治療実績豊富な歯科医師が語る、見えにくい矯正「裏側矯正」が選ばれる理由【東京都世田谷区 スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川】

公開日:2020/04/02

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川
スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

「裏側矯正」はこれまでのように歯の表側ではなく、歯の裏側に矯正装置を装着して歯並びを整えていく矯正方法だ。人から気づかれにくいという大きなメリットがある一方、仕上がりや治療期間、費用など従来の表側矯正との違いが気になるという方も多いことだろう。今回は、裏側矯正に数多くの治療実績を持ち、表側矯正と同等のクオリティーで裏側矯正治療を提供している「スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川」院長の櫻井雄太先生にお話しを伺った

Doctor’s Profile
櫻井 雄太
スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川 院長

東京歯科大学歯科臨床研修修了後、東京歯科大学歯科矯正学講座へ入局。複数の歯科医院での臨床経験を経て、2013年にスマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川を開院。
特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会など多数の学会に所属。日本矯正歯科学会認定医。

人気の「裏側矯正」とは?どのような治療方法なのか?

現在はさまざまな矯正方法があるようですが、まず、矯正治療の種類について教えてください。

歯の矯正といってまず皆さんがイメージするのは、口元で金属の矯正装置が目立つ「表側矯正」のことだと思います。歯の表面1本1本にブラケットを固定し、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていくので、「ブラケット矯正」「ワイヤー矯正」ともいわれます。
「表側矯正」は長い歴史があり、多くの人の歯並びを治してきた確実な治療法ですが、矯正装置が人から見えるため、矯正していることがすぐにわかってしまうというのがデメリットでした。

人気の「裏側矯正」とは?どのような治療方法なのか?

近年ではワイヤーを用いないマウスピース型矯正も登場していますね。

はい。マウスピース型矯正は、オーダーメイドで作製したマウスピースを定期的に取り替えていくことで歯並びを治していく治療法です。
マウスピースは透明で薄いため、人から気づかれにくく、食事や歯磨きのときには外すことができます。また、歯がどのように動いて、最終的にどのような歯並びになるのか、治療計画を事前にコンピュータ上でシミュレーションするため、患者さんも3D映像で確認でき、安心して治療に臨むことができます。
メリットが多いマウスピース型矯正ですが、取り外しができる便利さがある一方、装着時間をしっかり守るなど、患者さんご自身による管理が治療を成功させるためには必須となります。

「見えにくい矯正」といえば、先生が豊富な実績をお持ちの「裏側矯正」も人気ですね。裏側矯正とはどのような治療法なのでしょうか?

従来の表側矯正は、歯の表側、人から見える場所に矯正装置を固定しますが、裏側矯正は、矯正装置を歯の裏側に固定する矯正方法で、「リンガルブラケット」ともいわれています。舌に触れる側に矯正装置を着けるため、「舌側(ぜっそく)矯正」とも呼ばれます。
非常に高度な技術が必要とされる治療ですが、裏側矯正に数多くの実績を持つ歯科医院であれば、基本的に表側矯正と変わらない仕上がりが可能であり、治療期間も大きな差はありません。当院で矯正治療を希望される成人の患者さんの90%が裏側矯正を選ばれています。

人気の「裏側矯正」とは?どのような治療方法なのか?

たとえば、裏側矯正と表側矯正を組み合わせることはできるのでしょうか?

はい、可能です。生活する上で露出の多い上顎の歯だけを裏側矯正とし、矯正装置が人から見えにくい下顎は表側矯正にする2つの矯正治療を組み合わせた「ハールリンガルブラケット」という治療法があり、当院でも提供しています。この治療法であれば、普通に笑ったくらいでは、下顎の装置はほとんど見えません。
患者さんがどの矯正方法を選ばれても、当院で治療される限り、治療期間や治療の流れなどが大きく変わることはありません。当院では、患者さんの悩みやご希望に合わせて各治療のメリット・デメリットを説明し、適切な治療法をご提案しています。

裏側矯正のメリットとは? どんな人に選ばれている?

裏側矯正のメリットとは? どんな人に選ばれている?

裏側矯正にはどんなメリットがありますか?

もっとも大きなメリットは、「矯正装置が人から見えない」ということです。
矯正装置を着けるのは歯の裏側、内側となるため、大きな口を開けてしゃべったり笑ったりしない限り、見かけ上は矯正治療をしていることがわかりません。人から気づかれずに矯正治療をしたいという方はとても多いので、現在、希望する方が増えている治療法です。
裏側矯正に実績を持つ歯科医院であれば、治療費以外、表側矯正との違いはほとんどありませんので、もっと多くの人に裏側矯正のメリットを知ってほしいですね。

裏側矯正はどんな方に選ばれているのでしょうか?

たとえば、「歯並びのコンプレックスを解消したいけれど目立つ矯正装置は着けたくない」「接客業など仕事の都合上、人から見える矯正装置を着けられない」「結婚式や成人式、卒業式などを控え、矯正装置を着けた状態で写真に写りたくない」など、矯正中の見た目を気にする方に選ばれています。
裏側矯正に年齢制限はないので、お子さんから高齢の方まで治療可能です。外科的治療が必要な症例を除く、ほとんどの症例に対応することができます。

矯正中はお口のケアが難しく、むし歯になりやすいという話も聞きますが、裏側矯正はその点、いかがでしょうか?

