【2021年】埼玉県の下肢静脈瘤治療♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/06/28  更新日:2021/08/08

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

埼玉県で評判の下肢静脈瘤対応のクリニックをお探しですか?
埼玉県には、日帰り手術に対応している、治療経験豊富な医師が在籍しているなど、様々な下肢静脈瘤対応のクリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、埼玉県でおすすめできる下肢静脈瘤対応のクリニックをご紹介いたします。
※2021年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

埼玉県で評判の下肢静脈瘤対応のクリニック6医院

アキ循環器・血管外科クリニック(さいたま市)

  • 駅徒歩4分

アキ循環器・血管外科クリニックphoto

JR各線 浦和駅 北口 徒歩4分
JR各線 浦和駅 西口 徒歩6分

国際興業バス・東武バス:市民会館(入口) 下車 徒歩1分

埼玉県さいたま市浦和区仲町1-6-6 うらわメディカルBld.4階

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00

※完全予約制
※受付時間は、8:45~11:30/13:30~17:30となります。

【所属・学会など】
・日本外科学会 外科専門医
・日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医
・日本循環器学会 循環器専門医
・日本胸部外科学会
・日本血管外科学会
・日本静脈学会
・日本医師会

アキ循環器・血管外科クリニックはこんな医院です

アキ循環器・血管外科クリニックphoto

アキ循環器・血管外科クリニックは、心臓と血管の病気に特化した専門のクリニックで、足の血管の病気である下肢静脈瘤の治療に注力しています。下肢静脈瘤は、血液が逆流し足の太い静脈にうっ滞することで血管が徐々に膨らみ、浮き出てくるだけでなく足がむくむ、だるい、皮膚が黒くなる、かゆみが出るなど様々な症状がでる疾患だそうです。治療には痛みが伴うものとイメージしている方も多いと思いますが、日帰り手術にも対応しているので(※術前・術後は経過観察が必要です)、「足がむくむ・冷える」「夕方になると足がだるい」など、日常的に気になる症状がある方は、一度相談してみることをオススメします。交通アクセスは、JR「浦和駅」北口から徒歩4分、国際興業バス・東武バス「市民会館(入口)」バス停より徒歩1分となっています。

アキ循環器・血管外科クリニックの特徴について

アキ循環器・血管外科クリニックphoto

・下肢静脈瘤の原因である血液の逆流を改善!

下肢静脈瘤の治療には、レーザーファイバーや高周波カテーテルを用いた血管内焼灼術ストリッピング手術硬化療法があり、アキ循環器・血管外科クリニックでは2019年から保険適用となったグルー治療も行われているそうです。グルー治療は、静脈瘤の中の血液の逆流を、医療用接着剤でせき止める治療法です。グルー治療は、血管内焼灼術ストリッピング手術と比べて体のダメージが少ないので、神経が近いくるぶし近くの静脈瘤に対しても、安全性の高い治療が期待できるでしょう。

・複雑な下肢静脈瘤にも対応!

下肢静脈瘤は血管が膨らんで浮き出てくるだけでなく進行すると皮膚のかゆみや色素沈着、湿疹などが出てきて最終的には潰瘍ができてしまうそうです。
下肢静脈瘤が進行するとこのように病状が複雑になるので様々な病状に合わせて血管内焼灼術ストリッピング手術グルー治療を適切に使い分けることが大切です。
また、手術だけでなく硬化療法という治療や弾性ストッキングによる保存的治療法も組み合わせて複雑な下肢静脈瘤の治療を行っているとのことでした。

・日本循環器学会認定の専門医!

院長は、日本外科学会認定の外科専門医だけでなく、日本血管外科学会の心臓血管外科専門医と日本循環器学会認定の循環器専門医の資格もお持ちで、専門医として培った豊富な臨床経験と深い知識を活かした下肢静脈瘤治療を得意とされています。クリニック単位で患者さんの心臓系、血管系の症状を総合的に診ることが期待できるでしょう。心臓血管系の疾患に特化して診療されているため、下肢静脈瘤以外の症状の治療を受けることが可能です。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちらアキ循環器・血管外科クリニックの紹介ページ

ふじみ野血管外科・内科クリニック(ふじみ野市)

