メリット多数。患者さんにぜひ伝えたいマウスピース型矯正「インビザライン」の真実【福岡県糟屋郡新宮町 医療法人大和会新宮さくら歯科】

公開日:2021/01/24


近年普及してきた「インビザライン」に代表されるマウスピース型矯正。患者さん自身がマウスピースを着け替えていくことで矯正ができ、何より透明で目立ちにくいマウスピース型矯正はメリットが多い一方で、「本当に歯並びがきれいに整うのか」「費用が高いのでは」等の不安を感じている方も多いようだ。では、本当のところはどうなのだろう。インビザラインの経験豊富な歯科医師をパートナーとして招くなど、矯正治療に力を入れている新宮さくら歯科の五島院長にお話を伺った。

Doctor’s Profile
五島 泰信
医療法人大和会 新宮さくら歯科 院長

九州歯科大学卒業後、1997~2001年、HPI研究所勤務を経て、2003年、新宮さくら歯科開院。歯科治療を通じて全身の健康に貢献することを目指し、矯正も、単に歯列を整えるのではなく、お口全体の機能の向上や、全身の健康を考慮した上でマウスピース型矯正(インビザライン)を推奨。ismp国際歯周内科学会、顎咬合学会 床矯正研究会、I.A.A国際審美学会所属。

目次 -INDEX-

自己管理できるならおすすめしたいマウスピース型矯正

矯正には興味があるけれど、口元が気になって自然に笑えない、表情がぎこちなくなる、歯の手入れがしにくいといったイメージから治療を躊躇してしまう方が多いようです。

皆さんがそのように思うのは、長い間主流だったワイヤー矯正のイメージが強いからでしょうね。ワイヤー矯正の矯正装置はほとんどが金属製のため、どうしても口元で目立ってしまいます。また、装置が固定されていて外せないので、ブラッシングがしにくく虫歯になりやすい、金属の矯正装置で口の中を傷つけやすいなどのデメリットもありました。
それらのデメリットをカバーできる矯正装置が、当院が推奨しているマウスピース型矯正です。

自己管理できるならおすすめしたいマウスピース型矯正

マウスピース型矯正とはどのような矯正方法なのでしょうか?

マウスピース型矯正は、プラスチック製のマウスピースをオーダーメイドで数十枚作製し、それを定期的に着け替えていくことで歯を動かしていく矯正法です。マウスピースは透明で薄く目立たないため、他人からは矯正中だと気づかれにくいのが最大の特徴です。
また、交換後のマウスピースは破棄できるので衛生的な上、ご自身で取り外しができるので、矯正中でもブラッシングがしっかりできます。さらに柔らかい素材のマウスピースのため、金属製の装置で口内を傷つけることもありません。痛みもワイヤー矯正に比べて少なく、金属アレルギーの心配もなく、体にやさしい矯正法といえます。

マウスピースの交換は患者さんが自分で行うのですか?

はい。マウスピースはまとめてお渡ししますので、交換のたびに来院いただく必要はありません。ワイヤー矯正のように医師が毎回調節する必要がないため、通院回数が少なくて済みます。
計画どおりに歯が動いているかをチェックするために基本2カ月に1回程度の通院はお願いしていますが、たとえば今回のコロナのように通院が難しい状況になったときや、遠方から通われていて通院が負担となる方の場合は、極端な話、症例によっては、スマートフォンで撮影した画像・動画等を送っていただければ医師は経過を観察し、今後のスケジュール調整を行うことができます。まさに、これからの時代に合った矯正です。

自由に取り外せるのは魅力です。でも、それで本当に歯並びはきれいになるのですか?

当院が採用しているマウスピース型矯正「インビザライン」は、世界シェアNo.1の矯正システムです。最終的な仕上がりまでの治療計画は、長年蓄積された膨大な症例データに基づいたコンピュータシミュレーションをベースに決められます。基本的に指示されたとおりにマウスピースを交換していけば、歯は計画どおりにきちんと動きます。
ただし、装着時間をしっかり守ることが必要です。食事以外の時間、1日22時間以上の装着を推奨しています。
そのため、たとえば、酔って帰ってきて外したまま寝てしまう、決められた日程にきちんと交換しないなど自己管理ができない方には、マウスピース型矯正はおすすめできません。

では、マウスピース型矯正は、どんな方におすすめの矯正方法なのでしょうか?

