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症の治療に有効なレーザー網膜光凝固装置なども取り揃えているそうです。

・網膜硝子体疾患でお悩みの方も!

白内障と網膜硝子体を同時に手術できるコンステレーションビジョンシステムという手術装置を完備しており、高い技術が要求される硝子体手術に対応されています。糖尿病によって視力低下を引き起こす糖尿病網膜症や、眼底出血を起こす網膜静脈閉そく症といった難症例も相談できる体制となっています。また、網膜の一部に穴や裂け目が生じる網膜裂孔、網膜が剥がれて飛蚊症などがみられる網膜剥離、加齢黄斑変性症や黄斑浮腫に対する硝子体注射も行っており、視界のゆがみを生じる黄斑前膜、黄斑円孔といった硝子体出血による網膜硝子体疾患の日帰り手術(※1)にも対応しているそうです。(※1)術前・術後の経過観察が必要です。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら旭川たかはし眼科の紹介ページ

旭川市で評判のおすすめ眼科6医院!

十川眼科

  • 駅から車で4分

JR富良野線 西御料駅 車で4分

北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12-18 旭川メディカルヴィレッジ内

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

★:手術
▲:手術(第4のみ診療あり)
※コンタクトレンズを装用したことのない患者様は午前中の診察はお断りしております。
※再診は一部予約制

十川眼科はこんな医院です

旭川市の十川眼科は、結膜炎やものもらいなど一般的な眼科疾患から白内障、緑内障、網膜疾患などの専門疾患まで幅広く対応、大学病院レベルの眼科医療を提供してくれるクリニックです。日本眼科学会専門医である院長が質の高い眼科治療を通して目の健康回復に向け尽力してくれます。

そのため大学病院の眼科診療で使用されている高性能な医療設備を導入しているそうです。中でも白内障網膜硝子体手術装置や硝子体手術用顕微鏡補助装置、手術用顕微鏡、光学式眼軸長測定装置などを駆使し、専門的な治療や手術が行われています。

完全個室診療で患者さんのプライバシーに配慮、丁寧でわかりやすい治療の説明が行われていますので、ぜひ受診してみてはいかがでしょうか。

十川眼科の特徴について

・日帰り白内障手術に対応!

白内障は日帰り手術に対応しており、数多くの白内障手術実績を有する院長が執刀するそうです。負担の少ない極小切開によって白く濁った水晶体を取り除き、人工眼内レンズを挿入してくれます。(※経過観察が必要)

眼内レンズは単焦点、多焦点、乱視矯正に対応、患者さんの要望に合わせて選択できます。手術時間は約10分前後で院内滞在時間が2時間程度と言われています。翌日から経過観察となり回復まで親身にサポートしてくれますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

・難易度の高い硝子体手術!

十川眼科の院長は、大学病院で研鑽を積んだ眼科疾患の手術経験を活かした硝子体手術が行われています。眼の奥にある硝子体を取り除き、網膜機能を回復させる手術治療となり、さまざまな眼科手術の中でも難易度が高いと考えられている手術です。

院長の優れた手術技術と硝子体手術用顕微鏡補助装置を駆使して、対応してくれます。網膜剥離や糖尿病網膜症などの疾患治療で手術を検討しているなら、まず眼科専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら十川眼科の紹介ページ

たかみや眼科

  • 駅徒歩2分

たかみや眼科photo引用:https://www.takamiya-ganka.com/

JR富良野線 神楽岡駅 徒歩2分
JR函館本線・JR宗谷本線・JR富良野線 旭川駅 南口 車で5分

北海道旭川市神楽5条14丁目1-6

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:手術のみ
※最終受付は午前11:00・午後16:30です。
※初めて受診される方は受付終了時間の30分前までに来院下さい。
※眼鏡処方は予約制

たかみや眼科はこんな医院です

たかみや眼科photo引用:https://www.takamiya-ganka.com/

旭川市のたかみや眼科は、日常によくある眼の一般的な疾患から白内障、緑内障、加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症など専門疾患まで、幅広く対応してくれる地域密着型の眼科クリニックです。患者さんの眼の症状を詳しく把握し、必要な治療について丁寧に説明してくれます。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術や有水晶体眼内レンズによる近視改善手術など専門性の高い眼科医療を提供しているそうです。厚生労働省の先進医療認定施設として医療設備や医師の水準は、十分に基準を満たしており、安心して受診いただけます。

質の高い眼科治療が行われていますので、白内障や緑内障など眼のトラブルでお困りなら、ぜひ一度、相談してみてはいかがでしょうか。

たかみや眼科の特徴について

・新しい視力矯正手術に対応!

