高度な技術や知識を生かして「専門チーム」であたるインプラント治療【神奈川県横浜市 医療法人社団博誠会スイート歯科クリニック】

公開日:2021/03/21

医療法人社団博誠会スイート歯科クリニック
医療法人社団博誠会スイート歯科クリニック

JR東戸塚駅から徒歩約7分。マンション群の中に位置するスイート歯科クリニックには、開業以来通い続けている三世代家族をはじめ、入れ替わり立ち替わりの転勤族など、日々さまざまな人大勢訪れる。治療システムとして特徴的なのは、常勤の歯科医のほか、決まった日に提携している大学病院から各分野の専門医が来て診察にあたること。インプラントもその分野の一つ。インプラント専門医に院長や歯科衛生士も加わった「専門チーム」で診療を行っている。初診から術後のトラブルや費用などについて、院長の佐藤英人先生に伺った。

Doctor’s Profile
佐藤 英人(さとう ひでと)
医療法人社団博誠会スイート歯科クリニック 院長

2009年神奈川歯科大学卒業後、日本歯科大学東京校にて研修。歯科医院の勤務医を経て、2011年スイート歯科クリニックに勤務。2015年スイート歯科クリニック院長に就任。

目次 -INDEX-

より高度な知識と技術を持つ専門医が診療

インプラントは失った歯の治療の選択肢として広まっていますが、安全性や予後などについて現状はいかがでしょうか?

歯を失う原因は、歯周病や過去の治療の不具合によるものがほとんどです。年齢は50代以降の人に多く、当院でもそういう患者さんの約半数がインプラント治療を選んでいます。
昔は、技術や器具の問題のほか、予後についての不安要素もありましたが、いまでは器具などの機能性、安全性はかなり高まっています。自分の歯のように噛む力を得られるメリットが評価されて、代替治療の一般的な選択肢として定着していると思います。

より高度な知識と技術を持つ専門医が診療

逆に、インプラント以外の方法を選択したほうがよいと思われるケースはありますか?

インプラントは、自分の歯と同じように噛めるというメリットの点では確かにすぐれた治療法です。しかし、患者さんにしてみれば、外科手術を行うことや自費治療の費用、比較的長期になる治療期間などの点でハードルが高いのも事実です。ですから、患者さんのお口の状況や治療に対する考え方に応じて、入れ歯やブリッジをおすすめすることもあれば、失いそうな歯の温存が可能なら、審美治療で対応することも視野に入れて診察します。
インプラントは一度手術をしたのなら一生使えないと意味がないので、土台となる骨について骨質、骨密度、骨幅などの検査をしてから結論を出すようにしています。歯周病が進行していたり、歯が抜けた箇所を放置したままだったりすると、骨が痩せてしまい、インプラントが難しい場合があるからです。そのほかにも、骨粗しょう症や糖尿病の患者さんは要注意です。

より高度な知識と技術を持つ専門医が診療

具体的にはどんな流れでそのような判断をするのですか?

インプラント治療でも一般的な治療と同じで、患者さんが来院されたら、窓口となる医師がまずお口全体を診て、レントゲンを撮ってチェックします。
その状態を基本に、どこまで、どんな治療をするかを相談していきます。その際、失った歯の代替治療の選択肢としてインプラント治療案が浮上したら、そこから先は、当院のインプラント専門医などが担当するチーム体制で先へ進みます。

専門医が担当し、治療してくれるのですね。

はい。当院では、一般歯科を診る常勤の歯科医のほかに、より専門性の高い技術や知識が必要となる分野(インプラント矯正歯科、口腔外科、根管治療など)については、それぞれ非常勤ですが提携している大学病院在籍の経験豊富な専門医が治療にあたるという方法を採用しているのが特徴です。これは大学病院のようなシステムで、歯科医1~2人で全分野をカバーしている歯科医院とは異なり、より高度な治療が可能という点がメリットです。実際、インプラントの手術はもちろん、その説明の段階から専門医が担当すると、患者さんもずいぶん安心するようです。

説明責任と信頼関係で患者さんの不安を払拭

説明責任と信頼関係で患者さんの不安を払拭

インプラント治療について、貴院が実践しているのはどんなことでしょうか?

治療チームでの統括診療でしょうか。私は目配りができるよう、各患者さんにほぼ100%関わりますが、特にインプラント治療の場合は専門医に加え、審美治療を専門とする私がインプラントの上物の選択や噛み合わせ調整などの点で治療に必ず携わります。
インプラント専門医は、インプラントを埋める外科手術には習熟していますが、上物については私のほうが詳しいので、そこはまかせてもらいます。
さらに、インプラントは術後のメンテナンスが重要なので、専任の歯科衛生士もチームに加わります。事前の検査から手術を経て、メンテナンスまでこうしたチーム体制でずっと患者さんに寄り添っていきます。

インプラント治療を行うにあたって、重視しているのはどんなことでしょうか?

術前では、患者さんの不安を払拭するまでの説明責任ですね。
インプラントをやってみて初めて、よくも悪くもどういうものかがわかった」と術後に語る患者さんが案外多いように、日本ではまだまだ実感を伴ってインプラント治療を事前に理解できている人は少ないと思います。ですから、通りいっぺんの説明を一方的に行うのではなく、患者さんが正しく理解しているか、治療についてどう感じているかなどもきめ細かく確認しながら先へ進みます。

実際、患者さんはインプラントにするかどうか決めかねることが多いのではないでしょうか?

