1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 痔を治療したのに、なぜ再発してしまうのか。原因と再発予防を解説

痔を治療したのに、なぜ再発してしまうのか。原因と再発予防を解説

公開日:2022/05/12
痔を治療したのに、なぜ再発してしまうのか。原因と再発予防を解説

痔の治療をしたのに、再発してしまう。そういうケースも少なくありません。痔には、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、あな痔(痔瘻)があります。便秘や下痢がある場合には、外科的な治療をしてもいぼ痔や切れ痔を再発してしまうことがあり、汗をかきやすい人などでは、あな痔の再発率も高いといいます。では、どうしたら痔の再発を予防することができるのでしょうか。痔が再発してしまう原因や再発予防のための注意点について、田島外科の田島雄介先生に話を聞きました。

田島先生

監修医師
田島 雄介(田島外科 院長)

プロフィールをもっと見る

埼玉医科大学卒業。埼玉医科大学総合医療センターや肛門疾患の専門病院などを経た2019年、「田島外科」を継承。生活習慣病などの内科疾患から外傷などの外科疾患も扱っている。医学博士。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医・指導医、日本臨床肛門病学会技能指導医、難病指定医、日本医師会認定産業医、埼玉医科大学非常勤講師。日本臨床外科学会、日本遺伝性腫瘍学会、日本消化器内視鏡学会の各会員。

痔の治療について

痔の治療について

編集部編集部

痔の治療法にはどんなものがあるのでしょうか?

田島先生田島先生

痔の種類(いぼ痔、切れ痔、あな痔)や重症度に応じて、坐薬や内服薬、外用薬、手術などの治療法があります。痔になったからといって、必ずしも治療が必要なわけではなく、軽症の場合には保存療法で様子をみることもあります。

編集部編集部

では、いぼ痔(痔核)の治療について教えてください。

田島先生田島先生

いぼ痔の治療では、便通を良くしていきみを避けることが大事で、注入軟膏などの内科的治療で症状が改善することがほとんどです。出血がひどい場合や、いぼが肛門から出てしまっていて日常生活に支障を来す場合には手術(硬化療法、ゴム輪結紮術、結紮切除術など)を行うこともあります。また、「血栓性外痔核」といういぼ痔が外にできて激痛を伴う症状では、緊急的に外来で麻酔をかけ、穴を開けて血の塊を取る手術(血栓摘除術)をすることもあります。しかしこれは根本的な治療ではなく、あくまで応急的な治療として行われます。

編集部編集部

切れ痔(裂肛)の治療はどうでしょうか?

田島先生田島先生

切れ痔の場合にも、原因となる下痢や便秘を防ぎ、注入軟膏などの内科的治療で症状改善することがほとんどです。慢性的な切れ痔で肛門が狭くなってしまい、便が出しづらくなっている場合には、「側方内括約筋切開術(LSIS)」や「皮膚弁移動術(SSG法)」などの手術で肛門を拡張することもあります。

編集部編集部

あな痔だとどうですか?

田島先生田島先生

膿が溜まっている場合には、皮膚を切開して排膿処置を行います。あな痔では、膿を排出しても膿の通路「瘻(ろう)管」が残ってしまうため、基本的には手術を行います。手術には、瘻管を切開して解放する「レイオープン法」、瘻管を切除する「コアリングアウト」、瘻管に輪ゴムなどを通す「シートン法」などがあります。

痔の再発リスク

痔の再発リスク

編集部編集部

治療を受けた場合でも再発してしまうことはあるのでしょうか?

田島先生田島先生

場合によっては、外科的治療をしても再発してしまうこともあります。

編集部編集部

痔が再発してしまう原因は何でしょうか?

