歯周病と全身疾患の関連性

こんにちは。千葉県習志野市大久保にある「メープルデンタルクリニック大久保」の院長で日本歯周病学会認定医の剣持正浩と申します。
 
最近、メディアなどで取り上げられることが多くなった歯周病ですが、全身の健康にも影響を及ぼす可能性があるとされる報告が年々多くなってきており、医科の世界でも注目されています。
そもそも、歯周病は、細菌によって引き起こされる感染症であり、歯ぐき(歯肉)や歯を支えている歯槽骨や歯根を覆っているセメント質、その歯根と歯槽骨の間を結びつけている歯根膜などの歯周組織にまで炎症が及ぶ病気です。歯周組織の破壊を引き起こす特定の細菌を歯周病原細菌と呼びますが、口の中にはどれぐらいの細菌がいるかご存知でしょうか?

口の中にいる細菌叢は約500〜600種類から構成されていて、このうちの約20菌種が歯周病に関連があると考えられています。かなりの種類の細菌が、口に中に存在していることにビックリしている方もいるかもしれませんが、プラーク(歯に付着している白や黄色の粘着性の沈着物のことで、食べかすではありません。多くの細菌や細菌の産生物から構成されていて歯垢とも呼ばれます)1mg中には、10億個の細菌がいるといわれていて、体の中に住みついている細菌の中で、最も密度が高い細菌の塊であるかもしれません。

そんな量の細菌が存在しているのですから、プラークコントロール(歯みがきなどによる口腔清掃)が不良であれば、単純に歯周病や虫歯だけではなく、細菌の供給源として、様々な臓器に影響を及ぼす可能性のある慢性炎症であることがわかっていただけると思います。
 
今回は、歯周病と関わりがあると考えられている全身疾患についてのお話です。

剣持 正浩

執筆歯科医師
剣持 正浩(日本歯周病学会認定医)

プロフィールをもっと見る
《保有資格》
日本歯科麻酔学会認定医。日本歯周病学会認定医等。東京歯科大学歯科麻酔学講座非常勤講師等。
《自己紹介》
劒持 正浩です。皆様のお口の健康の改善に努めることをお約束いたします。 

「歯周病と関わりのある全身疾患とは?」

歯周病が関連すると考えられる疾患としては以下のものが挙げられます。
 
1 糖尿病
2 心疾患・脳血管疾患
3 誤嚥性肺炎
4 早産・低体重時出産
5 誤嚥性肺炎
6 関節リウマチ
7 菌血症
8 慢性腎疾患
9 非アルコール性脂肪性肝炎
 
関連性が考えられる疾患だけでも、これだけありますから、歯周病がいかに恐ろしい病気であることがよくわかります。また、歯周病はひどくなるまで、自覚症状が出にくい疾患です。

必要以上に怖がる必要はありませんが、歯周病は予防できる疾患です。また、すでに歯周病に罹患していたとしても、歯周病の程度により、治療内容や治療期間はかかるかもしれませんが、治療することができる疾患です。しかし、一番大事なのは、適切な治療を受けるのはもちろんですが、ご自身で適切なプラークコントロールを行うことと、継続したメンテナンスが必要です。
 
次は、それぞれの疾患について見ていきましょう。

糖尿病

歯周病は、糖尿病の第6の合併症ともいわれていて、歯周病のリスク因子と考えられていますから、歯周病の治療を行ううえで、糖尿病の既往や現状を把握することは非常に重要です。糖尿病による免疫機能の低下は、歯周病原細菌の増殖につながり、微小循環の障害(血行不良)により歯周組織の抵抗性が減弱することによって、歯周病が進行します。

歯周病により炎症が起きているところでは、炎症性サイトカイン(免疫に関与する低分子の特定のタンパク質)が生み出されており、炎症性サイトカインはインスリンの働き(血糖値を下げる)が阻害されることが示唆されていますし、歯周病は糖尿病を悪化させるという報告もあります。また、糖尿病患者は、歯周病の発症率が高くなるという報告や、歯周病治療を行うことで、血糖コントロールが改善することも報告されています。

以上より、糖尿病と歯周病の間にはお互いに関連性があるといわれています。

動脈硬化症

動脈硬化症とは、動脈が硬くなり弾性を失い、血管がつまりやすくなった状態のことをいいます。血管がつまれば、冠状動脈心疾患や脳梗塞を引き起こします。古典的なリスク因子として、年齢、性別、血圧、喫煙などがありますが、現在では、脂質異常症、糖尿病、肥満についても明らかになっています。

近年では、高感度CRP(体内で炎症反応や組織の破壊が起きているときに血中に生じるタンパク質)という値もリスクマーカーとして有用であると報告されています。この高感度CRPは、歯周病患者で有意に増加することが明らかになっていますし、歯周病の治療を行うことで、低下することが報告されていることから、歯周病による全身性の炎症反応が強まることで、血管障害の発症や進行に関与する可能性が報告されています。