確かに、難しい決断なのはわかります。そこで、技術的な説明を理解したかどうかも重要ですが、インプラントは手術が怖いと思っているとか、費用が高いとか、将来の危険性とか、各患者さんにとってネックになりそうな点は、その対策も含めて時間をかけて私や専門医が丁寧にお話しします。大切なのは納得していただくことなんです。そうした過程を経ることで、お互いに答えが見えてくるのではないでしょうか。
初診からそうやって、患者さんに接している間に信頼関係を築き、治療への不安などを払拭してもらえればうれしいですね。そして、疑問点や納得できない点があれば、遠慮なく何でも私たちにぶつけてほしいと思います。

治療後のトラブルが心配。トラブル、どう対処する?

治療後のトラブルが心配。トラブル、どう対処する?

インプラント治療後に生じるトラブルなどありますか?

私がインプラント用におすすめする上物も、素材や技術は審美歯科のものと同じです。信頼性は高いのですが、まれに術後に上物が割れることがあります。その場合は、上物だけ差し替える修復が可能です。
あとは、やはり術後のお手入れの問題ですね。せっかく手術がうまくいっても、その後に患者さん自身による日常的なケアを怠ると、インプラント歯周炎になって最悪インプラントが抜けるようなことにもなりかねません。

やはりケアが大事なんですね。インプラント治療後のメンテナンスはどのように行っていますか?

当院では、通常のメンテナンス(保険診療)を1カ月に1回行いますが、そのインターバルの中で3~4カ月に1回は特殊な器具を使用したインプラント専用のメンテナンス(自費診療)を行うことで、徹底したケアを実践しています。
もちろん、その間にどれだけちゃんと日頃のお手入れをしているかどうかは、私たちプロが患者さんのお口を診ればすぐにわかります。こうした予防を確実に続けていくことも、インプラント治療に踏み切る際の前提条件となります。

もしトラブルが生じたら、貴院ではどう対処するのでしょうか?

当院の患者さんでも、他院からの患者さんでも、万が一、施術後にインプラントや上物などお口に何らかのトラブルが生じたら、状態に応じてきちんと対応するのは当然です。
たとえばインプラントが脱落した場合、次は入れ歯で対処することもけっこうあります。ただ、当院で対処が困難だったり、再手術が必要だったりする場合には、大学病院に託すことも少なくありません。当院なら普段からの連携がありますから、スムーズにつなぐことが可能です。

世界一のメーカーの器具、良心的な価格で安心を提供

インプラントはどこのメーカーを使用していますか。また、それを選択している理由は何でしょうか?

現在、ノーベルバイオケア社(本社:スイス)の製品を採用しています。この会社は世界で初めて歯科インプラントの製品開発、製造を行った歴史あるメーカーで、現在でもシェアは世界No.1です。
このメーカーの製品は高品質で実績やバリエーションにすぐれ、信頼できるからです。どこにどんな角度でインプラントを埋め込むか、そのガイドとなるサージカルテンプレートも同社のものを利用しています。

そのメーカーは、すべての歯を失っている人用のインプラントもつくっていますね。

そうです。All-on-4」といって、4本のインプラントで上顎または下顎の全部の人工歯を支えるもので、いわゆる総入れ歯インプラント版です。これだと、自分の歯のようにしっかり噛める上に、着脱の煩わしさからも解放されます。
ただし、総入れ歯になるまでの時間や状態によっては、骨が薄くなっていて、インプラントに耐えられないケースもあります。

通常よりも低料金で可能なインプラント

インプラントの金額についてですが、目安をお話しいただけますか。

なるべく患者さんの負担を軽減するように努めていて、当院では、1本約44万円[インプラント一次(埋入)手術27.5万円、二次(連結)手術5.5万円、上物が約11万円/税込]としています。そのほか、骨を増幅する補助手術を行うと11万円~プラスされます。
詳しくはホームページに掲載してありますが、毎日使う一生ものとしては、これでも良心的な価格で提供しています。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

インプラントはある意味、究極の代替治療です。成功すれば、一生自分の歯のように噛んで食事を楽しむことができます。
ただし、トラブルの可能性はゼロではないし、費用も決して安くはありません。そんな治療を安心して受けていただけるよう、まず患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。院長としては、インプラントも大切ですが、そもそも「自分の歯でずっといられるように努めましょう」というモットーを皆さんに共有してほしいと願っています。すべての歯科治療の基本は、実は毎日のケアなのです。

編集部まとめ

審美治療専門医の院長が統括し、インプラント専門医や歯科衛生士が加わる「プロチーム」で初診からケアまであたるシステムは、グループを形成しているこの歯科医院ならではのもの。各プロが得意分野を生かしたインプラント治療が成功の鍵だとわかりました。
それでもトラブルは起こりうるし、歯を失う人も少なくないとのこと。お口の健康について最も大切なのは、「毎日のケアを怠らず、治療いらずの歯を保つことだ」という院長の最後の言葉が印象的でした。

医療法人社団博誠会スイート歯科クリニック

医院名

医療法人社団博誠会スイート歯科クリニック

診療内容

インプラント 審美治療 一般歯科 小児歯科 矯正歯科 予防治療 入れ歯治療

所在地

神奈川県横浜市保土ヶ谷区境木本町68-1

アクセス

JR各線「東戸塚」駅より車で5分