角膜を削らない視力矯正で近視を改善する治療が行われています。いわゆる眼内コンタクトレンズ手術であり、眼の中に眼内コンタクトレンズを挿入、視力を向上させるそうです。角膜を削らずに小さく切開し対応するため、負担の少ない手術になります。

術後は、裸眼で帰宅できると言われており、メンテンナスの必要なく快適に生活できます。院長は眼内コンタクトレンズに関する知識と技術を有していますので、視力矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

・白内障の日帰り手術に対応!

白内障は入院の必要がない日帰り手術を基本に対応しているそうです。たかみや眼科では、患者さんの身体に負担がかからないよう小さく切開し、白く濁った水晶体を除去、人工眼内レンズを挿入して眼を正常な状態へと回復してくれます。

また眼内レンズは、単焦点だけでなく多焦点に対応していますので、患者さんのライフスタイルや要望に合わせピントの設定が行われています。手術当日に帰宅できますが、翌日から経過観察の通院治療が必要になるそうです。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらたかみや眼科の紹介ページ

あさひ眼科

  • バス停留所から徒歩4分

あさひ眼科photo引用:https://www.asahi-ganka.com/

バス:旭町2条10丁目 下車 徒歩4分
バス:大町2条10丁目 下車 徒歩6分
JR函館本線 近文駅 車で5分

北海道旭川市旭町2条10丁目

診療時間
9:00~12:30
13:30~17:30

※火曜日午後は手術です。

あさひ眼科はこんな医院です

あさひ眼科photo引用:https://www.asahi-ganka.com/

あさひ眼科は旭川市旭町にある眼科医院です。角膜炎やものもらいといった一般的な眼科診療のほか、白内障や緑内障、お子さまの視力低下や弱視などにも対応した診療が行われています。

後発白内障や糖尿病性網膜症、網膜裂孔などに対しては、レーザー治療器を導入して患者さんへの負担の少ない診療を提供しているそうです。またお子さまの目の症状については、小児眼科を標榜して、各種症状の改善を目指した診療が行われています。

医院の入り口やお手洗いはバリアフリー設計で、院内は全体的に広々としたつくりとなっています。またお子さまが楽しく待てるように、待合室のそばにキッズスペースを設けているそうです。地域のホームドクターとして、さまざまな眼科症状に対応した診療が行われているので、目のお困りごとはあさひ眼科に相談してみるとよいでしょう。

あさひ眼科の特徴について

・レーザー治療器で負担の少ない診療を提供!

あさひ眼科ではレーザー治療器を使用した診療が行われています。レーザー治療器はおもに後発白内障や糖尿病性網膜症、網膜裂孔などの診療で活用しているそうです。

レーザー治療器による診療は、患者さんへの負担が少ない診療方法と言われています。また白内障の手術をしたけれど症状が再び出てしまった場合にも有効だそうです。白内障の症状再発や網膜の病気にお悩みの方は、あさひ眼科に相談してみてはいかがでしょうか。

・お子さまの眼科症状にも対応!

あさひ眼科では大人だけではなく、お子さまの視力低下や弱視、斜視にも対応した診療が行われています。またお子さまの目の病気の予防や改善のために、定期的に検診を受けることを提案しているそうです。

お子さまの目の異常は、大人よりも見つけにくいと言われています。学校の検診で要検査の判定が出た場合や、お子さまの目線に違和感がある場合は、医師に診てもらうことが大切です。お子さまの目の気になる症状は、小児眼科を標榜しているあさひ眼科に相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらあさひ眼科の紹介ページ

旭川たかはし眼科

  • バス停留所から徒歩1分

バス:東光1条1丁目 下車 徒歩1分
JR宗谷本線・JR石北本線 旭川四条駅 車で5分
JR函館本線・JR宗谷本線・JR富良野線 旭川駅 車で6分

北海道旭川市東光1条2丁目1-2

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00

★:手術
※最終受付は午前午後とも終了の15分前です。
※初めて受診する方、眼鏡処方、コンタクトレンズ処方をご希望の方の最終受付は終了の45分前です。

旭川たかはし眼科はこんな医院です

旭川たかはし眼科は、旭川市東光にある眼科医院です。白内障や緑内障、結膜疾患、斜視など、さまざまな眼科疾患に対応した診療が行われています。

手術では、硝子体手術と白内障手術を同時施行できるコンステレーションビジョンシステムを活用しているそうです。また近視や遠視、乱視の屈折状態を測定する検査では、両眼同時に測定可能なハンディレフが使用されています。短時間で測定できるため、小さなお子様も怖がらずに検査に臨めるでしょう。