このことから、歯周病による炎症により生じる炎症性物質の数値が高いと動脈硬化が起こりやすくなると考えられています。
また、歯周病の人はそうでない人より1.5~2.8倍、冠状動脈心疾患(狭心症や心筋梗塞)になりやすいと報告もあります。

肥満

肥満は、インスリン(血糖値を下げる働きをするホルモン)に対する組織の反応が悪くなりますから、糖尿病・高血圧症・高脂血症・動脈硬化性疾患を発症する危険性を高めます。

肥満の指標であるBMIが高いほど歯周病にかかりやすいと報告されていて、BMIが20未満の人を1とすると、BMI20〜24.9: 1.7倍、BMI25〜29.9: 3.4倍、BMI30以上: 8.6倍、歯周病にかかりやすくなるという報告がされています。

早期低体重児出産

早期低体重児出産とは、「妊娠24週以降37週未満での分娩、または体重2500g未満の低体重児出産」のことをいい、中等度以上に進行した歯周病をもつ母親は、そうでない母親より低体重児を出産するリスクが7倍以上高いと報告されています。

このことを検証するために、様々な研究が行われてきましたが、現在までにわかっていることは、妊婦の歯周病と低体重児早産は関連性があることと、ヒトの羊水や胎盤に歯周病菌が検出されることがあることです。

誤嚥性肺炎

口から食道へ入るべき食べ物などが、気管や肺に入ってしまうことを誤嚥といい、誤嚥により発症する肺炎を誤嚥性肺炎といいます。嚥下機能が衰えている高齢者は食べ物など異物が気管に入った時の咳反射(咳により体外に出そうとする)も弱っているため、誤嚥性肺炎を発症します。

近年では、誤嚥性肺炎の予防や、がん周術期、脳血管障害の方への口腔ケアの重要性が指摘されています。この背景には、高齢、多剤の薬の服用、がん治療(化学療法・放射線療法)などによる唾液分泌量の減少や、麻痺によるプラークコントロールの不良などが、口腔内細菌が増えやすい環境であると考えられるためです。

誤嚥性肺炎の発症や悪化と、歯周病との関連性を明確にしたものはありませんが、口腔内の細菌が肺胞内から検出されていますし、口腔内の細菌量を減少させる口腔ケアが重要であると思われます。

関節リウマチ

歯周病と関節リウマチはお互いに関係していることが示唆されていますし、P. gingivalisと呼ばれる歯周病原細菌の感染により、関節炎を引き起こすことが報告されています。

また、関節リウマチは、手指が動かしにくくなることで、ブラッシングが困難になること、骨粗鬆症の併発、ストロイドや免疫抑制剤の服用によって感染しやすい状態(易感染性)になることで、歯周炎を発症しやすくなると考えられています。

関節リウマチと歯周病にかかっている患者に対して、歯周病の治療を行うと、関節の痛みや腫れが減り、関節リウマチの検査値が下がったと報告されています。

慢性腎臓病

腎機能が慢性的に低下する病気です。慢性腎臓病患者に重度の歯周病が認められるという報告が数多く発表されていて、近年、歯周病と慢性腎臓病の関連性が注目されています。
腎機能が低下すると、免疫力が低下して感染しやすい状態(易感染性)になることと、歯を支える歯槽骨を含む全身の骨量が低下することによって、歯周病が進行する可能性が考えられます。

また歯周病により炎症がおきているところでは、炎症によりつくりだされた炎症性サイトカイン(免疫に関与する低分子の特定のタンパク質の総称のこと)などによって、結果的には腎機能が低下します。

非アルコール性脂肪性肝炎

肥満に伴う慢性的な肝臓の病気のことで、非アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪性肝炎があり、この2つの疾患の総称を非アルコール性脂肪性肝疾患と呼びます。世界的にも罹患率が高く、日本人の約10〜30%が罹患しているとされており、糖尿病やメタボリックシンドロームとも関連があります。

非アルコール性脂肪性肝炎は文字通り、非アルコール性脂肪肝から炎症が起きた状態のことをいいます。さらに病状がすすむと肝硬変肝癌に移行する可能性があります。

歯周炎病巣からのP. gingivalisと呼ばれる歯周病原細菌による感染は、非アルコール性脂肪性肝炎の病状を進行させ、特に肝臓の繊維化を増悪させる可能性が高いと考えられています。

まとめ

歯周病が全身に与える影響や、全身の病気が歯周病に与える影響について多くのことが報告されています。歯周病は予防や、治療ができる病気です。歯周病を予防するための定期的な検診やメンテナンスや、適切な治療を行うことが、全身の健康維持のためにも必要だと考えられます。そのためにも、歯周病における適切な知識をもつ日本歯周病学会認定医・専門医がいるクリニックを受診しましょう。