透明で目立たないので、人に気づかれずに矯正したい方、接客業や人前に立つ仕事に就いている方はもちろん、自己管理ができる方であれば、すべての方にマウスピース型矯正をおすすめします。それだけメリットの多い治療法です。
よくマウスピース型矯正のデメリットとして、「症例によっては対応できない」点がWeb上でも見受けられますが、それは古い情報です。「インビザライン」は年々進化を遂げており、現在はワイヤー矯正で対応できる症例であれば、「インビザライン」でも対応できる範囲が増えてきました。

自己管理できるならおすすめしたいマウスピース型矯正

マウスピース型矯正のデメリットとして、費用が高いということもよくいわれますね。

比較的新しく、メリットが多い画期的な治療法なので、費用が高額というイメージがどうしてもあるようです。ちなみに当院の治療費は、インビザラインは全額で80万円、ワイヤー矯正は目立たない白いタイプで65万円です。また、治療費は分割払いが可能です(月7,800円)。
矯正は平均1年半程度と期間が長くかかる治療ですから、単に費用だけでなく、治療中の快適さやライフスタイルを加味してどちらを選ぶかをご検討いただければと思います。また、矯正は基本的に自由診療で金額は歯科医院によって違いますから、治療費もあらかじめ調べた上で検討することをおすすめします。

「インビザライン」がおすすめの理由とは?

「インビザライン」がおすすめの理由とは?

先ほど「インビザライン」についてお話しいただきましたが、同じマウスピース型矯正でもいくつか種類があるのでしょうか?

はい。取り外し可能なマウスピースを用いることや、歯を動かす基本的な理論は同じですが、いくつか種類があります。
それらの中で「インビザライン」は、世界100カ国で多くの治療実績を重ねています。症例数が多いということは、それだけ膨大なデータが蓄積されているということであり、さまざまな症例に対応可能ということを意味します。また、「インビザライン」独自の医師の認定制度や治療技術に対しても的確なガイドラインが整備されているため、患者さんに安心しておすすめできるシステムです。

「インビザライン」の矯正は何歳から可能ですか?

乳歯と永久歯が混合する年齢期のお子さんのための「インビザライン・ファースト」も用意されているので、初めての永久歯が生える6歳頃から治療が可能です。
永久歯が生え揃った後は大人の「インビザライン」と同じ装置を用います。矯正装置が目立たないため、思春期のお子さんも抵抗なく受け入れやすく、金属を使用しないのでスポーツや部活を安心して楽しめます。また、当然ながら将来のむし歯のリスクも下がります。矯正は、年齢が低いうちに始めるほど医学的にも経済的にもメリットは大きくなります。

「インビザライン」であれば、どこの歯科医院でも同じ治療を受けられますか? 先生のクリニックの特徴があれば教えてください。

ワイヤー型、マウスピース型にかかわらず、矯正装置を作製するためには、歯型の採取が必要です。矯正は経験がなくても、むし歯治療の際の歯の型取りで苦しい思いをした方は多いことでしょう。
当院では、インビザライン治療の際、「iTero element(アイテロ エレメント)」という口腔内スキャナーを用いて歯型を採取しています。お口の中をカメラで撮影するだけで精細な3D画像を得ることができ、しかも上下顎すべてが平均約1分で完了するスピードで、患者さんのストレスを軽減します。嘔吐反射の強い方には特に好評です。

あの苦しい思いをしなくて済むのは、ありがたいですね。

「iTero」は、治療期間の短縮にも貢献します。シリコン印象による歯型はアメリカまで空輸する必要があり、マウスピースの完成までに約1カ月半の期間を要しますが、「iTero」で得たスキャニングデータはメールで瞬時に送信できるため、初診から最短10日程度で治療をスタートすることができます。
また、「iTero」によるデータがあれば、矯正後の仕上がりや、そこに至る歯の動きの過程を3D画像で患者さんと一緒に随時確認できるんです。ですから、患者さんは安心して治療に臨むことができ、また治療へのモチベーションも保たれると思います。

「インビザライン」がおすすめの理由とは?

