1. Medical DOCTOP
  2. 歯科TOP
  3. コラム(歯科)
  4. インプラントと矯正の併用で噛み合わせ改善。治療期間の目安はトータル3年以上か

インプラントと矯正の併用で噛み合わせ改善。治療期間の目安はトータル3年以上か

公開日:2022/04/13

不正咬合が重度の場合や失った歯の本数が多い場合には、矯正治療だけでは噛み合わせの改善が困難なケースがあります。そのようなとき、事前に足りない歯を補う目的でインプラント治療を行ってから矯正治療をするなど、インプラントと矯正を併用した治療をすることで噛み合わせを改善できる可能性もあるのです。しかし、治療を併用することで治療期間が長くなってしまうことが想定されます。インプラントと矯正の併用治療を検討する場合の期間や費用感について、医療法人大杉歯科医院の大杉和輝先生にお話を聞きました。

大杉和輝医師

監修歯科医師
大杉 和輝(医療法人大杉歯科医院 院長)

プロフィールをもっと見る

2015年愛知学院大学歯学部卒業。卒業後は医療法人社団石川歯科に勤務し、重度の歯周病治療やインプラント、審美歯科治療などを行う。2021年12月より大杉歯科医院院長に就任。「5D-Japan」所属。インプラント治療や歯周病治療、矯正治療において経験を積む医療スタッフと連携しながらチームでの医療を提供。世界レベルの技術獲得を目指し、日々歯科医療の技術研鑽に励む。

インプラントと矯正の併用治療とは

インプラントと矯正の併用治療とは

編集部編集部

インプラントと矯正の併用治療とはどんな治療ですか?

大杉和輝医師大杉先生

噛み合わせの治療として行うことがあります。一般的に、噛み合わせの治療には矯正治療を選択することが多いのですが、不正咬合が重度の場合や失った歯の本数が多い場合など、矯正治療だけでは噛み合わせの改善が難しいケースもあります。そのような場合には、傾いている歯の矯正をしてからインプラント治療を行ったり、反対にインプラント治療をして足りない歯を補ってから矯正治療をしたりして、全体の噛み合わせを整えるケースがあるのです。

編集部編集部

具体的には、どのような患者さんですか?

大杉和輝医師大杉先生

歯が揃っていなかったり、上下の顎の位置がずれたりしている不正咬合の方が適応になる場合があります。不正咬合には、俗に出っ歯と呼ばれる上顎前突や、受け口と呼ばれる下顎前突、八重歯や乱くい歯などの叢生(そうせい/重なって生えていること)、顎の変形がみられる顎変形症などの種類があります。そのような場合にインプラントと矯正を合わせて行うことで治療できるケースがあります。

編集部編集部

インプラント治療と矯正治療を併用することでどんなメリットがあるのですか?

大杉和輝医師大杉先生

矯正治療では噛み合わせを改善することが難しかった場合でも、良くすることができる可能性があるほか、費用が高額なインプラントの本数を減らしたり、インプラントを長持ちさせたりすることも期待できます。

編集部編集部

デメリットや副作用もあるのでしょうか?

大杉和輝医師大杉先生

そうですね。インプラント治療は顎の骨に穴を開けたり、歯ぐきを切開したりするので、術後に痛みや腫れが出てきます。また、矯正治療でも歯が動く際に痛みが生じることもあります。そのほかインプラントや矯正の治療中は、口内環境が悪化しやすくむし歯や歯周病のリスクも高まりますので、定期的な検診とクリーニング、自宅での丁寧なケアも重要になります。

治療にかかる期間はどのくらい?

治療にかかる期間はどのくらい?

編集部編集部

インプラントと矯正の併用治療は、どのくらいの期間かかるのでしょうか?

大杉和輝医師大杉先生

患者さんの状態によっても大きく異なるため、一概にはいえません。インプラントや矯正を行う前に抜歯や歯周病治療などが必要なケースもあるためです。しかし、矯正治療単体だと大体2年程かかります。そこにインプラント治療を併用する場合には、3年から3年半くらいかかると考えれば良いでしょう。

編集部編集部

予定よりも治療が長引いてしまうこともあるのでしょうか?

大杉和輝医師大杉先生

そうですね。歯周病治療も並行して行う必要がある場合や、歯の動くスピードが遅い場合など、さまざまなケースで治療が長引いてしまう可能性はあります。

編集部編集部

3年から3年半となるとかなり長い治療期間ですが、その間に結婚式や記念撮影などのイベントがあると支障が出ることもありそうですね。

大杉和輝医師大杉先生

そのような場合には、事前に歯科医に伝えておくと良いでしょう。場合によっては、治療内容の時期をずらすなどの対応をしたり、抜歯する日を変更したり、矯正器具を一時的に外したりするなど、状況に応じてできることはあります。

治療にかかる費用は?

治療にかかる費用は?

編集部編集部

インプラントと矯正の併用治療では、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

大杉和輝医師大杉先生

費用についても一概にはいえません。例えば、矯正治療の場合には使用するブラケットの種類によっても金額が異なりますし、インプラントの場合には、本数によっても金額が大きく異なります。

編集部編集部

費用が安く済む場合とはどんな場合でしょうか?

大杉和輝医師大杉先生

例えば、矯正治療の場合には目立たない素材のセラミックブラケットよりも金属製のメタルブラケットの方が費用は抑えられます。また、インプラント治療の場合には、本数が少ないほど金額も低くなります。

編集部編集部

予算に応じた治療をしてもらうことも可能なのでしょうか?

大杉和輝医師大杉先生

状況によって可能な場合もあります。矯正器具の材質は患者さんの好みや予算で変更できることが多いでしょう。しかし、インプラントは足りない歯を補う治療なので、噛み合わせを合わせるために歯科医が必要と判断した本数を埋め込まないと治療が困難といったことも考えられます。そのため、治療内容と予算とを考慮して歯科医師と相談してみると良いと思います。

編集部編集部

事前に治療の大体の金額を知りたいといった場合には、どうすれば良いですか?

大杉和輝医師大杉先生

大体のクリニックでは、治療を開始する前に全体的にかかると想定される金額を提示してくれると思います。もしそうでない場合にも、遠慮なく質問してください。

編集部まとめ

インプラント治療や矯正治療はどちらも高額で、治療期間も長くなることが想定されます。しかし、状況と希望に応じた治療を受けることが可能なケースもあります。治療の効果と希望とを踏まえ、信頼できる歯科医院で相談してみましょう。

医院情報

医療法人 大杉歯科医院

医療法人 大杉歯科医院
所在地 〒510-0303 三重県津市河芸町東千里175-2
アクセス 近鉄名古屋線「千里駅」徒歩4分
診療科目 歯科