  • 駅から車で5分

ふじみ野血管外科・内科クリニックphoto引用:https://www.fujimino-kekkan.com/

東武東上線 上福岡駅 車で5分

埼玉県ふじみ野市清見1-2-14

診療時間
9:00~12:30
15:00~18:00

★:14:00~17:00
※最終受付は午前12:00・午後17:30(土曜日16:30)となります。
※予約優先制

ふじみ野血管外科・内科クリニックはこんな医院です

ふじみ野血管外科・内科クリニックphoto引用:https://www.fujimino-kekkan.com/

埼玉県ふじみ野市にあるふじみ野血管外科・内科クリニックでは、一般的な内科診療や外傷、循環器疾患などに対する診療が行われています。

またふじみ野血管外科・内科クリニックでは、下肢静脈瘤の治療も積極的に行っているそうです。下肢静脈瘤の治療では、ELVeSレーザー1470nmという保険適用の機器が導入されています。レーザー治療に際しては局所麻酔と静脈麻酔を使用し、体への負担軽減に努めているそうです。

院内は薄い茶色が基調となっています。落ち着いた空間づくりに配慮しているそうです。幅広い診療が行われているので、ふじみ野市でかかりつけ医をお探しの方は、ふじみ野血管外科・内科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

ふじみ野血管外科・内科クリニックの特徴について

・保険適用のレーザー機器を使用!

下肢静脈瘤の治療において、ふじみ野血管外科・内科クリニックでは、保険適用のレーザー機器が使用されています。使用されている機器は、ELVeSレーザー1470nmという新しい機器だそうです。

ELVeSレーザー1470nmは、手術後の皮下出血や疼痛を軽減できると言われています。また手術による傷も小さく済むそうです。保険適用内で下肢静脈瘤を改善したい方は、ふじみ野血管外科・内科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

・麻酔を工夫した下肢静脈瘤のレーザー治療!

下肢静脈瘤に対する診療方法のひとつとして、ふじみ野血管外科・内科クリニックでは、レーザー治療が採用されています。レーザー治療を実施する際には、局所麻酔と静脈麻酔を組み合わせているそうです。

局所麻酔に加えて静脈麻酔を使用すると、治療中の緊張が緩和されるため、体への負担を軽減できると言われています。なるべくリラックスした状態で下肢静脈瘤を治療したい方は、ふじみ野血管外科・内科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちらふじみ野血管外科・内科クリニックの紹介ページ

きむら内科外科クリニック(川口市)

  • バス停留所から徒歩1分

きむら内科外科クリニックphoto引用:https://kimurasurg.com/

西青木二丁目バス停留所 徒歩1分
JR京浜東北線 西川口駅 東口 徒歩6分

埼玉県川口市西青木1-21-19

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

★:予約のみ

きむら内科外科クリニックはこんな医院です

きむら内科外科クリニックphoto引用:https://kimurasurg.com/

2016年10月に開院されたきむら内科外科クリニックでは、一般的な内科診療や乳がん検診、下肢静脈瘤の治療などが行われています。

下肢静脈瘤の治療では、血管内レーザー焼灼術や、レーザー手術が困難な下肢静脈瘤に対して行う静脈抜去術を実施しているそうです。血管内レーザー焼灼術には新しいレーザー焼灼装置が使用されています。

アクセスは西川口駅の東口から徒歩6分となります。駐車場が完備されているので、車を利用する方も通院しやすいでしょう。休診日は水曜日・日曜日・祝日となります。地域に根差した診療が提供されているので、体の不調はきむら内科外科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

きむら内科外科クリニックの特徴について

・痛みの少ない下肢静脈瘤の治療!

幅広い疾患に対応しているきむら内科外科クリニックでは、下肢静脈瘤の治療が行われています。下肢静脈瘤の治療で扱っている診療方法のひとつが、血管内レーザー焼灼術だそうです。

血管内レーザー焼灼術は、レーザー光の照射で発生した熱によって静脈を閉塞させる診療方法で、痛みが少ないと言われています。きむら内科外科クリニックでは、新しいレーザー焼灼装置を使用しているそうです。痛みの少ない診療が行われているので、下肢静脈瘤にお悩みの方は、きむら内科外科クリニックに相談してみるとよいでしょう。

・伏在型の下肢静脈瘤に対応!