歯並びが悪いと全身の健康にもさまざまな悪影響が

歯並びが悪いと全身の健康にもさまざまな悪影響が

先生は歯科治療において「全身の健康」を大切に考えていらっしゃるそうですね。矯正においても、同様の観点で治療を行っているのでしょうか?

そうですね。矯正というと、単に見た目の美しさだけを手に入れられるものと思われがちですが、実は歯並びやかみ合わせの悪さは、全身にも多くの悪影響を与えています。
肩こりや偏頭痛、顎が鳴る、顎が開けにくい、発音がしにくいなどは、歯並びを正すことで治ることがあります。当院で治療した患者さんの中には、大きないびきが改善した方もいらっしゃいます。
歯並びが悪いためにお口の中が不衛生になると、むし歯や歯周病のリスクが高まります。歯周病が動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病など重篤な全身病と深い関連があることは近年明らかになっています。
そういった意味でも、当院では矯正中の長い期間、口内の衛生を保ちやすいマウスピース型矯正をおすすめしています。

歯並びが悪いと全身の健康にもさまざまな悪影響が

悪い歯並びは健康だけでなく、美容の面でも影響を及ぼすのでしょうか?

はい。歯並びが悪く、変な噛みぐせや食いしばりのくせがつくと、顎や顔のバランスが悪くなります。
たとえば、ほうれい線の深さやエラの張りが左右で違ってきたり、口を閉じると顎先に梅干しジワができたりもします。二重顎の原因になっていることもあります。
笑うと歯茎が見えるガミースマイルも、上顎が出ていることが原因であれば、矯正で前歯を手前に下げることで改善が見込めます。出っ歯や受け口などを矯正で治すと横顔はかなり変わるので、まるで整形をしたかのように印象が変わる場合もあります。
ですから、心理的な効果も大きいですね。矯正してコンプレックスを解消したことで、笑顔が自然になり、性格まで明るくなったという患者さんはたくさんいらっしゃいますよ。

矯正はまさに人生が変わるかもしれない治療なのですね。これからインビザラインで矯正を受けようと考えている方にメッセージをお願いいたします。

長い目で見た場合、歯並びが悪いと、どうしても将来的に歯を失う可能性が高くなります。そのリスクを避けられるとしたら、矯正で手に入れられる美しく機能的な歯並びは、一生の価値があります。
お子さんや若い方はもちろんのこと、大人の方でも、迷っておられるのなら、少しでも早く治療をスタートすることをおすすめします。最近は、カウンセリング無料のクリニックも多いですから、実際に歯科医と話して疑問点や不安を解消し、納得した上で、治療を受けることが大切です。
また、矯正治療は症例数も信頼の一つの目安となります。矯正担当の医師をお招きし、矯正治療をご提供しています。ぜひご相談にお越しください。

編集部まとめ

五島先生のお話を伺い、従来の矯正のイメージを覆すマウスピース型矯正「インビザライン」の進化に驚きました。矯正は時間も費用もかかる歯科治療だけに、「知らなかった」と後悔することだけは避けたいもの。単に費用だけで選ぶことなく、治療方法やクリニックを決める前に、できる限り最新の情報を自分で調べた上で、実際にドクターに会ってお話しすることが何より大切だと痛感しました。

医療法人大和会新宮さくら歯科

医院名

医療法人大和会新宮さくら歯科

診療内容

矯正歯科 一般歯科 インプラント 小児歯科 ホワイトニング 訪問治療

所在地

福岡県糟屋郡新宮町下府1-2-1

アクセス

JR鹿児島本線「新宮中央」駅より徒歩9分
西日本鉄道貝塚線「西鉄新宮」駅より徒歩10分
西鉄バス「下府」停留所より徒歩1分