院内はアイボリーと茶色を基調とした落ち着いた空間となっています。無料Wi-Fiも完備されているそうなので、待ち時間も快適に過ごせるでしょう。各種眼科症状にお困りでしたら、旭川たかはし眼科に相談してみてはいかがでしょうか。

旭川たかはし眼科の特徴について

・高性能な手術装置で日帰り手術を実現!

旭川たかはし眼科では、日帰りで白内障手術網膜硝子体手術が行われています。コンステレーションビジョンシステムという手術装置を導入して、短時間の日帰り手術を実現したそうです。(※経過観察が必要)

コンステレーションビジョンシステムを用いると、手術時の切開範囲がとても小さく済むと言われています。また切開部を縫い合わせる必要がなく、硝子体手術と白内障手術の同時施行も可能だそうです。白内障や硝子体出血にお悩みの方は、旭川たかはし眼科に相談してみてはいかがでしょうか。

・両眼同時に測定可能なハンディレフを活用!

旭川たかはし眼科では、近視や遠視、乱視の屈折状態を測定する際に、スポットビジョンスクリーナーというハンディレフが活用されています。乳幼児や、車いすを使用している患者さんの検査時に役立てているそうです。

スポットビジョンスクリーナーは、ハンディレフのなかでも新しい検査機器で、両眼同時に屈折状態を測定できると言われています。検査時間が短時間で済むので、小さなお子さまも安心して検査を受けられるでしょう。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら旭川たかはし眼科の紹介ページ

あさひかわ眼科クリニック

  • バス停留所から徒歩1分

バス:1条昭和通 下車 徒歩1分
JR函館本線・JR宗谷本線・JR富良野線 旭川駅 徒歩5分

北海道旭川市1条通6丁目78-1 クリスタルビル5階

診療時間
8:45~12:00
14:00~18:00

★:手術
※月曜日午後・木曜日午後は手術も行っております。
※お子様の視力検査、眼鏡合わせ、初めてのコンタクト処方の最終受付は午前11:00・午後17:00です。
※再診予約制

あさひかわ眼科クリニックはこんな医院です

あさひかわ眼科クリニックは、旭川市にある眼科クリニックです。ドライアイや眼精疲労などの診療のほか、白内障や緑内障の手術も行われています。

白内障の手術では、新しい手術支援システムを活用して、個々の状態に適した眼内レンズを選択しているそうです。また緑内障の診療においては、薬物療法や手術の実施とあわせて、患者さんが継続しやすい診療方法の提案もされています。

あさひかわ眼科クリニックでは、眼科医療を通じて地域の人々の目の健康増進に貢献することを診療理念としているそうです。多くの眼科疾患に対応した診療体制が整っているので、旭川市で眼科医をお探しでしたら、あさひかわ眼科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

あさひかわ眼科クリニックの特徴について

・新しい手術支援システムによる白内障手術!

あさひかわ眼科クリニックでは、新しい手術支援システムを活用した白内障手術が行われています。手術支援システムを使用することで、手術中にも眼の状態を測定し、より適した眼内レンズを選択できるそうです。

白内障手術に使用される眼内レンズは、多種多様であると言われています。あさひかわ眼科クリニックでは、乱視矯正に効果的な乱視矯正用眼内レンズを積極的に使用しているそうです。より精度の高い白内障手術をお求めの方は、あさひかわ眼科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

・継続できる緑内障診療を提案!

緑内障は継続的な診療が必要な疾患と言われています。緑内障の進行を防ぐためにも、長期にわたって眼圧や視野を管理することは大切だそうです。

あさひかわ眼科クリニックでは、眼圧測定や視野検査などをとおした長期的な緑内障管理が行われています。また緑内障の病型や進行度に合わせて、薬物療法や手術が実施されています。患者さんが無理なく診療を継続できる方法が提案されているので、緑内障の診療はあさひかわ眼科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらあさひかわ眼科クリニックの紹介ページ