歯間ブラシの使用法について

公開日:2018/12/28  更新日:2020/02/05

こんにちは。埼玉県草加市谷塚にある歯科医院,“谷塚藤波歯科医院” 院長で日本歯周病学会専門医の藤波弘州と申します。
歯周病の治療を受ける際に,歯ブラシの状態や,歯ブラシの行い方のお話をされた方も多いのではないかと思います。歯周病治療では患者さん自身の歯ブラシが非常に大切であり,歯ブラシの状態が良好であれば歯周病治療の効果も良好になることが多く見られます。しかし,お口の中のケアは歯ブラシを用いたブラッシングだけではありません。
今回は歯間清掃器具の一つである,歯間ブラシについてお話したいと思います。

 プラークコントロール

歯間ブラシは口腔清掃器具の中の1つです。その他には,歯ブラシ,デンタルフロス,小ブラシといったものがあります。
口腔清掃器具はその名の通り,お口の中を綺麗に掃除するためのものです。歯周病の原因となるプラークを除去し,口の中を清潔に保つためにこれらの器具を使用します。これをプラークコントロールといいます。
プラークコントロールには患者さん自身によるお口の中の管理(セルフケア)と,歯科医院で行うお口の管理(プロフェッショアルケア)に大きく分けられます。このセルフケアは,歯ブラシや歯間ブラシなどが基本となる機械的プラークコントロールと,歯ブラシ以外のうがい薬や歯磨剤を使用する化学的プラークコントロールに分けられます。セルフケアは,細菌性プラークが増えていくのを手助けするような軟らかい食べ物を減らす,自浄作用の高い繊維性食物を摂る,といった生活習慣の改善も含まれます。このセルフケアを確実に行うことが歯周病治療では非常に大切で,これが出来ていないと歯科医院でどんな良い治療を行っても,治療効果が十分に得られません。
 

 歯間ブラシとは

歯間ブラシは,歯の間に残ったプラークを取り除くための器具で,針金にナイロン毛をつけたものや,ゴム製の小さなブラシです。
歯肉炎,歯周炎やむし歯は歯と歯の間によく見られます。この歯と歯の間には通常の歯ブラシは毛先が届きにくいため,プラークが停滞してしまうことにつながります。この停滞したプラークを,デンタルフロスや歯間ブラシを用いて効果的に除去することが,非常に重要となります。歯間ブラシは歯と歯の間が大きな場合,ブリッジの下,矯正している際の装置の周辺に使用します。
 

 歯間ブラシの大きさ

各メーカーによっても異なりますが,5~7サイズ程度に分けられています。細いサイズは,狭い歯間部や歯茎があまり下がっていないけど歯間ブラシが入る場所,中程度のサイズは少し歯茎が下がっている場所,大きいサイズは歯茎が下がって歯と歯の間が広くなっている場所やブリッジの周辺に使用すると良いでしょう。ただしサイズを選ぶ際の重要なポイントは,歯と歯の間に抵抗なく挿入できること,です。
歯は前歯,小臼歯,大臼歯に分けられます。それぞれの場所によって歯茎の下り度合い,歯と歯の間の距離が異なります。従って,1人の方でも数種類のサイズを選んで使用する必要があることが多いです。
 
 

 歯間ブラシの入れ方,動かし方

歯肉を傷つけないように,歯に沿うようにゆっくりと斜めに挿入します。そのまま歯間ブラシを隙間に対して水平にして,歯の面に沿わせた状態で2~3回動かして使います。奥歯に関してはベロ側からも同じように行うと,より効果的にあります。ただし,入りにくい場所に無理やり入れると歯茎が傷ついてしまいます。
歯と歯の間に抵抗なく挿入できること,無理なく動かせる大きさが,適したサイズと言えます。はじめて使用する場合は,小さいサイズから試すと良いです。
強引に動かしてしまうと,ブラシや針金で歯や歯肉を傷つけてしまう可能性があります。くれぐれも無理に動かさないよう注意して下さい。
また歯肉炎,歯周炎になっている場所に歯間ブラシを通すと,軽い刺激でも出血することがあります。ただしプラークをしっかり取り除くことで,歯肉の炎症が改善され,歯肉が引き締まります。歯肉が引き締まった結果,隙間が大きくなることがあります。
 

 取り扱い

お手入れは,流水下でこすり洗いをして,風通しの良いところで保管して下さい。歯間ブラシの毛が毛羽立ったり,短くなったら交換時期です。またゴム製のものは使い捨てが基本になります。
 

 まとめ

プラークコントロールの主体は歯ブラシを用いたブラッシングになります。このブラッシングの効果をより一層高めていくためにデンタルフロス歯間ブラシを使用して、歯と歯の間のプラークを除去していきます。したがって,歯間ブラシだけを使用しても口腔内の清掃状態は改善しませんし,誤った方法で使用すると歯茎を下げてしまう結果に繋がりかねません。日本歯周病学会認定専門医・認定医が在籍する歯科医院を受診され,正しいブラッシング法そして皆さんに適した歯間ブラシのサイズ・動かし方を指導してもらうことをお勧めいたします。