田島先生田島先生

もともといぼ痔は誰にでもあり、症状があるかないかという違いなのですが、排便習慣が悪い場合にはいぼ痔が出てきてしまったり、痛みを生じたりすることがあるのです。また、切れ痔の場合にも便秘で硬い便をする習慣があると、再発しやすいといえるでしょう。さらに下痢がある場合にも傷が治りにくく、何度も繰り返し発症してしまうということもあります。あな痔はいぼ痔よりも再発率が高いとされています。汗をかきやすいという方などは肛門周囲が不衛生になりやすく、肛門腺に細菌が入ってしまい、再発を繰り返してしまうことがあるでしょう。

編集部編集部

生活習慣を改善しなければ再発のリスクはあるということなのですね。

田島先生田島先生

そうですね。下痢や便秘を放置したり、食生活が乱れていたりすると再発リスクが高くなってしまいます。

再発を予防するために

再発を予防するために

編集部編集部

再発を予防するためにはどんなことが必要ですか?

田島先生田島先生

食事や排便などの生活習慣を整え、継続することが大切です。これは再発予防だけでなく、痔の予防や、痔になってしまった場合の悪化予防の観点でも同じことがいえます。

編集部編集部

では、食生活ではどんなことに気を付ければ良いですか?

田島先生田島先生

特に便秘の方は、朝食をしっかり摂ることや食物繊維を摂取するように心がけましょう。食物繊維は、腸の動きを良くする効果が期待できます。また、朝食後は便が出やすいとされているため、朝食を食べた後にトイレに行く習慣を付けると良いでしょう。下痢気味のときは消化の良いものを摂るようにし、辛いものやアルコールは控えるようにしてください

編集部編集部

排便での注意点はどうでしょうか?

田島先生田島先生

やはり便秘や下痢は、どちらも良くありません。便秘の場合には、外科的治療の後は緩下剤などを処方されることもありますが、先述したようにご自身でも食習慣を整えるほか、適度な運動を心がけましょう。女性の場合、ホルモンバランスの変化などで、便秘になりやすいという方もいらっしゃると思います。下痢が続く場合には、「過敏性腸症候群」など何らかの病気の可能性もあります。放置していると痔だけでなく、さまざまな悪影響が懸念されますので、根本治療が大切です。便秘だけでなく下痢が続いている場合にも、医療機関を受診し、検査を受けた方が良いかもしれません。

編集部編集部

排便では、ほかにも気を付けるところが多そうですね。

田島先生田島先生

毎日の排便の際、無理にいきむと肛門部がうっ血してしまい、これも良くありません。一度に便を全部出し切ろうとせず、長くても3分以内に終わらせるようにしましょう。排便後はウォシュレットを使用し、肛門周囲を清潔に保つことも大切です。しかし、洗いすぎにも要注意です。ウォシュレットを使用する際は弱めの水圧にして、10秒程で終わらせると良いでしょう。水分を拭き取る際もゴシゴシ拭かず、優しく拭くようにしてください。

編集部編集部

ほかに生活上の注意点はありますか?

田島先生田島先生

長時間座りっぱなしでいることが多いという場合には、たまに立ち上がったり歩いたりして、適宜体制を変えるようにしてください。また、冷えを予防し、肛門周囲を清潔に保つためにも毎日入浴するようにしましょう。ほかにも、肛門部のうっ血や便秘を予防するため、適度な運動習慣を身に付けることも大切です。

編集部編集部

ありがとうございました。最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

田島先生田島先生

痔が再発してしまう方は、もともと便秘や下痢に悩んでいる人が多く見受けられます。便秘や下痢がある方は、痔の治療をした後にも、継続して生活習慣を整え、薬の内服や排便習慣を整えることが大切です。また、便秘や下痢には精神的なストレスなどが影響していることもあります。ストレスの原因を除去し、病状や生活習慣に対して神経質になりすぎないことも大切です。

編集部まとめ

便秘や下痢がある場合には、痔の再発リスクが高いといえるでしょう。特に女性はホルモンバランスの変化などで便秘になりやすいとされていますが、下痢の場合には何らかの病気が隠れている場合もあります。食習慣や排便習慣を見直すとともに、便秘や下痢に関しても医療機関で相談してみましょう。

医院情報

田島外科

田島外科
所在地 〒243-0212 神奈川県厚木市及川1-12-15
アクセス 小田急線「本厚木駅」よりバス20分
診療科目 外科・胃腸内科・肛門外科・整形外科・乳腺外科・内科