歯の内側に矯正装置があると、ブラッシングがしにくくなるイメージがあるかもしれませんが、表側矯正より裏側矯正の方がむし歯になりにくいのが事実です。
歯の裏側は、表側よりエナメル質が3倍も厚く、常に唾液が循環しているため、むし歯の原因となる菌が、唾液の静菌作用や殺菌作用によって増殖しにくくなるためです。
表側裏側にかかわらず、矯正装置を着けた当初は歯の磨きにくさを感じる方が多いのですが、磨き残しのないように毎日丁寧にブラッシングを行い、むし歯にならないようにすることが必要です。

舌に触れる場所に矯正装置があると、違和感やしゃべりにくさを感じないのでしょうか。

歯に装置を着けるわけですから、もちろん慣れるまでは違和感があります。それは表側矯正でも同じです。
当院が裏側矯正で用いる装置は、舌の感触を考慮して丸みをおびた特殊な加工がしてあります。また、従来の裏側矯正装置よりさらに小型化され、違和感は大幅に改善されているので、裏側矯正を希望する場合は、矯正装置についても医師に尋ねてみるといいでしょう。
会話については、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉は、最初は少ししゃべりにくさを感じることがあります。しかし、これも装置を装着して1~2カ月ぐらいで慣れてきて、普段どおりの発音で会話ができるようになる方がほとんどです。

裏側矯正のメリットとは? どんな人に選ばれている?

治療の流れや期間、費用、治療後のメンテナンス

治療の流れや期間、費用、治療後のメンテナンス

それでは裏側矯正の治療の流れについて教えてください。

矯正治療に対するご要望や不安点を伺うカウンセリングの後、精密検査を経て、歯のクリーニングを行います。その後、矯正装置を着けて、治療がスタートします。定期的に来院していただいて調整を続け、歯並びが整った後は保定装置で後戻りを防いでいきます。このように、裏側矯正の流れは、従来の表側矯正と大きな変わりはありません。
ただし、歯の裏側は構造的に、ブラケットを目視で適切な位置へ取り付けることが非常に難しいため、患者さん一人ひとりにオーダーメイドの矯正装置を作製します。患者さんの歯型を採取して、精密な技工でしっかりフィットする矯正装置をつくるということ、これが裏側矯正にしかない工程であり、医師に経験が必要とされる理由です。

裏側矯正は、従来の矯正治療と比べて、治療期間に違いはありますか?

矯正装置を作製することと、装着しにくい歯の裏側に矯正装置を着けるため、裏側矯正は治療期間が長くかかるというイメージをお持ちの方も多いようです。
確かに以前は矯正治療がスタートするまでの期間が少々長くなる傾向にありましたが、技工過程のデジタル化や医師の技術向上などから、現在は基本的に表側矯正と裏側矯正の治療期間に変わりはないと考えていただいてよいと思います。
当院では平均1~2年程度、症例によっては2~3年かかることもありますが、表側矯正と同程度の期間で裏側矯正の治療を終了させています。
裏側矯正は奥歯を支点として歯を内側に引き込んでいくことを得意としますので、むしろ前歯は比較的早く揃っていきます。

表側矯正と裏側矯正で費用が異なるのはなぜでしょうか。

裏側矯正は、オーダーメイドの特別な装置をつくる工程があり、歯の裏側は見づらく、定期的な調整にも手間と時間がかかります。歯科医師には高度な技術が必要とされるため、表面矯正に比べるとどうしても治療費は高くなります。
ただし、人目が気になるなど、治療中のストレスが軽減され、むし歯のリスクも低くなることを考えると、患者さんにとっては費用以上のメリットがある治療ではないかと考えています。
また、表側矯正と裏側矯正を組み合わせたハールリンガルブラケットであれば、人から気づかれにくいというメリットはそのままで、費用を抑えて治療することができます。

治療の流れや期間、費用、治療後のメンテナンス

治療後のメンテナンスについてはいかがでしょうか?

矯正治療によって動かした歯は、元の位置に戻ろうとします。これを「後戻り」といいます。
後戻りを防ぎ、歯と顎の骨とを安定させるため、矯正治療の後には必ず「保定」という期間を設けます。リテーナーと呼ばれる保定装置を装着しますが、これは透明で目立たず、痛みや違和感もありません。
矯正治療が終わっても、保定期間中は3~6カ月を目安に定期的に来院していただき、セルフケアでは難しいクリーニングなどのメンテナンスをしながら経過を観察します。
美しく整った理想の歯並びと噛み合わせの安定性を確認して、初めて矯正治療が終了となります。

編集部まとめ

先生のお話を伺い、「歯並びはきれいにしたいけど、装置が目立つのがイヤ」という理由で治療をあきらめている方にぜひ裏側矯正をおすすめしたいなと思いました。ただ、そのためには、裏側矯正に実績のある歯科医院を選ぶことが重要です。あらかじめクリニックのホームページなどで裏側矯正についての情報をしっかり確認して実際に足を運び、カウンセリングを丁寧に行ってくれる医院を選びましょう。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

医院名

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

診療内容

矯正歯科

所在地

東京都世田谷区玉川3-10-11
TK第1ビル3F

アクセス

東急大井町線・田園都市線「二子玉川」駅西口より徒歩2分