下肢静脈瘤は、静脈瘤の原因や瘤の状態によっていくつかのタイプに分類されると言われています。伏在型の下肢静脈瘤には、ふくらはぎを中心に血管がでこぼこになる、足にだるさやむくみが出るといった症状がみられるそうです。

きむら内科外科クリニックでは、伏在型の下肢静脈瘤に対して静脈抜去術が実施されています。静脈抜去術はレーザー手術が困難な下肢静脈瘤に対して行う診療方法だそうです。下肢静脈瘤の症状がみられる方は、きむら内科外科クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちらきむら内科外科クリニックの紹介ページ

大宮セントラルクリニック(さいたま市)

  • 駅徒歩5分

大宮セントラルクリニックphoto引用:https://oc-clinic.jp/

JR各線 大宮駅 西口 徒歩5分

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-9-18 大宮三貴ビル3F

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

※完全予約制

大宮セントラルクリニックはこんな医院です

大宮駅西口より徒歩5分の場所にある大宮セントラルクリニックは、日帰り手術専門のクリニックです。下肢静脈瘤や鼠径ヘルニア、透析アクセスの日帰り手術が行われています。(※術前・術後の経過観察が必要です)

下肢静脈瘤の手術においては、血管内焼灼術血管内塞栓術に対応しているそうです。痛みの少ない手術を実施するために、静脈麻酔と局所麻酔が活用されています。

診療は完全予約制で行われています。予約は電話もしくはオンラインで申し込めるそうです。クリニックのホームページに問い合わせ専用メールフォームが設けられているので、予約前に確認したいがある場合も安心できるでしょう。下肢静脈瘤や鼠径ヘルニアの手術について、大宮セントラルクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

大宮セントラルクリニックの特徴について

・日帰りでできる下肢静脈瘤の手術!

日帰り手術専門のクリニックである大宮セントラルクリニックでは、下肢静脈瘤の日帰り手術が行われています。診療にあたっては、患者さんの病状や生活スタイルに沿った診療方法を提案しているそうです。(※術前・術後の経過観察が必要です)

術式としては、レーザー・高周波での血管内焼灼術や、接着剤による血管内塞栓術に対応されています。血管内治療は手術後の痛みが少なく、日常生活に与える影響も少ないそうです。下肢静脈瘤の手術を検討中の方は、大宮セントラルクリニックに相談してみるとよいでしょう。

・麻酔を活用した下肢静脈瘤手術!

下肢静脈瘤の手術を実施している大宮セントラルクリニックでは、手術に際して静脈麻酔と局所麻酔が活用されています。静脈麻酔と局所麻酔を組み合わせることで、眠っているうちに手術が終了するだけではなく、手術後の痛みも少なくなるそうです。

手術後には、リカバリ室で休憩をする時間が設けられています。安心できる診療体制で手術が行われているので、下肢静脈瘤にお悩みの方は大宮セントラルクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら大宮セントラルクリニックの紹介ページ

川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニック(川越市)

  • 駅徒歩2分

JR川越線・東武東上線 川越駅 徒歩2分

埼玉県川越市脇田本町8-1 U_PLACE MEDICITY6階

診療時間
10:00~19:00

※最終受付は18:00です。
※日曜日以外の祝日は診療しています。
※予約優先制

川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックはこんな医院です

下肢静脈瘤治療やハンドベイン治療が行われている川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックは、埼玉県川越市にあるクリニックです。膝の痛みを改善したい方に向けた膝関節治療も行われています。

下肢静脈瘤治療では、弾性ストッキング指導や硬化療法のほか、血管内治療にも対応しているそうです。下肢静脈瘤を診断する際には、体の表面から静脈を調べられる超音波検査が実施されています。

休診日は日曜日で、日曜日以外の祝日は診療を行っているそうです。平日の受診が難しい方も通院しやすいでしょう。下肢静脈瘤をはじめとする血管の症状にお悩みでしたら、川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックの特徴について

・超音波検査で下肢静脈瘤を診断!

静脈造影は、下肢静脈瘤を診断する際に行われる昔ながらの検査方法であると言われています。静脈造影では注射やレントゲンによる造影を必要とするため、体にかかる負担が大きいそうです。

川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックでは、下肢静脈瘤の診断において、超音波検査が中心的に実施されています。超音波検査は体の表面から静脈を調べることができ、検査は10分程度で完了するそうです。血管外科の医師による安心できる検査が行われているので、下肢静脈瘤の症状がみられる方は、川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックに相談してみるとよいでしょう。

・下肢静脈瘤に血管内高周波治療を実施!

血管内焼灼術や硬化治療、ストリッピング手術など、下肢静脈瘤治療にはいくつかの診療方法があると言われています。複数の診療方法に対応可能な川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックの下肢静脈瘤治療では、病状に適した診療方法を提案しているそうです。

診療方法の中でも、川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックでは血管内高周波治療がおすすめされています。血管内高周波治療は体への負担が少ないそうなので、ご自身の症状が適応するか川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの下肢静脈瘤対応のクリニックのことを知りたい方はこちら川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニックの紹介ページ